2015年09月09日

ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2

久しぶりに来室のSさん(30代男性)

転職して県外で働いているそうです。


以前の記事はこちら



4月にぎっくり腰をやってしまい

近くの接骨院へ週2回通い電気治療を受けていますが

腰の状態はあまり良くないそうです。


最近は首の張りも辛くなってきてしまい

「このままじゃいけない」

帰省した折に来室されました。



初回来室時の状態は

いつも腰が張って重だるい、

腰を伸ばす・反らすのが辛い、

首も張っている、

でした。


検査をすると

両仙腸関節は動きがなく、背骨も硬直しています。

首は下向きと右向きで可動制限がありました。




2回目(3週間後)

県外在住のため3週間間が空きました。

この間

「長時間座ったり軽作業が続くと

腰が重くなる程度で済みました」と

比較的安定していたようです。

首はほとんど気にならないそうです。



腰を反らすと(以前よりも反れるようになりましたが)

最後の所で痛みがありました。


最初は今回も座位での操体・アイボジションをやってみます。



今回も右がやりやすいと云うので右の片あぐらから

左足を軽く伸ばしていきます。


左足を伸ばした後は足首の内外旋を確認して

内旋をしてみます。


これで腰の後ろ反らしが更に改善できました。


仰向けのひざ倒しは

「あまり左右差を感じない」と云うので

ブロックを使って循環力を高める操法に入ります。


体幹の循環力を高めた後は

バスタオルの枕を使って首を緩め

更に手首足首を調整していきました。


ここで起き上がってもらって確認です。

「今回は結構調子はいいと思って来たんですけど、

調整してもらった後はかなり身体が軽く感じます。」


ご自身は不調や疲れを意識してないくても(出来なくても)

身体は疲労などが溜まっているものです。


元氣が一番の整体では、

この「未病」の状態を検査などで確認しながら調整し

症状として現れない様に未然に解消されるように

施術を進めています。






  

Posted by 元氣が一番! at 17:15Comments(0)腰の症状

2015年09月01日

産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2

産後の骨盤調整に来室のFさんは産後4ヶ月のママさん。



妊娠中も腰痛があったそうですが

出産後は腰痛と恥骨痛も併発してしまったそうです。


初回来室時は立っていても座っていても寝ていても痛いそうです。




2回目(1週間後)

「だいぶ良くなっている感じです!」


初回には「立っていても座っていても寝ていても痛い」のが

「長時間座っている時、その後の動き始め、寝返り」くらいに収まって

痛みの強さも「以前ほどじゃない」と落ち着いてきました。


上手くセルフエクササイズも出来ているようです。

  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:19Comments(0)腰の症状

2015年08月18日

産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1

産後の骨盤調整に来室のFさんは産後4ヶ月のママさん。



妊娠中も腰痛があったそうですが

出産後は腰痛と恥骨痛も併発してしまったそうです。


今は立っていても座っていても寝ていても痛いそうです。




座位での検査の後

仰向けも結構痛いそうなので

座位のまま痛みを調整していきます。


下肢がむくみ気味なので筋肉をポンピングして

循環を高めた後、足組み法で骨盤の歪みを調整します。


『ちょっと楽になったかもしれない』

痛みが変化したようです。


立っても「さっきよりもイイみたい」



今度は腸骨活点を使って骨盤を締めていきます。


そしてトコちゃんベルトでサポートして

仰向けになってもらいます。


仰向けで足を伸ばすと痛みがありますが

膝を立てていると痛みが楽なようです。



骨盤高位の姿勢でベルトを締め直し

足を伸ばすと

『これなら大丈夫そうです。

やっぱ骨盤が弛んでいたんですねぇ。』


現在の産科医療では出産後すぐに立たせているようなので

そういった所にも問題があるのかもしれません。


これでしばらく仰向けが出来そうなので

ブロックを使って身体の循環を高めていきます。


体幹の循環を高めると先程締め直したベルトが

再びユルユルに

「まだ締まるんですかぁ?

こんなにも骨盤が開いていたんですかぁ?」

ちょっとショックだったようです。



次に関節可動域のチェック。

仙腸関節・股関節も若干の渋さがありましたが

循環を高める操法で解除できました。


問題の恥骨、やはりロックします。

右の片ひざ倒しをすると恥骨周辺に痛みが出ます。


これを恥骨の関節動作法で取っていきます。


恥骨の恥骨のロックを解除すると

右の片膝倒しの痛みも取れました。




次にうつ伏せに。

途中寝返りで腰に痛みが出ましたので

腸骨の関節動作法で改善します。


うつ伏せで筋肉のポンプをして

さらに循環を高めておきます。


これで一度確認すると

寝た姿勢・座った姿勢・立った姿勢・歩行での痛みは

「痛みはほとんどなくなりましたが

まだ少し動くと違和感が残ります。」



痛みは大幅に軽減していましたので

深追いせずに今回の施術はここまでとし

恥骨の関節動作法をおさらいして次回としました。


骨盤ベルトなどで骨盤を締めつつ

身体の歪みを取るエクササイズで

骨盤をケアしてあげると

産後も快適に過ごせると思います。





  

Posted by 元氣が一番! at 18:31Comments(0)腰の症状

2015年08月10日

ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 

久しぶりに来室のSさん(30代男性)

転職して県外で働いているそうです。


以前の記事はこちら



4月にぎっくり腰をやってしまい

近くの接骨院へ週2回通い電気治療を受けていますが

腰の状態はあまり良くないそうです。


最近は首の張りも辛くなってきてしまい

「このままじゃいけない」

帰省した折に来室されました。



来室時の状態は

いつも腰が張って重だるい、

腰を伸ばす・反らすのが辛い、

首も張っている、

でした。


検査をすると

両仙腸関節は動きがなく、背骨も硬直しています。

首は下向きと右向きで可動制限がありました。



今回は帰省しての施術で何度も施術出来ないので

自分で自分を治せるように

セルフエクササイズを多目に入れていきます。



最初に座位で出来る自己療法として

操体のアイ・ポジションと云う操法を行いました。


片あぐらを確認すると右がやりやすい(左はやりにくい)ので

右の片あぐらから左足を気持ち良い程度に伸ばしていきます。


「なんか気持ちがいい」と云うので

2回やってみました。


これで先程の検査を確認してみます。



仙腸関節 → 右に動きが出てきました。

背骨 → 下部腰椎に動きが出てきました。

首 → 右向きは大幅に改善しました。




次はあお向けでひざ倒しをしてみます。

左右とも脇腹~腸骨にかけてに引き攣れが出ます。


ここではバスタオルの枕でセルフで首を調整します。

首を良い状態にセットするとその場で引き攣れが無くなります。


この状態で数分で枕を外してもひざ倒しでの引き攣れは無くなりました。


セルフエクササイズのレクチャーはこの位にして

本式に体幹の循環を高めていきます。


お腹の歪み・緊張と上部頚椎の緊張が目立ちます。



一通り循環を高める操法をした後

もう1度お腹を緩めて歪みを取っておきます。



ここで一度起き上がって再検査です。

仙腸関節・背骨とも可動を取り戻していました。


首は下向きがまだ引っかかる(Sさんは大丈夫と云っていますが)ので

関節動作法で可動域を広げていきます。


最後に姿勢の指導をして終了です。

「あ~ ずい分楽になりました。

やっぱりしっかりと身体を調整しないと駄目ですねぇ。」


頻繁に帰省は出来ないようですが

Sさん自身も、しっかり身体を調整した方が

早く楽になるのを知ってるので

なるべく帰省して通院すると云って帰られました。




  

Posted by 元氣が一番! at 18:08Comments(0)腰の症状

2015年05月02日

腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2

ご主人に付き添われてお越しのEさん(70代女性)。


1年くらい前から「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が出始め

病院では腰椎すべり症と診断されています。


主な症状は

少し歩くと左足が効かなくなるが、

少し休むと治まる。

朝起きる時左足が痛い、

両足モモがコむらがえりのようになる、です。



病院では「悪化すれば手術が必要」と云われていますが

手術はしたくないそうです。

その他に骨粗鬆症と云われているそうです。


お嫁さんから勧められての来室です。


「整体ですべった腰椎は戻りませんが

歪みやコリを改善して症状が緩和するケースもあります」

と説明して施術に入りました。


2回目(1週間後)

今回はお一人で歩いて来室されました。

(前回はご主人に車で送られて)

「まだ左足が効かなくなる感じがある」そうですが

朝起きた時の痛みは取れたそうです。


また歩いて施術に来られたことは

変化を実感してもらっても良いでしょう。  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 13:33Comments(0)腰の症状

2015年04月22日

腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1

ご主人に付き添われてお越しのEさん(70代女性)。


1年くらい前から「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」が出始め

病院では腰椎すべり症と診断されています。


主な症状は

少し歩くと左足が効かなくなるが、

少し休むと治まる。

朝起きる時左足が痛い、

両足モモがコむらがえりのようになる、です。



病院では「悪化すれば手術が必要」と云われていますが

手術はしたくないそうです。

その他に骨粗鬆症と云われているそうです。


お嫁さんから勧められての来室です。


「整体ですべった腰椎は戻りませんが

歪みやコリを改善して症状が緩和するケースもあります」

と説明して施術に入りました。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 15:14Comments(0)腰の症状

2015年04月05日

一回で治してくれる施術院を探してる?慢性腰痛の男性

腰痛で来室のFさん(60代男性)


20年来の慢性腰痛があったそうですが

1年くらい前から痛みが強くなり

病院では「腰椎すべり症」と云われたそうです。


しかし西洋医学的な薬の治療には疑問を持っていて

鍼灸へ通っていたそうです。


ブログで当室を知り、相談に見えられました。







初回来室時の痛みは

本人申告によれば

「何をしていても、いつでも痛い...」

意識が痛みにフォーカスされていて

しっかり痛みを客観視できていません。


これでは埒があかないので

細かくヒアリング。


車の運転 腰が重い感じ。

歩いて来る時痛かった。

座っている時はスッキリはしないが痛くない。

背筋を伸ばしていい姿勢になろうとすると痛い。

仰向けで足を伸ばすと痛い、膝を立てていると楽。

寝返りは痛い。



その他に首から肩にかけていつも凝っているそうです。



これらの痛みを検査で確認してから施術に入ります。



施術は「仰向けで膝を立てた姿勢」から

足を伸ばせるようになる所から始めました。



多くの場合、お腹が緊張して硬いことが多いので

頭部第2でお腹を緩め

残りはカウンターストレインで取って行きました。


「これで足が伸ばせますよ、試して下さい。」


「今は大丈夫...」


あまりうれしそうじゃありません。


ここからは体幹の循環を高める操法をして

さらに緊張を取って行きます。


寝返りをしてもらうと

「まだ少し痛い...」

腸骨の関節動作法で取って

「これでどうですか?」

「今は大丈夫...」



今度はうつ伏せで臀部~大腿部・ふくらはぎまで緩め

背中の張りを取って行きます。


再度仰向けに。

「今の寝返りは大丈夫でした?」

「ええ」



最後にもう一度お腹を調整して確認です。

「最初に確認した痛み、今は如何ですか?」

「よく判らない...」

「エッ どこか痛いですか?」

「今は大丈夫だけど...

いつまで持つか判らないし...」






最後までかみ合わない施術でしたが

取りあえず当初の痛みは改善したので終了としました。



途中の会話で

今まで鍼灸に通っていたと仰っていたのが

一か所に通っていたのだと思ったのは私の誤解で

様々な治療院を渡り歩いたことが判りました。


慢性症状の方には中には

1回で良くしてくれる治療院を探している方がいらっしゃいます。

この方も1回で良くしてくれないと満足できないようです。




慢性症状の方の身体は

ある意味、症状が出る様な身体の癖(歪み)が身についています。


当室の整体は身体の癖(歪み)をとって自然治癒力を高め、

以って症状の軽減を図っていくように施術していきます。


慢性(長年)の症状で有ればある程

その身体の癖は頑固でしつこいものです。


逆に云えば頑固でしつこい身体の癖が抜けないので

慢性的に症状に苦しめられている訳です。



頑固でしつこい身体の癖による慢性症状を

しかも自分では体操や生活習慣の見直しとかの面倒ことはせずに

1回で治してもらいたい人には当整体室の整体観は合わないと思います。


当室の施術はかなり細かく検査し

ビフォーアフターを確認しながら進めています。

全てが1回で良くなる訳ではありませんが

少なくとも最初に検査した痛みは改善してお帰りいただいています。


そして体操や生活習慣を見直してもらい

良い状態が落ちないように施術をし

徐々に体力(自然治癒力)を上げいき

症状の要らない身体にしていくことが当整体室の理想です。




  

Posted by 元氣が一番! at 19:35Comments(0)腰の症状

2015年03月03日

遠方からメンテナンスに来られるクライアントさん

当ブログにも度々登場していただく

遠方から通われている元腰痛患者さんのHさん(50代会社役員)

1番最初の記事はこちら

茨城からの通院も5年目になりました。


今回は調子が良かったそうで2カ月ぶりくらいでした。
  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:30Comments(0)腰の症状

2015年01月27日

朝起きた時が特に痛い腰痛(寝腰)のOLさん 3

朝起きた時が特に痛い腰痛があります。


朝起きたとき寝返りや寝床から起きるとき痛いが、

洗面や着替えをしているうちに段々楽になって

日中はそれほど痛まない・気にならない、

そんな腰痛は『寝腰(ねごし)』と云われる腰痛です。




先日来院のMさん(30代OL)の腰痛も

朝起きた直後(30分~2時間位)は腰が痛いが、

会社に着くころには楽になっている、

当整体室でいうところの「寝腰」の状態でした。


正月休み中に痛みが強くなり

仕事がはじまっても午前中くらいまで

痛みが残るようになって心配になったそうです。



3回目(10日後)

起床時の痛みは

当初10⇒1くらいまで軽減していました。


「1」の内容は、

「ほとんど痛くないが、たまに気になる」

そうです。

  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 12:24Comments(0)腰の症状

2015年01月10日

朝起きた時が特に痛い腰痛(寝腰)のOLさん 2

朝起きた時が特に痛い腰痛があります。


朝起きたとき寝返りや寝床から起きるとき痛いが、

洗面や着替えをしているうちに段々楽になって

日中はそれほど痛まない・気にならない、

そんな腰痛は『寝腰(ねごし)』と云われる腰痛です。




先日来院のMさん(30代OL)の腰痛も

朝起きた直後(30分~2時間位)は腰が痛いが、

会社に着くころには楽になっている、

当整体室でいうところの「寝腰」の状態でした。


正月休み中に痛みが強くなり

仕事がはじまっても午前中くらいまで

痛みが残るようになって心配になったそうです。




4日後の2回目

起床時の腰の痛みは

本人の感覚では10⇒3程度まで軽減していました。




  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 09:48Comments(0)腰の症状

2015年01月07日

朝起きた時が特に痛い腰痛(寝腰)のOLさん 1

朝起きた時が特に痛い腰痛があります。


朝起きたとき寝返りや寝床から起きるとき痛いが、

洗面や着替えをしているうちに段々楽になって

日中はそれほど痛まない・気にならない、

そんな腰痛は『寝腰(ねごし)』と云われる腰痛です。




先日来院のMさん(30代OL)の腰痛も

朝起きた直後(30分~2時間位)は腰が痛いが、

会社に着くころには楽になっている、

当整体室でいうところの「寝腰」の状態でした。


正月休み中に痛みが強くなり

仕事がはじまっても午前中くらいまで

痛みが残るようになって心配になったそうです。



初回は朝一番(8時)に来てもらいました。


座っている姿を観察すると

腰が後湾してアゴが前に出ている

整体的な云い方をすると『腰に力がない』姿勢です。


仰向けになると腰が重いような痛み、

膝を立てていると楽だそうです。




最初にカウンターストレインでお腹を緩め

仰向けが出来るように調整します。


仰向けが出来るようになったので

循環を高める操法を行い

身体の生理的な問題を解除しておきます。


ここで一度確認です。

「さっきより少し楽ですがまだ痛いです...」

寝返りや起き上がる動作での痛みが残っていました。



やはり典型的な「寝腰」

体幹のインナーマッスルの問題のようです。



次に少し抵抗を強めにした動作法で

インナーマッスルを刺激していきます。


大腰筋・腰方形筋・腹横筋...


仕上げにセルフエクササイズの寝腰の体操を指導します。


再度動作確認

「かなり楽です、それほど気にならないで起き上がれました。」


座り姿勢での坐骨座りも指導して初回は終了しました。




デスクワーク中心の仕事の人などで

朝に腰が痛い、休みの日の方が調子が悪いなど

「寝腰」の人が増えています。









  

Posted by 元氣が一番! at 18:10Comments(0)腰の症状

2014年12月10日

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん 3

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん(30代女性)。



高校の頃、部活で腰痛になって以来

ちょくちょく腰痛になってしまうそうです。


特に出産してからは

中腰や前屈みの姿勢が多いので

日常的に腰に負担を感じていたそうです。


来院時の症状は

歩くのはぎこちない、

座っているとすぐに右腰が痛くなる、

立ったり座ったりするのは痛い、

洗顔などの前屈みの姿勢は痛い、

仰向けで足を伸ばすと腰が重い、ひざを立てる方が楽、

寝返りが痛い、

靴下を履く動作で右足の時右腰が痛い...

色々な姿勢・動作で痛みが出ている状態です。




3回目(3日後)

「一時はどうなるかと思いましたが

だいぶ楽に動けるようになりました!」



赤ちゃんのだっこや洗面などでお辞儀をする時も

注意事項をしっかりと実践しているようです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:24Comments(0)腰の症状

2014年12月05日

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん 2

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん(30代女性)。



高校の頃、部活で腰痛になって以来

ちょくちょく腰痛になってしまうそうです。


特に出産してからは

中腰や前屈みの姿勢が多いので

日常的に腰に負担を感じていたそうです。


来院時の症状は

歩くのはぎこちない、

座っているとすぐに右腰が痛くなる、

立ったり座ったりするのは痛い、

洗顔などの前屈みの姿勢は痛い、

仰向けで足を伸ばすと腰が重い、ひざを立てる方が楽、

寝返りが痛い、

靴下を履く動作で右足の時右腰が痛い...

色々な姿勢・動作で痛みが出ている状態です。




2回目(3日後)

「日常の動作は大分楽になりました!」


座っての動作・立ち上っての動作などは

スムーズに動けるようになっているようです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:09Comments(0)腰の症状

2014年12月01日

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん 1

ぎっくり腰になってしまった育児中のママさん(30代女性)。



高校の頃、部活で腰痛になって以来

ちょくちょく腰痛になってしまうそうです。


特に出産してからは

中腰や前屈みの姿勢が多いので

日常的に腰に負担を感じていたそうです。


来院時の症状は

歩くのはぎこちない、

座っているとすぐに右腰が痛くなる、

立ったり座ったりするのは痛い、

洗顔などの前屈みの姿勢は痛い、

仰向けで足を伸ばすと腰が重い、ひざを立てる方が楽、

寝返りが痛い、

靴下を履く動作で右足の時右腰が痛い...

色々な姿勢・動作で痛みが出ている状態です。


慢性的な腰痛と云うこと、

出産後であるといこと

前屈や捻りで痛いこと等から

骨盤の弛みを疑いトコちゃんベルトで骨盤を締めるところから始めます。



立位で骨盤を締めると足踏みなども楽になり

「支えられている安心感があります」と変化がありました。



今度は座位で下肢の筋肉を緩めて行きます。



これで立ったり座ったりがゆっくりであれば

痛みも軽減し

「やっと人間らしい動きが出来るようになりました。」


それまではロボットにでもなったかのような動きに感じていたそうです。


座った姿勢は最初はかなり楽なようでしたが

少しすると腰が重くなるようです。



座位で膝上げと片あぐらの操体をすると

座った姿勢も持つようになり

お辞儀も少しできるようになりました。



立ったり座ったり・歩くのも大分楽になり

ぎこちなさも取れてきました。

『 助かりました!大分動かせるようになりました。』


ぎっくり腰は緩めすぎも禁物なので

深追いせずに座位での操法だけにして

腰に負担の少ない姿勢・動作法を指導して次回としました。




  

Posted by 元氣が一番! at 18:43Comments(0)腰の症状

2014年10月07日

地区の運動会で腰が... 急性腰痛のメンテ会員さん

「いつもお世話になります、Gですが、今日空いている時間ありますか?」

次の予約日はだいぶ先ですが

普段は定期メンテナンスに来室されるGさん(40代会社員)から朝一の電話です。



現在では交通事故の後遺症(病院では脳脊髄液減少症とも)も改善し

メンテナンスに通って来られる位でした。

過去の記事はこちら



今回は地区の運動会に参加され、

腰を痛めてしまったそうです。


Gさんは「綱引きで痛めたんじゃないか」と感じています。




来室時の症状は

前屈みで腰が痛い、

仰向け寝で足を伸ばすと腰が痛い、

寝返りで腰が痛い、

でした。


痛めた翌日は仕事でしたが、大人しくしていて

セルフエクササイズも痛くないものを痛くない様にしていたそうです。



仰向けの姿勢や寝返りなどが痛いようなので

最初に座位で取れる痛みをとって行きます。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:41Comments(0)腰の症状

2014年09月21日

度々ぎっくり腰を再発している事務職の女性 4

この一年で3回(約半年毎)にぎっくり腰を再発しているMさん(30代女性事務職)

以前尾骨痛が改善したクライアントさんからの口コミで来室です。


最初のぎっくりの時(去年の夏)病院でレントゲンを撮りましたが

「ヘルニアの疑いがあるが切る程ではない」と云われています。


病院や接骨院・鍼灸・整体・マッサージなどで

それなりに痛みは取れましたが

去年の冬・今年の夏とぎっくり腰を再発してしまっています。



今回は痛みが発生してから2カ月ほど経過しますが

なかなか痛みが軽減しませんでした。



痛みは右の臀部にあり大腿後面に痺れが出る時もあります。


痛みの出方は

・お辞儀で痛い

・椅子に座る時痛い

・仰向けで足を伸ばして寝ると痛い

等の症状があります。




4回目(1週間後)

「10の痛みが3位の感じです」


日常的には痛みは大分治まっていますが

長時間歩いたり電車で揺れると右臀部に違和感が出ます。


前屈も可動範囲は広がりましたが

深くお辞儀をすると軽い痛みが発生します。
  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:52Comments(0)腰の症状

2014年09月07日

度々ぎっくり腰を再発している事務職の女性 3

この一年で3回(約半年毎)にぎっくり腰を再発しているMさん(30代女性事務職)

以前尾骨痛が改善したクライアントさんからの口コミで来室です。


最初のぎっくりの時(去年の夏)病院でレントゲンを撮りましたが

「ヘルニアの疑いがあるが切る程ではない」と云われています。


病院や接骨院・鍼灸・整体・マッサージなどで

それなりに痛みは取れましたが

去年の冬・今年の夏とぎっくり腰を再発してしまっています。


今回は痛みが発生してから2カ月ほど経過しますが

なかなか痛みが軽減しませんでした。


痛みは右の臀部にあり大腿後面に痺れが出る時もあります。


痛みの出方は

・お辞儀で痛い

・椅子に座る時痛い

・仰向けで足を伸ばして寝ると痛い

等の症状があります。




3回目(1週間後)

「大分痛みが取れてきました。」


この1週間は前半はほとんど症状を感じずに済みました。

後半になると長時間歩いたり座ったりすると

右臀部につれる感じがあります。


以前ほどではありませんが、お辞儀前屈も痛みが出やすいようです。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:57Comments(0)腰の症状

2014年09月02日

度々ぎっくり腰を再発している事務職の女性 2

この一年で3回(約半年毎)にぎっくり腰を再発しているMさん(30代女性事務職)

以前尾骨痛が改善したクライアントさんからの口コミで来室です。


最初のぎっくりの時(去年の夏)病院でレントゲンを撮りましたが

「ヘルニアの疑いがあるが切る程ではない」と云われています。


病院や接骨院・鍼灸・整体・マッサージなどで

それなりに痛みは取れましたが

去年の冬・今年の夏とぎっくり腰を再発してしまっています。


痛みは右の臀部にあり大腿後面に痺れが出る時もあります。


痛みの出方は

・お辞儀で痛い

・椅子に座る時痛い

・仰向けで足を伸ばして寝ると痛い

等の症状があります。




2回目(6日後)

「整体の翌日はすごく良かったんですが

その後少しずつ痛みが出ちゃいました。」


初回来室時を10だとすると

今(2回目来室時)は5ぐらいの感じだそうです。




まだ疲労などで身体の歪みが戻りやすい状態ですが

「セルフエクササイズを行えば痛みは軽減するです」ので

身体はしっかりと変化しているようです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:47Comments(0)腰の症状

2014年08月23日

度々ぎっくり腰を再発している事務職の女性 1

この一年で3回(約半年毎)にぎっくり腰を再発しているMさん(30代女性事務職)

以前尾骨痛が改善したクライアントさんからの口コミで来室です。


最初のぎっくりの時(去年の夏)病院でレントゲンを撮りましたが

「ヘルニアの疑いがあるが切る程ではない」と云われています。


病院や接骨院・鍼灸・整体・マッサージなどで

それなりに痛みは取れましたが

去年の冬・今年の夏とぎっくり腰を再発してしまっています。


痛みは右の臀部にあり大腿後面に痺れが出る時もあります。


痛みの出方は

・お辞儀で痛い

・椅子に座る時痛い

・仰向けで足を伸ばして寝ると痛い

等の症状があります。





一回目

痛みの出方から仙腸関節の可動制限が痛みに関係あると診立て

確かめてみます。


何もしないで座ってもらうと痛みがありますが

骨盤(仙腸関節)を締めていれば座る時の痛みも

「楽です。」となります。


また普段はあお向けで足を伸ばすと痛みが出ますが

骨盤を締めていれば足を伸ばしても

「今は大丈夫みたいです。」

となります。


今回はこの仙腸関節をターゲットに施術を進めていきます。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:01Comments(0)腰の症状

2014年07月02日

座ったり横になって休んでいると痛む腰痛の運動部員 1

1月位前から腰が痛くなったしまった運動部のY君(高1)

部活はソフトボールで練習はかなり厳しいそうです。


初回来室時の症状は

練習中や歩行中はあまり痛くないが

練習後などに座っていたり横になっていると右腰が痛くなります。

座っての受付中も右腰は鈍痛があるそうです。



その他に左足首の可動制限(捻挫の後遺症)や

右肩の可動制限がありました。


座位で肩の外転や体幹の捻転の確認をすると

右肩は130度位しか挙がらず、体幹の動きも渋い感じです。


最初に脊柱の生理彎曲を付けてみます。


「アレッ?!」

体幹の動きはスムーズになりました。

右肩の外転も角度が改善しましたが左と比べるとまだ見劣りがします。


右肩の可動制限は古い問題のようです。


仰向けで腰の操法をしていきます。

仰向けで足を伸ばすと

「腰が重く痛い感じ」のため膝を立ててもらうと

「これなら大丈夫」でしたのでひざ裏のコリを確認しておいて

(右側に圧痛)つま先上げを行います。


最初は腰に力を集める感じがつかめないようでしたが

2回目は上手に出来たようで「さっきより楽な感じ」になりました。


右側のひざ裏の圧痛も半減していました。


次も膝を立てた姿勢から膝倒しを。

左に倒すと右の股関節から臀部にかけて張りがありました。

角度を確認しながら膝を右倒しして、そのまましばしキープ、

「腰が伸びる感じが良かった」そうなので、もう1度。


これで左右差なく倒せるようになりました。


膝倒しをした後は座った姿勢や足を伸ばしての右腰の嫌な感じも取れていました。

体幹のアウターマッスルとインナーマッスルのアンバランスで

練習後はインナーマッスルが緩み過ぎるんだと思います。



今度は右肩の可動制限を取っていきます。

前から挙上(バンザイ)ではほとんど左右差なく挙がりますが

外転(横から挙上)で右肩の引っ掛かりが残ります。

(最初よりはだいぶ取れていますが)


そこでオーバーハンドの動作を多用する

野球・バレー・ソフトの選手によく行う

外転しての内旋外旋の動きを付けていきます。





これはマッスルエナジーテクニックを使います。

3セット程行うと左右差も取れ

座位での外転の引っ掛かりも取れました。


最後に左足首の可動制限を取って次回としました。



最近はどの種目でも筋トレや体幹トレを取り入れているようですが

その為か身体(筋肉)の緊張が取れなく

疲労過多の選手が目立つようになりました。



鍛えることも大事ですが

休養することも大切です。


ギュウギュウ揉まない・ボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





  

Posted by 元氣が一番! at 14:14Comments(0)腰の症状