グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2014年06月27日

痛みは身体が発する「SOS」です、坐骨神経痛の男性 1

左腰からふくらはぎにかけての痛み、

俗に『坐骨神経痛』と呼ばれる症状で来室のWさん(30歳代男性会社員)。



ここ1ヶ月ほど腰や臀部にハリを感じていましたが

1週間くらい前から痛みが強くなり

生活に支障をきたすようになってしまいました。



初回来室時はかなり強い痛みで、顔をしかめて歩いています。



まず身体の検査から。


身体は緊張し多くの関節の可動域も狭くなっています。


座位での検査では肩の外転(横からの挙上)と

身体を捻る動きの可動制限が顕著でした。



「元々身体は固いんです。」



「赤ちゃんの頃から硬かったんですか。」

等と云いながら背骨の生理彎曲を作る操法を数十秒。


肩の外転を確認すると

「アレッ?!」

身体の捻りも

「オッ!」



「元々じゃなかったみたいですね!」




改めて身体の歪みを調整し疲労を取っていきます。




20分ほどの施術で立った状態での痛みは10→2



しかし前屈・立ったり座ったりの痛みは10→7。



もう1度動作時の動きを観察すると

痛い方の足を庇う癖が残っていました。

「これだ!」



関節動作法で動きを調整すると

痛みは10→2~1程度に軽減。


今回は深追いせずにここで終了。


セルフエクササイズのおさらいをして次回としました。


Wさんは疲労などで腰のハリを感じていながら、

「そのうち良くなるだろう」
としっかりケアせずに

腰などを庇って生活をしていたので身体の歪みが固定化してしまい、

更にそれを庇うためにどんどん大きくバランスを崩し痛みを強くしてしまう、

という悪循環で痛みを強くしてしまtったと考えられます。




身体の歪みは生活の歪みです、

身体は痛みでもって「SOS」を発信しています。


腰や肩・首などのはり・コリなども

自分の身体・生活を省みるチャンスと捉え

しっかりと自分の身体と向き合いましょう。




ギュウギュウ揉まない・ボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  

Posted by 元氣が一番! at 12:32Comments(0)腰の症状

2014年06月16日

重い物を運んだからぎっくり腰?急性腰痛の男性 2

1年ぶりのMさん(30代男性)

前回は重い物を運んでいて急性腰痛(ぎっくり)でした。


今回は重い物を運んでいて

「ちょっと変だな?!」と思ったものの

その時点では問題なく仕事をこなせました。


ところが翌朝は起きるのも大変な激痛だったそうです。


日頃から重い物を運んだりはしているので

それだけが原因とは思われません。

何らかの原因で腰部に疲労・負担が溜まり

それが今回の重い物の運搬と云うきっかけで

腰痛が発症したのでしょう。



その日は一日自宅で静養、

翌日ご家族に送られて来室です。



初回来室時の状態は

起き上がる・立ち上るで腰が痛い、

特に腰を伸ばせない状態で

歩くのも恐々歩いていました。



2回目(3日後)

「お陰さまでだいぶ痛みが取れました。」


と歩く姿もスムーズです。

今回の状態は

痛みは大分治まっているが

前屈みに引っ張られるような感じがある、

反らすのはまだ怖い、と云うものでした。


猫背の様な姿勢に引っ張られるのも

上体を後ろへ反らすのがこわいのも

腹部を中心に大腿前面・胸部の緊張が残っていると思われます。


最初に座位で手の三里を取っておいて

姿勢を正したり腰を反らしたりしてみます。

「結構いけますね」

まだ消化器系の影響がありそうです。


次に大腿前面の筋肉を緩めておいて確認してみます。

「これでも行きやすいです」

大腿前面も野口整体では胃腸関係の処としています。


前回と比べると大分動きもできるようになっているので

マッスルエナジーテクニックの大腰筋の操法からやっています。


仰向けで片膝を抱え込んで止まる所で保持し

もう一方の足を抵抗を加えながら抱え込ませます。

極々軽い負荷で行います。



1セットごとに筋肉のリラックス具合を確認しながら

2~3セット行うと伸びてきました。


逆の足も同様に行います。


今度は腹部を緩めます。


頭部第二を使って全体を緩めてから

残った硬直をピンポイントで緩めていきます。


やはり中丹田あたりが残っていました。


下丹田を充実させる深息法を行い

お腹のバランスを整えて中丹田を緩めていきました。


これで再度確認です。

「あ~ 身体が反れます。」


まだ無理は禁物ですが

重量物を持ち上げる時の身体の使い方をおさらいして終了としました。



ギュウギュウ揉まない・ボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







  

Posted by 元氣が一番! at 19:25Comments(0)腰の症状

2014年06月11日

重い物を運んだからぎっくり腰?急性腰痛の男性 1

1年ぶりのMさん(30代男性)

前回は重い物を運んでいて急性腰痛(ぎっくり)でした。


今回は重い物を運んでいて

「ちょっと変だな?!」と思ったものの

その時点では問題なく仕事をこなせました。


ところが翌朝は起きるのも大変な激痛だったそうです。


日頃から重い物を運んだりはしているので

それだけが原因とは思われません。

何らかの原因で腰部に疲労・負担が溜まり

それが今回の重い物の運搬と云うきっかけで

腰痛が発症したのでしょう。



その日は一日自宅で静養、

翌日ご家族に送られて来室です。



初回来室時の状態は

起き上がる・立ち上るで腰が痛い、

特に腰を伸ばせない状態で

歩くのも恐々歩いていました。




先ずは応急操法として四つん這いでの施術から。


四つん這いの姿勢で背骨・骨盤・腹部をチェックし状態を確認しておきます。


特に腰椎から下部胸椎が後湾し

腹部・側腹は硬直しています。


現在の状態をMさんにも説明しておきます。


そうすると「このところ過食気味だったんです。

それって関係あります?」



「食べ過ぎによる急性腰痛って結構多いので

気を付けた方がいいですよ。」



野口整体などでは食べ過ぎによる腰痛・食べ過ぎによる肩こり

食べ過ぎによる風邪など

食べ過ぎから来る身体の負担を重視しています。


Mさんにもしっかり注意しておきます。


実際に施術に入ります。


ぎっくり腰系の腰痛は

表層のアウターマッスルは緊張していますが

深層のインナーマッスルは弛緩していることが多く見受けられます。


ただ硬いところを緩めるだけでは

つっかい棒が外されてかえって立てないくなってしまうのです。

そうならないためには

インナーマッスルを使わせながらアウターを緩めていかなくてはなりません。


最初は他動運動で末端から動かしていきます。

足首・膝・股関節・・・

そして本命のお腹、

側腹を緩めると少し呼吸が深くなります。


ここで動作法を行って行きます。

自動運動で足首・ハイハイ・四つん這いからの正坐...

ここまでは何とかできるようになりました。


立ち上る時も

「今朝と比べると大分イイです」

まで改善しました。


体幹のインナーにもう少し緊張を入れてみます。

「さっきよりも安定します。」


ゆっくりとしたつかまり立ちならほとんど痛くないところまで軽減したので

今回は深追いせずにここまでにして

セルフエクササイズと注意事項を説明し次回としました。





ギュウギュウ揉まない・ボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





  

Posted by 元氣が一番! at 19:27Comments(0)腰の症状

2014年06月03日

骨蕀があると云われている慢性腰痛の会社員さん 2

腰痛と首の痛みで来室のSさん(50代・デスクワーク)

30代の頃からの慢性腰痛で

整形では骨蕀があると云われているそうです。


2週間位前から腰の痛みが強くなり

身体を反らしたり立ち上る時に痛みがあります。


3日くらい前からは寝違えのような首痛も出てしまいました。


来室時も腰を庇って少し前かがみの姿勢になっていました。


2回目(1週間後)


この1週間、首はほとんど気にならなかったそうです。


「腰も長く座っているとまだきつくなるけど、

前と比べると大分良いです。」


ついつい仕事に熱中してしまい長時間座ってしまうと

腰がきつくなるそうですが

「ちょっとエクササイズをやると楽になるから気も楽です。」


そうなんです、「痛くなってもこうすれば楽」になれれば

気持ちも楽になってストレスも溜まりません。


今回もカカト伸ばしを中心に骨盤を調整していきます。



カカト伸ばしで膝倒し・首の可動域も改善しましたので

今度はうつ伏せでカエル足をやってみます。


このカエル足は先日の講習会で習った

ニューバージョンのカエル足です。


「このうつ伏せの奴もイイですねぇ」

「そうでしょう、気持ち良く動いて自分で治しちゃって下さいね。」


最後に整体体操の腸骨体操をやって骨盤を締めて次回としました。



帰り際に

「もしかしたら私の腰痛は、骨蕀が原因じゃないかもしれないですね」

と仰っていたのが印象的でした。



少なくとも当整体室の整体で骨蕀が小さくなることはないでしょう。




ギュウギュウ揉まないボキボキしない!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室


ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  

Posted by 元氣が一番! at 19:10Comments(0)腰の症状

2014年05月27日

骨蕀があると云われている慢性腰痛の会社員さん 1

腰痛と首の痛みで来室のSさん(50代・デスクワーク)

30代の頃からの慢性腰痛で

整形では骨蕀があると云われているそうです。


2週間位前から腰の痛みが強くなり

身体を反らしたり立ち上る時に痛みがあります。


3日くらい前からは寝違えのような首痛も出てしまいました。


来室時も腰を庇って少し前かがみの姿勢になっていました。


首の可動痛(右振り向き・上向き)を確認しておいてから

座位で背骨の生理彎曲を整えていきます。


背骨の生理彎曲の調整で

右振り向き痛は改善してくれましたが

上向きの痛みはあまり変化しませんでした。


次に骨盤を締めてみます。

「ちょっと楽な気がします。」



仙骨の調整をしながら試してみます。

「これだとずい分楽に動かせます。」


Sさんの首痛は腰から来ているようです。


試しにこの状態で腰を反らしたり立ったりしてもらうと

「腰も大分良いです。」となります。


今は人為的に仙骨を調整した状態で固定していますが

これがご自身の身体で維持できれば痛みも軽減することが確認できました。


ここから実際に施術台に仰向けになって調整していきます。

膝倒し・つま先上げをやってみますが

今一つの感じです。


今度は仙腸関節を狙ってカカト伸ばしをやってみます。

「う~ん これは腰が伸びて気持ち良いです~」

充分味わってもらいます。


カカト伸ばしを行うとひざ倒しもスムーズになり

ひざ裏のコリも大幅に軽減していました。


一度起き上がって確認してもらうと

「首は大分良いです。

腰も立ったりするくらいは良いですが

ラジオ体操みたいに反らすとまだつっかかった感じです。」


この腰の反らしてのつっ掛った感じは

関節動作法で取れてくれました。




セルフエクササイズをおさらいして次回としました。


Sさんは以前からのクライアントさんからの紹介でした。


「一緒に改善していきましょう」という

当整体室の整体を理解された上で

最初から協力的に整体を受けていただけました。

お陰で初回から思っていた以上の改善効果を

実感できる結果を残せました。






「Sさん、もっと楽になりますよ!

自宅でのセルフエクササイズも試してみて下さいね。」



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  

Posted by 元氣が一番! at 19:13Comments(0)腰の症状

2014年04月23日

休日の草野球で急性腰痛になってしまった会社員さん 1

会社員のEさん(40代男性)は3日前に草野球をしていて

守備の構えから身体を起こすときに

『グキッ』 と腰を痛めてしまったそうです。



じっとしていればそれほど痛くないのですが

身体を動かすと仙腸関節付近に痛みが走ります。


来院時も奥さんに付き添われ

支えられながら歩くのも大変そうでした。


一度座ると立ち上がるのが大変というので

立ったままの施術をはじめました。



腰背部・腹部を中心に軽くほこりを払うように

軽擦を掛けながら緊張を取っていきます。



少しずつ動ける範囲で姿勢を変えながら軽擦かけていきます。


数分行っていると「座れそう」というので

腰掛けた姿勢で更に軽擦をかけたり

揺らしをかけて腰背部・臀部を緩めていきます。


次に活法の手法で椅子からの立ち上りを改善してみます。

「お~ スッと立ててる!」


ポイントを探しながら数回行うと

自力でスムーズに起立着席が出来るようになっていました。


今度は四つん這いで骨盤の歪みを調整していきます。



急性の腰痛(ぎっくり腰)などの時に

取れるようなら四つん這いの姿勢は痛み軽減にとてもよい姿勢です。


四つん這いの姿勢のまま、

下肢の緊張や腹部の緊張を緩めると

仰向け・うつ伏せ・起き上がりが

ゆっくりとなら一人で出来るようになっていました。


今回はあまり深追いをせずにここまで。



痛めた直後は痛みが変化するからと

やり過ぎるとその後に痛みがぶり返しやすいものです。



最後に注意事項を説明し次回としました。



術後の痛みは10→3 奥さんもひと安心です。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  

Posted by 元氣が一番! at 18:22Comments(0)腰の症状

2014年03月31日

低い椅子で作業して腰痛になってしまったママさん 1

事務の仕事をしながら子育てもされているSさん(30代女性)。



数日前から何となく腰が不調でしたが

2日前ぐらいから痛みが強くなってきてしまいました。


痛みがあってもゆっくりであれば

ひとりで歩ける立ったり座ったりできるようで

安静時痛がないようならとお話しして予約となりました。




お母さんに付き添われて来室されました。

前屈みの姿勢で身体を直立できない状態です。


痛みが起きてしまった経緯をお聞きすると

お子さんの保育園の集まりで子供用の低い椅子に座って

長時間打ち合わせ・作業をしてからのようです。



腰掛けて前屈みの姿勢で体重を手をついて支えているのが楽だそうです。

背中を触診すると本来前彎をしているべき腰椎が

後彎してしまっています。


先ずはこの腰椎の後彎の改善を進めていきます。


最初に四つん這いの姿勢で、

背骨の歪みを調整し生理彎曲を付ける操法を行いました。


数回繰り返すと徐々に身体が起きてきます。


ここまでで

四つん這い→正坐→立ち上り(台に手をついて)が出来るようになりました。


直立の姿勢までもう少しです。


次に椅子に腰かけて腹部の緊張を確認します。

左の腹部に圧痛があり、上腹部に緊張があります。


座位のままひざを揺らしながら腹部を緩めていくと

左の圧痛は取れましたが上腹部の緊張は残ります。


上腹部を後回しにして

肩甲骨周辺・大胸筋の緊張を取っていきました。


これで上腹部の緊張も取れ

これで腰掛けた姿勢ではほぼ垂直に上体を起こすことが出来るようになりました。


「あんなに丸まっていたのに

背中もずい分真っすぐになってきたよ、良かったよ。」


お母さんも一安心のようです。


最後に立ちあがる時に残る痛みを

活法の手法で改善していきます。


立位でも上体が起きるようになり

立ったり座ったりの痛みも

「6~7割取れた」ところで

深追いせず次回としました。




「フ~ 大分楽になりました。

一時はどうなるかと思いました。」


良かったですね。



自宅・職場でのセルフエクササイズもしっかり行って下さいね。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





  

Posted by 元氣が一番! at 19:28Comments(0)腰の症状

2014年03月25日

遠方からの不調さん お母様の腰痛

遠方(茨城)からの不調者さんHさん、今ではすっかり改善し

忙しい仕事の合間に月に数回のゴルフを頼んでおられます。

Hさんの記事はこちら



今回はお母様(70代後半)の腰痛です。

普段はご自宅でゆっくり過ごされることが多いそうです。


ソファなどにゆったりと腰掛け、足置きに足を休めた姿勢が多いそうです。


日頃からちょくちょくマッサージなどにかかっていたそうですが

数日前から腰が痛くなってしまったそうでHさん・奥さんに付き添われて来室です。


来室時は強い痛みは治まっていましたが

腰・背中の張り、動作時の痛みが残っていました。


その他に膝が曲げると痛い状態でした。




Hさん方は「姿勢が大切です。腰を立てて云々」とは耳にタコですが

お母様には改めて背骨の生理彎曲・骨盤を立てることの大切さを実感してもらえるように

施術していきます。



先ずは首・肩の可動範囲を確認しておいて

背骨の生理彎曲(S字カーブ)を整えていきます。

「これでどうですか?」


「アレッ さっきよりも楽みたい!」

もう少し骨盤を立ててみます。

「アレッ 楽に動くようになっている、騙されているみたい。」


言葉の誘導で可動範囲が広がれば、それに越したことはありませんが

ちゃんと種も仕掛けもあります。

その種もちゃんと説明しておきます。


次に施術台に仰向けになってもらうと

足を伸ばしていると腰に来ると云うので

お腹を緩めていきます。


リクライニングの姿勢はお腹が硬くなりやすいので

注意が必要です。


骨盤の歪みを取りながら動作法を行うと

足を伸ばしても腰に来なくなっていました。


次にうつ伏せになって背中・臀部・脚部を緩めていきます。

セルフエクササイズでも良いのですが

あまり疲れさせてはいけないので

軽擦をかけてから皮膚圧程度の手当てをしていきます。

「今までのマッサージとは全然違いますね。

ただ触っているくらいなのにポカポカしてきますよ。」


最後に再度あお向けで肩・首に筋ゆるをかけて

起き上がってもらいました。

「あ~ ずい分楽になりました~」



オッと膝を忘れていました。

四つん這いの姿勢から膝に関節動作法をかけていきます。


「お~ 膝を曲げても痛くないです。」


まだ正坐までは出来ませんでしたが

だいぶ深くお尻を下ろせるようになりました。


お風呂に入った時などに出来るセルフエクササイズを御教えてして次回としました。


慢性的な腰痛やひざ痛は不良姿勢などの積み重ねで起こり

姿勢を改善することで回復していきます。


ただここで云う良い姿勢は

ピンと背筋を伸ばす等の外目の良い姿勢ではなく

(例えばそうすれば痛みが減り可動範囲が広がるなどの)

実質の伴った良い姿勢でなければなりません。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!









  

Posted by 元氣が一番! at 18:52Comments(0)腰の症状

2014年01月28日

久しぶりの来室でした、右腰が痛い元プロスポーツ選手 1

長年プロスポーツの世界で活躍されていたTさん(50代男性)

2年ほど前に引退し現在は会社員をされています。


以前の記事はこちら


風邪を引いて2~3日寝ていて、それから右腰が痛くなってしまいました。


来室時の症状は

前屈みで痛い、立ったり座ったりで痛い

仰向けで足を伸ばすと痛い、寝返りで痛い、


この他に両肩の可動域が落ちていて

両手指が強張り、痛いそうです。


先ず腰の調整から入ります。


仰向けで足が伸ばせないので

膝を抱える姿勢から操法を始めます。


Tさんは元々身体の感受性が高いので

とてもスムーズに操法がすすみます。



数十秒で足が伸ばせ、寝返りが出来るようになりました。

流石の身体感覚と感動してしまいます。



次はひざ倒しです。

左に倒すと右腰に鈍痛が残っていました。

これが思った様に改善してくれませんでした。


ひざ倒しの操法、股関節の操法であまり変化が見られないので

過去の施術記録を見ると右足首の捻挫歴が記録されていました。


「Tさん、最近右足首の調子はいかがでしたか?」


「仕事でしゃがむときに

右膝をついて踵にお尻をのせる姿勢(騎座)が多いので疲れますね。」

とのことでしたの足首をチェックすると

外踝が下がり足甲が開き母趾は力が入り難い状態でした。


試しに足甲を締めてひざ倒しをすると

左右ともスムーズに出来るようになりました。

テーピングで補強しておきます。


最後に肩・手指です。

先ず末端の不調から。

指は手のひら側が硬直し、甲側とのバランスを崩していて

関節が正しく動かない状態が固定していました。

手のひら側の筋肉を緩め関節動作法で

一本一本・一つ一つの関節の動きを調整していきます。

「こんなに楽に指が動くのは久しぶりです。」

次に手首の硬さを調整すると

肩もほぼ通常通り挙がるようになっていました。


四肢末端の疲労・不調が

体幹・中心の不調の原因となってしまう典型例でした。


ここで起き上がって確認です。

「腰の張りすらないですよ。指も問題ありません。」


セルフエクササイズをおさらいして次回としました。


今回もTさんの身体の感受性の高さに助けられて

気持ち良く操法出来ました。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!








  

Posted by 元氣が一番! at 19:11Comments(0)腰の症状

2014年01月21日

尾骨痛・朝起きた時に腰が痛い、デスクワークの男性 1

尾骨(尾てい骨)周辺が痛いと来室のAさん(40代男性)

毎日長時間のデスクワークで疲れるため

リクライニングの様な椅子でパソコンを操作しているそうです。


おもな訴えは、

・椅子から立ったり座ったりが痛い

・ずっと座っていると痛くなる

・仰向けで足を伸ばすと痛い

・朝腰が痛くて起き上がるのが痛い‥です。


その他にマウス操作などで手首痛があり腕から肩もばりばりです。



特に尻餅など打撲の覚えはないそうです。



Aさんの場合原因は明らかです。

リクライニングシートの様にした椅子に長時間座り

尾骨に重心をかけたために尾骨が変位してしまっています。


操法のポイントは背骨の生理湾曲(S字カーブ)を回復されること、

骨盤内に入ってしまった尾骨を元に戻すことの2点です。



仰向けが痛いそうなので最初は座位で

腰背部・腹部を緩めていきます。


少し腰を屈めたり反らしたりできるようになってきましたので

立ち上る動作をしながら尾骨の関節動作法を。

「固定してもらっているとすごく楽ですが

離すとまだ痛いです。」

セルフで腹部から尾骨を修正して動作法をしてもらうと

「まだ少し残りますが、それほど気にならなくなりました。」

次に施術台に仰向けに

「お~ 足が伸ばせます。」



寝返りもそれほど痛みが無く出来るそうですが

起き上がろうとすると痛みが出ます。



この痛みの出方は寝腰です。



日頃の姿勢で腰部腹部のインナーマッスルが弱って

寝腰になっています。


寝腰のエクササイズを行ってから起き上がってもらうと

「かなり楽です。」

呼吸法を合わせて行うと

「これなら痛くないです」


「Aさん、これで尾骨・痛寝腰が改善したと思わないでくださいね。

キチンとした姿勢を続け・しっかりとエクササイズを続けないと

痛みが抜けませんからね。」



腕から肩にかけては筋ゆるで緩め

手首の関節動作法で手首痛も改善しましたが

これも長時間のマウス操作、手首の背屈等から来ています。


姿勢の注意やエクササイズをおさらいして次回としました。




怪我などに因らない生活習慣等からくる慢性痛の場合

仕事や普段の姿勢を見直し、

疲れたら休息・セルフエクササイズなどを行い

身体の正しい使い方をマスターすることが

改善・体調維持に欠かせません。


整体では色々なアドバイスが出来ますが

やるのはクライアントさん自身です。

しっかりと自己管理して再発を防止しましょう。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







  

Posted by 元氣が一番! at 18:52Comments(0)腰の症状

2014年01月18日

朝起き上がるのが痛い・前屈みが痛い腰痛 1

「朝起き上がるのが辛い・前屈みが辛い」と来室のMさん(50代女性・自営業)

年末忙しく働いて腰がガチガチだそうです。


特に朝起き上がる時・前屈みで痛みが強く

寝返りや靴下を履く、長く座っているのも辛いそうです。


痛くても我慢して動いていたので

身体が過緊張しているようです。


一番楽な姿勢は横向け寝だそうなので

先ずは横向け寝で揺らしをかけて緩めていきます。


最初は下肢の末端から徐々に緩め

段々と体幹へ向かって緩めていきます。


少しすると膝・股関節は可動を取り戻してきました。


次に腹部を緩めていくと仰向けが可能となりましたので

仰向けでひざ倒しで腰部の可動を付けていきます。


寝返りの痛みは腸骨の関節動作法で軽減し

起き上がりの痛みは腰仙関節の関節動作法で軽減しました。


ここで一度起き上がって確認してもらいます。

寝返りの痛み・起き上がりの痛みはゆっくり丁寧に動けば

「だいぶ内輪になっている」


前屈みの痛みは

「半減くらい」


骨盤を締めると

「だいぶイイ感じ」

となるのでサラシ固定を指導して次回としました。


彼女は年末に長時間しゃがんだ姿勢で仕事をしていたためか

骨盤が開き気味になってしまったようですが

痛いのを我慢して仕事をしていたため

全身が緊張していました。

このような時は特に強い刺激は逆効果なので

注意が必要です。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!















  

Posted by 元氣が一番! at 18:51Comments(0)腰の症状

2014年01月11日

1年前から痛みが強くなった慢性腰痛のお母さん 5

数年まえにお嬢さんがオスグットで通院し改善したことのあったKさん(事務職)。


今回はお母さんであるKさんの腰痛。


20年来の慢性腰痛があったそうですが

1年くらい前から痛みが強くなり

近くのカイロや鍼灸へ通っていたそうです。


最盛期の痛みは緩和したものの

頑固な痛みは残ってしまい

遠路北毛から当室へ相談へ見えられました。



初回来室時の痛みは

横になっている時以外の姿勢で左臀部に痛みがあり

特に歩いていると左腿裏に痛みが強くなるそうです。

特に後屈は出来ない状態で

左ハムストリングには圧痛がありました。




7~9回目

痛みのない時間が増えてきました。


「もしかしたら治ったかしら?」と思うほど

楽な日も出てきたそうです。


特に当初強い痛みのあった左臀部~ふくらはぎの痛みは

だいぶ痛みが取れました。


今は左腰よりも右腰部のハリ感の方が気になるくらいに

左下肢の坐骨神経痛様の痛みは軽減しています。


右腰部のハリ感も

下肢の操法で脛骨腓骨を締めたり

足首を調整すると取れてきます。



寝ている姿勢・座っている姿勢ではそれほど症状が出なくなりましたが

立っていたり歩いているとハリ感が出やすいのも

脛腓関節や足首からの影響が大きそうです。



症状も軽減しセルフエクササイズで自己管理もできるようになってきたので

少しずつ間隔を開けていくこととして年を越すことにしました。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!









  

Posted by 元氣が一番! at 18:31Comments(0)腰の症状

2014年01月08日

ウン十年来の慢性腰痛と首の可動痛の60代女性 1

紹介で来室の60歳代の女性、

ウン十年来の慢性腰痛と首の可動痛があります。


お話しを伺いながら動作確認をすると

腰痛は座っていると腰が痛くなり、立っている方が楽。

仰向けになると腰が痛い。

首はやはり、上を向く・左右に振り向くと痛い状態です。




首の関節動作法で、可動痛を解除して行きます。

先ず上向きから...少し場所を探しながら数回


紹介者の方は『へぇ~ こんなに向けるようになっている』

と喜んでいらっしゃいますが

ご本人さんの感想は

『まだ最後の所で痛みがあるんです。』


痛み・症状が改善したことよりも

残っている痛み・症状が気になるタイプのようです。


このタイプの人は心理指導も重要になります。


次に左右の振り向きも3回ずつ行い

『いくらか楽になった』 と云うところで施術台へ。



脚を伸ばして仰向けになると腰が痛いので

腰の反り(S字)を確認すると腰の反りがありません。



生理彎曲を作る操法をして確かめると

「今は大丈夫」


段々と肯定的な返答が多くなってきました。



うつ伏せになって下半身の緊張を緩めるため

踵をお尻に付ける操体法をやりながら

『膝とかの痛みは大丈夫ですか、正坐できますか?』


『正坐は膝が痛いのでもう何年もしていない』

そうです。


でも踵はぴったりとお尻についているので

膝には問題はなさそうです。



うつ伏せでも腰の生理彎曲(S字)を作る操法を行い

更に股関節の可動域を整えた処で一度正坐をしてもらいます。


『あれ! 膝痛くないよ!』

この日一番の嬉しそうな声です。(あ~良かった。)


そう、彼女のヒザ痛は

腰の生理彎曲が失われた為に痛みが出ていた可能性があります。


更に腰背部を緩め、肩甲骨から首にかけて緊張を解いていきます。

最後に腹部の張りを確認して行きます。


お腹の張りもいつの間にか気にならなくなっています。




起き上がって腰の痛み・首の可動痛・お腹の張り・膝の屈伸を

確認してもらった処『大分楽になった!』そうなので

腰の生理彎曲を作るセルフエクササイズを指導して終了しました。


彼女の場合、腰の生理湾曲が失われていることが

色々な身体の不調の大元になっている可能性があります。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





  

Posted by 元氣が一番! at 18:15Comments(0)腰の症状

2013年12月10日

数年まえからの慢性腰痛・1年前からの肩首の痛み 2

数年まえからの慢性腰痛・1年前からの肩首の痛み

で来室のNさん(40代女性パート勤務)。


慢性的な腰痛に加えて

パートは立ち仕事で少しうつむき加減の姿勢をとるために

首肩の強いコリ・痛みで悩まされています。



来室時の症状は

首肩の強いコリ、首と右肩には可動痛。

腰は同じ姿勢をとっていると辛い、そこからの動き始めが痛い。

仰向けで足を伸ばすと痛い、寝返りが痛い

状態です。


前回の施術の模様はこちら




2回目(1週間後)

仕事中は痛みが出てしまいますが

帰宅してセルフエクササイズを行えば症状が緩和するようになっています。


Nさんもトコベルをご用意されたので

締め方をおさらいしてから施術に入りました。


来室は仕事が休みの日の午前中ですが

来室時には朝起きた時の痛みはかなり軽減しています。


今回は4の字の操法から行ってみます。

膝倒し・カカト伸ばし・バンザイなどを確認しておいて

Nさん用の4の字の体勢を設計し10秒から20秒くらい

気持ち良く伸びをしてもらいます。


2回程行って先程のひざ倒し・カカト伸ばし・バンザイを確認します。

僅かにひざ倒しとバンザイで違和感が残りますが

かなりの可動域の改善になりました。


残るひざ倒しの違和感は左の足首をサラシ固定するととれ

右肩のバンザイでの引っ掛かりは右前腕を固定すると改善しました。


動きの改善が出来たところで前回同様大腰筋のトレーニングを行います。

横向け寝で足の動きをサポートしながら

自転車漕ぎの動作をして数十回行います。


この動作法で腰背部・腹部の筋緊張が緩み

腰椎の生理彎曲を取り戻すことが出来ます。



最後に座位から立ち上がる時の違和感を

腰背部(主にL1横)の動作法でとり次回としました。


今回の調整で骨盤・左足首・右前腕の弛みが確認できましたので

保護のために固定をしてもらうこととしました。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  


Posted by 元氣が一番! at 18:53Comments(0)腰の症状

2013年12月08日

数年まえからの慢性腰痛・1年前からの肩首の痛み 1

数年まえからの慢性腰痛・1年前からの肩首の痛み

で来室のNさん(40代女性パート勤務)。


慢性的な腰痛に加えて

パートは立ち仕事で少しうつむき加減の姿勢をとるために

首肩の強いコリ・痛みで悩まされています。



来室時の症状は

首肩の強いコリ、首と右肩には可動痛。

腰は同じ姿勢をとっていると辛い、そこからの動き始めが痛い。

仰向けで足を伸ばすと痛い、寝返りが痛い

状態です。


先ず初回は身体の歪みをとり

各関節の可動範囲を調整していきます。



仰向けになって足を伸ばせない症状から。

骨盤の歪みをとりながら股関節の伸展屈曲の可動痛をとっておいて

揺らしを掛けながら腰背部を緩めます。

次に腹部の緊張を緩めてみると

「足を伸ばせるようになりました。」


今度は寝返り痛。

右への寝返りは痛くないが左への寝返りが痛いので

腸骨の歪みから来ていると診立て

腸骨の関節動作法を行いながら数回寝返りをしてもらいます。

「アッ これも痛くない。」


寝返りが出来るようになった所で

横向け寝での大腰筋のエクササイズを行います。


これで骨盤を引き締める下地が出来たので

トコベルで骨盤を締めると

「あ~ コシが楽~」



次は肩首周辺の張りをとります。

筋ゆるでユラユラさせながら肩甲骨周辺

胸筋周辺を緩めてバンザイで確認します。


「大分動くようになってますが

右肩を上げた時に痛みがあります。」


この痛みは前腕(肘寄り)を締めてみると取れました。

「身体って繋がっているんですねぇ」



「身体ってホント面白いですよね」



最後に首の関節動作法で可動域を広げて次回としました。



自分で痛みをコントロールできるように

無理のない範囲でセルフエクササイズを続けてみましょう。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




  


Posted by 元氣が一番! at 19:10Comments(0)腰の症状

2013年12月07日

1年前から痛みが強くなった慢性腰痛のお母さん 4

数年まえにお嬢さんがオスグットで通院し改善したことのあったKさん(事務職)。


今回はお母さんであるKさんの腰痛。


20年来の慢性腰痛があったそうですが

1年くらい前から痛みが強くなり

近くのカイロや鍼灸へ通っていたそうです。


最盛期の痛みは緩和したものの

頑固な痛みは残ってしまい

遠路北毛から当室へ相談へ見えられました。



初回来室時の痛みは

横になっている時以外の姿勢で左臀部に痛みがあり

特に歩いていると左腿裏に痛みが強くなるそうです。

特に後屈は出来ない状態で

左ハムストリングには圧痛がありました。



4~6回目

当初の痛みは2,3割にまで軽減しているようですが

施術後のようなすっきりと取れた状態が安定しないようです。


左の臀部・大腿部の痛みが治まってきて

逆に右の腰背部の張り・重い感じが気になってもきました。


この「変化」は今までの痛みのバランスから

身体が整う過程で古い症状が出てきている可能性があります。

全体的に痛みが軽減している中での痛みの移動なので

良い変化と見て良いでしょう。



Kさんの場合、下肢の操法で

右腰の張り・重さが取れてきます。


少し重点的に足首や下腿部の操法で

骨盤を調整していきます。



仰向けでカカト伸ばし・足首の内旋外旋・恥骨の調整で

ほぼ右腰の張り・左臀部の突っ張りはとれました。


施術後の確認で立位になった時に残る右腰のハリは

座位のセルフエクササイズでとれました。



痛みが強くなったのはこの1年ですが

そもそもは20年来の慢性腰痛なので

痛みを庇うために身体を歪める癖が付いているようです。


この際「長年のツケ」を清算するつもりで

しっかり改善していきましょう。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




  


Posted by 元氣が一番! at 18:57Comments(0)腰の症状

2013年11月30日

半年で2度目のぎっくりの腰になってしまった主婦

1週間前にぎっくり腰を起こしてしまった40代の主婦。

この半年間で2回目のぎっくり腰だそうです。


腰を屈めていて伸ばすときに痛みが出て

現在は立ったり座ったりや車の乗り降りで痛みが残っているそうです。


初回来室時の動作検査では

前屈・後屈・右捻りで左腰に痛みが出て

全体的に腰が重い感じがしているようです。


整形では側ワンも指摘されたそうで90度前屈で

背中右側に膨隆が認められます。


当初は寝返りなどでも痛みがありましたが

現在は寝ている姿勢・寝返りなどでは痛みはありません。



基本通り足関節から可動域をチェックしながら

左右差を解消し、筋緊張を緩めて行きます。


膝倒しで腰部・肩甲骨の可動を拡げ

体幹の歪みをとっていきますが

肩(肩甲骨)に制限が残るので

カウンタストレインで緩めていきます。




ここで一度立って確認してもらいます。

「わぁ~ 楽だ~!」




施術前に確認した痛みはほぼ解消できました。

背中の膨隆もかなり目立たない程度まで改善していました。

側彎というより身体のアンバランスで

「結果として側彎に見えていた」のかもしれません。



立位で腰の関節動作法を行い次回としました。





ぎっくり腰は

「とりあえず」の応急処置で痛みが取れたのを

「治った」と思ってしてしまうから

「クセになる」のです。



痛みが取れた! = 完治!! では無いのです。



痛みが軽減しても身体の歪みが残っている状態とは

「筋肉の伸び縮みを感知するセンサー=筋紡錘」がロックして

筋肉に「縮みなさい」という命令を出しっぱなしになってしまい

一部の筋肉がロック(拘縮)して伸び縮みしにくくなっている状態です。



筋肉のロック(拘縮)は揉んだり、叩いたり、引っ張ったりしても解除されません。

かえって強い刺激を与えてしまう事で

「また、負荷がかかった、もっと頑張って護らなくては...」

と、筋肉にある筋紡錘は感じ取ります。

そして、ますます拘縮を強めてしまうことになります。

筋肉のロックを解除して身体の緊張を緩めるためには

『身体(筋紡錘)に安全だからロックを解除しても大丈夫!』

と教えてあげるようなやさしい施術が有効です。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





  


Posted by 元氣が一番! at 18:07Comments(0)腰の症状

2013年10月22日

前屈みの状態から身体を起こすのが辛い腰痛 1

身体を起こす(直立する)と腰が痛いKさん(40代・事務職)


1週間位前に重たいものを運んでからの症状です。


動作確認をすると身体を起こす他に

仰向けで足を伸ばすと痛い

寝返りで痛い状態でした。


痛みのある場所は右の腰部でした。


仰向けで足を伸ばすと痛い・身体を反らせない痛みは

腹部の硬直や腰の反りが失われていることが考えられます。



仰向けで膝を立てた姿勢で足首反らしをしていきます。

膝裏の圧痛を目安に足首反らしをして3回程で

ヒカガミの圧痛が取れましたので

足を伸ばしてもらいます。

「少し違和感がありますが、伸ばせます。」


次に頭部第2で腹直筋を緩めていきます。

「これなら足を伸ばしても大丈夫です」


次に寝返りの痛みです。

右に寝返りはまだマシで

左への寝返りは痛みが強いようです。


左右の腸骨の歪みをチェックすると

右が下方・左が上方でしたので

右を〇〇して寝返りをしてもらうと

「エッ あまり痛くないです。」


3回繰り返して痛みのない状態を身体に学習させていきます。


これで一度立って貰うと

「身体を起こせます。楽です。」
となりました。



セルフエクササイズをおさらいして次回としました。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!









  


Posted by 元氣が一番! at 19:49Comments(0)腰の症状

2013年10月21日

1年前から痛みが強くなった慢性腰痛のお母さん 3

数年まえにお嬢さんがオスグットで通院し改善したことのあったKさん(事務職)。


今回はお母さんであるKさんの腰痛。


20年来の慢性腰痛があったそうですが

1年くらい前から痛みが強くなり

近くのカイロや鍼灸へ通っていたそうです。


最盛期の痛みは緩和したものの

頑固な痛みは残ってしまい

遠路北毛から当室へ相談へ見えられました。



初回来室時の痛みは

横になっている時以外の姿勢で左臀部に痛みがあり

特に歩いていると左腿裏に痛みが強くなるそうです。

特に後屈は出来ない状態で

左ハムストリングには圧痛がありました。



3回目(1週間後)

この1週間も前半は痛みもなく順調でしたが

後半は少し痛みが出たそうです。


セルフエクササイズで軽減はしますが

「ここみたいにスッキリと取れない」のはちょっと気になります。



確かにセルフエクササイズも一人ではやり難い

出来ればペアでやって欲しいものもあるので

もう少し工夫してみましょう。


先ずは現在の痛みを確認すると

「お尻の奥が少し痛い」そうなので

痛みの個所を特定していきます。


梨状筋の仙骨付近、

大殿筋と中殿筋の境(雀班の急処)

の2か所に圧痛があります。

その他に立っていると左腓骨外側に張りがありました。


膝倒し・カカト伸ばし・足首反らしで下半身の調整をして

臀部の痛みは大まか取れてくれました。



次に左腓骨付近の調整をして

下肢のハリを取ってから臀部の圧痛を取っていきます。


再度、残っているお尻の奥の鈍い痛みを取っていきますが

これがなかなか取れてくれません。


搦め手からと腹部の緊張を緩めてみます。


大腰筋の動作法・腹直筋を頭部第2で緩め

股関節の調整で臀部の痛みもようやく取れました。


これで立ちあがって確認

「立ち上る時にちょっと違和感が」


腰仙部を開いて再度確認

「スッキリ痛みも取れました。」


今までも施術ごとに臀部の痛みは取れていましたが

身体全体が整うに従って

より深い奥の痛みが出てきているor

身体の感受性が高まっているように感じました。


大腰筋と殿筋やハムストリングは拮抗関係にあるので

行ったり来たりしながらより深く調整されるのかもしれません。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!












  


Posted by 元氣が一番! at 19:09Comments(0)腰の症状

2013年10月12日

1年前から痛みが強くなった慢性腰痛のお母さん 2

数年まえにお嬢さんがオスグットで通院し改善したことのあったKさん(事務職)。


今回はお母さんであるKさんの腰痛。


20年来の慢性腰痛があったそうですが

1年くらい前から痛みが強くなり

近くのカイロや鍼灸へ通っていたそうです。


最盛期の痛みは緩和したものの

頑固な痛みは残ってしまい

遠路北毛から当室へ相談へ見えられました。



初回来室時の痛みは

横になっている時以外の姿勢で左臀部に痛みがあり

特に歩いていると左腿裏に痛みが強くなるそうです。

特に後屈は出来ない状態で

左ハムストリングには圧痛がありました。



2回目(1週間後)

初回施術後3日位は痛みもなく安定していたそうです。



日目辺りからデスクワーク時に左臀部に痛みが出始めましたが

骨盤を締めることで軽減することが出来たそうです。


2回目来室時は左臀部に軽い痛みがありましたが

大腿部の痛みは治まっています。


デスクワーク時に骨盤を締めても

前回施術後のような「すごく軽い」状態までには

ならなかったようなので

今回は座位での骨盤の歪み調整から始めます。


座位で骨盤の前後屈・回旋を確認し

足を揃えて左右の膝の位置を目安に

骨盤調整のセルフエクササイズを行います。



先ずは腰椎・骨盤の回旋を調整すると

「まだ奥に痛みがありますが、痛みの範囲が狭くなりました。」

次に骨盤の右後傾・左前傾の調整で

「すごく楽です。」


これで簡易的には骨盤の歪みが取れたと判断し

このまま骨盤の前後屈・左右側屈・回旋のエクササイズを行い

骨盤を安定させておきます。


これならオフィスでも手軽に出来るので

仕事の休憩時にも行ってもらいます。


今度は施術台に仰向けになって

骨盤の開きのチェックです。


立位での状態と比べると

仰向けになると数センチは骨盤が締まります。


腹部のインナーマッスルを動かし

内臓の下垂傾向を改善し

骨盤の引き締めを行います。





最後に足のチェックをしていると

「前から左足の中趾の付け根が痛いんです」

右と比べると左中足骨が開いている(開帳足)ので

テーピングで横アーチを補強すると

中趾の付け根の痛みも消えてくれました。


この左足の不安定さも腰部へ負担をかけていたのかもしれません。


注意事項とセルフエクササイズをおさらいして次回としました。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!








  


Posted by 元氣が一番! at 19:13Comments(0)腰の症状