2015年09月16日

前十字靱帯断裂・半月板損傷の既往歴のあるひざ痛 4

「このまま歩けなくなっちゃうんじゃないかと不安です」

ひざ痛で来室のAさん(50代女性・営業職)


学生時代にスポーツで右膝の前十字靱帯を断裂、

その後内側半月板も損傷してしまったそうです。


前十字靱帯は断裂したまま、

内側半月板は切除しているそうです。


その後は日常生活は普通に送れるまでに回復していましたが

2~3年くらい前から右膝の痛みが発症し

現在では歩くのもままならないようになってしまいました。



初回来室時の症状は

膝の屈曲60度位で痛い、伸展も伸ばしきれない。

右足に体重がかかると痛い、

膝蓋骨下に圧痛、でした。


病院では「ひざ関節が変形していて

ゆくゆくは人工関節の手術が必要ですが

人工関節は20年で入れ替える必要があるので

今は筋トレや装具などを使って

なるべく手術を遅らせましょう」
と云われています。


来室時は不安感が強かったので

「前十字靱帯断裂や半月板損傷でも

日常生活に支障がないくらい回復している方も大勢いらっしゃいます。


こちらの整体室でも痛みの軽減例は多くあります。


心配なのはわかりますが、お医者様の診断は診断として

ちょっと横に置いておいて

手技療法でどの位痛みが減るか試してみましょう。」



と施術に入りました。



4回目(4日後)5回目(5日後)

1日歩きまわった後は内転筋に違和感が出ますが

階段の昇り降りも普通に出来るようになっていました。


内転筋は軽い筋肉痛のようで

横引きで簡単に取れます。


本人は「湿布」をしたいようで

お風呂に入った後、湿布をして寝ているそうです。



6回目(2週間後)

Aさんの仕事で予定変更があり、2週間間隔が空いてしまいました。


Aさんの感覚では「まずます動けていました」とのことでしたが

検査をすると骨盤・背骨の弾力は落ちてしまい

大腿部の緊張も強くなってしまっていました。


セルフエクササイズもあまり熱心に

やっていなかったぼいですface07


痛くないけど少し大腿部が張るので

湿布して寝る...

そしてまた翌日は一日歩いて負荷をかける、の繰り返し。

これでは自然治癒力が働きません。




 

痛みまではいかないが疲労が溜まっている未病状態を

理解してもらう様な施術をしなければなりません。



各関節の可動域を検査し、

その動きをしっかり覚えてもらっておいて

身体の循環を高める操法をしていきます。



そして再度検査をして先程と比べていきます。

「今度はすっと動きますね」

「さっきよりも動きがイイですね」




「この弾力のある状態を保つことで

身体の自然治癒力が働くんですよ。

今の緊張した身体の状態で今までと同じような生活に戻ったら

また症状が戻っちゃいますよ」


体幹の循環を高めた後は

下肢の筋肉を緩め正坐の調整をして次回としました。




前十字靱帯・半月板を損傷し病院では

装具装着で人工関節手術を先に伸ばすしかない膝が

順調に改善してきました。



次の目標は正坐です。


もうしばらくの定期的な施術、毎日のセルフエクササイズが大切です。

油断なく改善していきましょう。




  

Posted by 元氣が一番! at 18:38Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年08月25日

前十字靱帯断裂・半月板損傷の既往歴のあるひざ痛 3

「このまま歩けなくなっちゃうんじゃないかと不安です」

ひざ痛で来室のAさん(50代女性・営業職)


学生時代にスポーツで右膝の前十字靱帯を断裂、

その後内側半月板も損傷してしまったそうです。


前十字靱帯は断裂したまま、

内側半月板は切除しているそうです。


その後は日常生活は普通に送れるまでに回復していましたが

2~3年くらい前から右膝の痛みが発症し

現在では歩くのもままならないようになってしまいました。



初回来室時の症状は

膝の屈曲60度位で痛い、伸展も伸ばしきれない。

右足に体重がかかると痛い、

膝蓋骨下に圧痛、でした。


病院では「ひざ関節が変形していて

ゆくゆくは人工関節の手術が必要ですが

人工関節は20年で入れ替える必要があるので

今は筋トレや装具などを使って

なるべく手術を遅らせましょう」
と云われています。


来室時は不安感が強かったので

「前十字靱帯断裂や半月板損傷でも

日常生活に支障がないくらい回復している方も大勢いらっしゃいます。


こちらの整体室でも痛みの軽減例は多くあります。


心配なのはわかりますが、お医者様の診断は診断として

ちょっと横に置いておいて

手技療法でどの位痛みが減るか試してみましょう。」



と施術に入りました。




3回目(4日後)

「仕事(営業)で長く歩くとひざの内側が気になります。」


痛いまではいきませんが、違和感が出るようです。

が、初回の歩くのも痛い状態を考えれば

見事な回復力です。


ひざの内側から内転筋にかけて圧痛があります。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:16Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年08月09日

前十字靱帯断裂・半月板損傷の既往歴のあるひざ痛 2

「このまま歩けなくなっちゃうんじゃないかと不安です」

ひざ痛で来室のAさん(50代女性・営業職)


学生時代にスポーツで右膝の前十字靱帯を断裂、

その後内側半月板も損傷してしまったそうです。


前十字靱帯は断裂したまま、

内側半月板は切除しているそうです。


その後は日常生活は普通に送れるまでに回復していましたが

2~3年くらい前から右膝の痛みが発症し

現在では歩くのもままならないようになってしまいました。



初回来室時の症状は

膝の屈曲60度位で痛い、伸展も伸ばしきれない。

右足に体重がかかると痛い、

膝蓋骨下に圧痛、でした。


病院では「ひざ関節が変形していて

ゆくゆくは人工関節の手術が必要ですが

人工関節は20年で入れ替える必要があるので

今は筋トレや装具などを使って

なるべく手術を遅らせましょう」
と云われています。


来室時は不安感が強かったので

「前十字靱帯断裂や半月板損傷でも

日常生活に支障がないくらい回復している方も大勢いらっしゃいます。


こちらの整体室でも痛みの軽減例は多くあります。


心配なのはわかりますが、お医者様の診断は診断として

ちょっと横に置いておいて

手技療法でどの位痛みが減るか試してみましょう。」



と施術に入りました。



2回目(5日後)

「〇〇していれば普通に歩く分にはだいぶ楽です。」

よかったです、前回とは表情も違います。

普通に歩けたことで、少し安心されたようです。


階段などはまだ痛み・怖さが残ります。

ひざ・大腿部周辺に圧痛も出ます。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:43Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年07月28日

ダンスで膝を痛めてしゃがむのが辛い・階段が辛い女性 3

お友達の紹介でお越しのGさん(30代女性・公務員)。



去年、趣味のダンスのレッスン中にひざを痛め

病院では前十字靱帯・内側側副靭帯損傷と云われ

電気治療やテーピング・周辺の筋肉の強化を指導されていました。



当初の痛みは緩和したそうですが

1年以上たった今でも

しゃがむと痛い・階段の昇り降りで痛いひざ痛は

残ってしまいました。


当室へはクライアントさんの紹介でした。





痛みのある動作を確認すると

深く曲げると痛い
(普通の椅子は良いがソファーになると痛み)

階段の昇り降りで痛み
(特に降りる時)


膝を内側に倒す(ねじる)と痛み
(左に方向転換しようと右膝を内側に絞る)

ひざの内側下方に弱い目の圧痛がありました。

ひざの引き出し検査と外反テストをすると違和感が出ました。





3回目(4日後)

「階段もゆっくりと下りれば痛くなくなってきました。」


しゃがむのは更に楽にスムーズになっています。

施術前の検査でも

しゃがむのは下までしゃがめるようになっていました。



膝を内に寄せる動きがまだ安定しないようです。

ひざの内側に違和感・軽い痛みが出ます。


ひざ下を締めていると楽だそうです。

  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 16:22Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年07月26日

前十字靱帯断裂・半月板損傷の既往歴のあるひざ痛 1

「このまま歩けなくなっちゃうんじゃないかと不安です」

ひざ痛で来室のAさん(50代女性・営業職)


学生時代にスポーツで右膝の前十字靱帯を断裂、

その後内側半月板も損傷してしまったそうです。


前十字靱帯は断裂したまま、

内側半月板は切除しているそうです。


その後は日常生活は普通に送れるまでに回復していましたが

2~3年くらい前から右膝の痛みが発症し

現在では歩くのもままならないようになってしまいました。



初回来室時の症状は

膝の屈曲60度位で痛い、伸展も伸ばしきれない。

右足に体重がかかると痛い、

膝蓋骨下に圧痛、でした。


病院では「ひざ関節が変形していて

ゆくゆくは人工関節の手術が必要ですが

人工関節は20年で入れ替える必要があるので

今は筋トレや装具などを使って

なるべく手術を遅らせましょう」
と云われています。


来室時は不安感が強かったので

「前十字靱帯断裂や半月板損傷でも

日常生活に支障がないくらい回復している方も大勢いらっしゃいます。


こちらの整体室でも痛みの軽減例は多くあります。


心配なのはわかりますが、お医者様の診断は診断として

ちょっと横に置いておいて

手技療法でどの位痛みが減るか試してみましょう。」



と施術に入りました。




初回

座位で(荷重をかけないで)膝の曲げな伸ばしをしても

痛みが出たのでひざ周辺を触診すると

大腿部はかなり緊張していました。


ひざの安定性確保のため

大腿四頭筋を中心に筋トレしているそうなので

「ひざ痛で筋トレを勧められますが

かえって筋肉を硬直させてしまい

膝の可動域を狭めることもあるんです」


と説明し、

座位のまま横引き・絞りなどで緊張を緩めていきます。


その流れで膝蓋骨周辺の圧痛を確認し

組織復元法で圧痛を取って行きます。


ある程度緩めたところで膝の曲げ伸ばしをしてもらうと

Aさんは半信半疑ながら

「さっきよりも楽です。」

変化を感じられているようです。



関節動作法で膝を曲げるのスムーズになったの確認したところで

「これらの手技で変化が出るのでしたら

しっかり調整すれば

かなり改善出来ると思いますよ。」


と励ましながら施術を進めます。


施術台に仰向けになると

「右膝の伸びないで痛い」そうなので

逆モーションで痛みを改善します。


仰向けが楽になったところでひざ倒し、

右倒しが行きずらいのもひとり操体で改善。



Aさんはひざの痛みによる将来の不安が強かったので

完全じゃありませんが

とにかく痛みを取る(軽減させる)、

そしてそれが自分でも出来ると云う事を

繰り返して行きました。



ここから体幹の循環を高める操法で

自然治癒力を高めていきます。


ひざ下の圧痛や荷重がかかっていない状態での

膝の曲げ伸ばしが改善出来たので

一度起き上がって足踏みをしてもらいます。


かなりしっかりと足踏みしていますが

「まだちょっと痛み・不安感があります...」

右ひざ下はO脚気味ですので

アライメントを整えるためにサラシ固定を、

「だいぶ痛みが軽くなります、

これなら歩けます!」



今後の施術について説明し次回としました。


Aさんの施術後の感想

「あまり何かしてもらった感じはしませんが

膝は軽くなりました。」



当整体室では変化さえすれば

刺激はすくなければ少ないほどいいと考えています。








  

Posted by 元氣が一番! at 15:55Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年07月21日

ダンスで膝を痛めてしゃがむのが辛い・階段が辛い女性 2

お友達の紹介でお越しのGさん(30代女性・公務員)。



去年、趣味のダンスのレッスン中にひざを痛め

病院では前十字靱帯・内側側副靭帯損傷と云われ

電気治療やテーピング・周辺の筋肉の強化を指導されていました。



当初の痛みは緩和したそうですが

1年以上たった今でも

しゃがむと痛い・階段の昇り降りで痛いひざ痛は

残ってしまいました。


当室へはクライアントさんの紹介でした。





痛みのある動作を確認すると

深く曲げると痛い
(普通の椅子は良いがソファーになると痛み)

階段の昇り降りで痛み
(特に降りる時)


膝を内側に倒す(ねじる)と痛み
(左に方向転換しようと右膝を内側に絞る)

ひざの内側下方に弱い目の圧痛がありました。

ひざの引き出し検査と外反テストをすると違和感が出ました。





2回目(4日後)

「階段の昇り降りはまだちょっと怖いけど

しゃがむのは大分楽になりました。」


膝の屈曲伸展は前回の変化を維持できていました。


膝を内側に倒す(捩じる)動きは

内転筋のセルフエクササイズの後は楽になるそうですが

安定しずらいようです。


今回は階段の昇り降りと

内側に倒す動きをターゲットに

施術を進めていきます。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:15Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年07月18日

ダンスで膝を痛めてしゃがむのが辛い・階段が辛い女性 1

お友達の紹介でお越しのGさん(30代女性・公務員)。



去年、趣味のダンスのレッスン中にひざを痛め

病院では前十字靱帯・内側側副靭帯損傷と云われ

電気治療やテーピング・周辺の筋肉の強化を指導されていました。



当初の痛みは緩和したそうですが

1年以上たった今でも

しゃがむと痛い・階段の昇り降りで痛いひざ痛は

残ってしまいました。


当室へはクライアントさんの紹介でした。





痛みのある動作を確認すると

深く曲げると痛い
(普通の椅子は良いがソファーになると痛み)

階段の昇り降りで痛み
(特に降りる時)


膝を内側に倒す(ねじる)と痛み
(左に方向転換しようと右膝を内側に絞る)

ひざの内側下方に弱い目の圧痛がありました。

ひざの引き出し検査と外反テストをすると違和感が出ました。



初回

膝に痛みのある動作を確認していると

内転筋の影響が大きいようでしたので

簡易的に内転筋を調整して動作してもらうと

「え~ さっきよりもラク!

どうしてですか?」

と軽減します。



またひざの内側の圧痛も

「そんなに気にならないです。」

と改善しました。


可能性として筋トレが

かえってひざの動きを阻害しているかもしれません。



ここまで確認した所で

体幹の循環を高める操法をしていきます。


全体的な疲労が取れたところで

下肢の関節の可動域を目安に筋肉を緩めていきます。


特に内転筋とハムストリングが

いろいろな関節の制限をしているようでした。

膝の痛みを取るための筋トレの悪影響がありそうです。


ひざが痛いので膝を動かさずにできる

内転筋とハムストリングのストレッチをしながら

膝の可動域を調整していきます。



「こんなに曲がった右膝を見るのは

久しぶりのような気がします。」




バランスのため左側もチェックをしつつ

緩めておきました。

もう一度検査をして改善を確認します。



ひざの引き出し・外反テストの違和感は取れていました。

ひざ内側の圧痛も大幅に改善しました。(何となく違和感くらい)


最後に膝の屈曲は正坐までは出来ませんが、

しゃがめるくらいには曲げられるようになりました。





其々の検査で改善されていたので

セルフエクササイズをおさらいして次回としました。



「お友達から話には聞いていましたけど

一度でこんなに改善するなんてびっくりです。」

とても喜んでいただけました。




「自分でもしっかりエクササイズをして

早期改善を目指しましょう。」





  

Posted by 元氣が一番! at 19:50Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年03月24日

「ダイエットしなさい」と云われて続けた膝痛の女性 2

紹介で来室のSさん(40代女性)

3年ほど前にスポーツ中に右膝を捻ってから

膝の曲げ伸ばしで痛みがあるそうです。


Sさんはふくよかな体形で

ひざ痛で病院を受診すると必ず

「ダイエットしなさい」と云われ

ヒ〇ル〇ン酸注射などで痛みが引かなければ手術と云われたそうです。





2回目(1週間後)

「正坐はまだ違和感が残りますが

普通に歩いたり、立ったり座ったりではほとんど痛くないんです。」


いま気になるのは

正座と急な階段を上る時だそうです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:14Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年03月11日

「ダイエットしなさい」と云われて続けた膝痛の女性 1

紹介で来室のSさん(40代女性)

3年ほど前にスポーツ中に右膝を捻ってから

膝の曲げ伸ばしで痛みがあるそうです。


Sさんはふくよかな体形で

ひざ痛で病院を受診すると必ず

「ダイエットしなさい」と云われ

ヒ〇ル〇ン酸注射などで痛みが引かなければ手術と云われたそうです。




初回

今日は歩いていても違和感があるそうで

膝を曲げると90度位の所で痛み、

伸ばす時は大丈夫。


その他に朝起きた時に腰が痛い

寝腰の症状があるそうです。



最初に関節動作法で

当室の整体の適応か確認してみると

「エッ 先生何したんですか?!

さっきよりもずいぶん楽です。」




「これなら膝関節が壊れている訳ではなさそうですから

整体でもよくなりますよ。

今の動作法を覚えて自宅でもやってみるといいですよ」





痛みが改善するのを確認してから

改めて施術に入りました。



体幹の循環を高め関節の緊張を緩めていきます。

一通り循環を高めて関節の可動域をチェックすると

「すご~い。」

かなり喜んで頂けているようです。


可動制限が残るのは右膝ではなくて右股関節、

右股関節の可動制限は右足首で反応がありました。


右足首周辺の緊張を取り可動域を改善すると

右股関節の可動域も改善し

まだ少し違和感が残るものの

正座が出来るまで膝も曲がるようになりました。




今回は深追いせずにここまでとし

寝腰のセルフエクササイズと

足首を緩める操体をレクチャーして次回としました。


施術後

「Sさんよかったですね、

大分曲がるようになりましたね!」


「今までいくつかの病院で

ダイエットしないとひざ痛は取れないどころか

歩けなくなるって云われていたんです。

先日お友達からこちらで膝が良くなったって聞いて...

しかもダイエットしなさいとも言われなかったそうで...」



「ふくよかな人で膝の痛くない人もいれば

痩せていてもひざが痛い人もいるから

体重はあんまり関係ないんじゃないですかね。」


こんな会話に安心されたようで、

笑顔で帰られました。






  

Posted by 元氣が一番! at 19:08Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年02月15日

前十字靱帯再建手術をしている方の膝痛の施術 2

定期メンテナンスに来室されるGさん(40代会社員)。


前回の記事はこちら



交通事故の後遺症(病院では脳脊髄液減少症とも)と云われた

首・肩・目の痛みの他、

ゴリゴリやりたくなるような凝った感じや

めまい・腕のシビレ・倦怠感などの不快症状も改善し

月2回程度メンテナンスに通って来られています。



最近は体調が回復したので

家族でスキーなどに行く機会が増えて

とても喜んでおられます。


スポーツの後、2~3日後に疲労感や左膝の痛みを感じることが多く

この疲労感・左膝の痛みを改善したいと希望されています。



左膝は学生時代にスポーツで前十字靱帯を痛め

再建手術をしています。


これまでも左膝には不安を抱えていて屈曲痛などもありましたが

関節動作法で改善していました。

しかしスポーツをすると痛み・違和感が出ていました。



痛みが出てもセルフエクササイズで改善していましたが

一歩進んで痛みが出ないようにならないかと相談です。



スキーのフォームの中で

左足小趾側踵側に重心をかけるフォームがあるそうですが

それで痛みが出ます。

その他に胡坐のように膝を開いていくと痛みが出ます。




2回目(1ヶ月後)

仕事のシフトが不規則になって

前回から1ヶ月過ぎてしまいました。


「ひざの調子も目や肩の状態もとてもよかったのですが

4~5日前位から寝ても疲れが取れない感じになってしまいました。

特に朝が辛い感じです。」


来室時は

首・肩・腰・ひざなどは硬い感じですが

特に痛みはなく、

「これまでと比べると身体が重い」感じだそうです。

前回の膝はスキーや家族旅行で長く歩いても

以前のような痛みが出なかったそうです。




  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:42Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年02月07日

何年も前から膝痛で歩くのも大変な70代女性 2

クライアントさんからの紹介で来室のHさん(70代女性)


何年も前からのひざ痛で

最初は左膝が痛くなりましたが、

庇っていたため、今では両膝が痛くなってしまっています。



色々な病院・治療院へ通ったそうですが

ひざ痛は改善されず、痛みは進行してしまいました。


来室時は

歩くと両膝が痛く、足を引きずるように歩いている。

階段は痛くて・怖くて昇れない。

椅子から立ち上がる時痛みがある。

現在は両膝に痛みがありますが、右膝の方が痛みが強く、

ひざ周辺に圧痛もあります。



前回の記事



2回目(2週間後)

1回目の施術の後

風邪をひいてしまい2週間空いてしまいました。


「それでも結構楽でした」


ひざ周辺の圧痛はほぼ取れ

室内なら歩くのもだいぶ楽だそうです。


椅子から立ち上がるのは

痛い時と痛くない時があるそうです。



来室時はちょっと痛みがありました。


階段はまだ痛みがあります。  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 12:29Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年01月21日

前十字靱帯再建手術をしている方の膝痛の施術 1

定期メンテナンスに来室されるGさん(40代会社員)。


前回の記事はこちら



交通事故の後遺症(病院では脳脊髄液減少症とも)と云われた

首・肩・目の痛みの他、

ゴリゴリやりたくなるような凝った感じや

めまい・腕のシビレ・倦怠感などの不快症状も改善し

月2回程度メンテナンスに通って来られています。



最近は体調が回復したので

家族でスキーなどに行く機会が増えて

とても喜んでおられます。


スポーツの後、2~3日後に疲労感や左膝の痛みを感じることが多く

この疲労感・左膝の痛みを改善したいと希望されています。



左膝は学生時代にスポーツで前十字靱帯を痛め

再建手術をしています。


これまでも左膝には不安を抱えていて屈曲痛などもありましたが

関節動作法で改善していました。

しかしスポーツをすると痛み・違和感が出ていました。



痛みが出てもセルフエクササイズで改善していましたが

一歩進んで痛みが出ないようにならないかと相談です。



今回はスキーへ行った翌日の施術です。


最初に痛みのでる動作・姿勢を確認をしていきます。

スキーのフォームの中で

左足小趾側踵側に重心をかけるフォームがあるそうですが

それで痛みが出ます。

その他に胡坐のように膝を開いていくと痛みが出ます。



以前あった膝の屈伸・伸展しての痛みは

今回はありませんでした。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:28Comments(0)膝(ひざ)の症状

2015年01月13日

何年も前から膝痛で歩くのも大変な70代女性 1

クライアントさんからの紹介で来室のHさん(70代女性)


何年も前からのひざ痛で

最初は左膝が痛くなりましたが、

庇っていたため、今では両膝が痛くなってしまっています。



色々な病院・治療院へ通ったそうですが

ひざ痛は改善されず、痛みは進行してしまいました。


来室時は

歩くと両膝が痛く、足を引きずるように歩いている。

階段は痛くて・怖くて昇れない。

椅子から立ち上がる時痛みがある。

現在は両膝に痛みがありますが、右膝の方が痛みが強く、

ひざ周辺に圧痛もあります。



最初にこの圧痛から取っていきます。


『押すと痛いところがあれば取りますから、云ってくださいね。』



痛みを確認して筋ゆるで30秒、

『あらっ いいわねぇ!』

軽く触れたり揺らしたりしていると

圧痛も軽減してくれます。


  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 17:24Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年12月17日

立ったり捻ると右ひざ内側(鵞足部)が痛い会社員さん 3

9月下旬頃から膝が痛くなってしまったUさん(40代男性会社員)

ネットで見て来室されました。


山登りが趣味で、歩けなくなる程ではないそうですが、

痛みでかなり動きは制限されていそうです。



来室時の主な症状は

左右両ひざが痛いが特に右膝の内側(がそく部)が痛い、

椅子から立つ時や

膝が捻じれる時(座っていて股関節を内外旋する)時痛い

右膝の内側には圧痛がある、状態でした。




3回目(4日後)

「山歩きをしてきましたが

まあまあ楽でした。」




少し筋肉痛のような痛みもあったようですが

整体を受けられる前と比べると

膝もずいぶん楽だったようです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:57Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年12月08日

立ったり捻ると右ひざ内側(鵞足部)が痛い会社員さん 2

9月下旬頃から膝が痛くなってしまったUさん(40代男性会社員)

ネットで見て来室されました。


山登りが趣味で歩けなくなる程ではないそうですが

かなり動きは制限されていそうです。



来室時の主な症状は

左右両ひざが痛いが特に右膝の内側が痛い、

椅子から立つ時や

膝が捻じれる時(座っていて股関節を内外旋する)時痛い

右膝の内側には圧痛がある、状態でした。




2回目(4日後)

「立ったり座ったりでの痛みはまし、

フトした動作の時、痛みが出ることがあります。」




少し変化を実感してもらえたようです。



  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 12:29Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年11月29日

立ったり捻ると右ひざ内側(鵞足部)が痛い会社員さん 1

9月下旬頃から膝が痛くなってしまったUさん(40代男性会社員)

ネットで見て来室されました。


山登りが趣味で、歩けなくなる程ではないそうですが、

痛みでかなり動きは制限されていそうです。



来室時の主な症状は

左右両ひざが痛いが特に右膝の内側が痛い、

椅子から立つ時や

膝が捻じれる時(座っていて股関節を内外旋する)時痛い

右膝の内側には圧痛がある、状態でした。



初回

痛みなどを確認した後

まず右ひざ内側の圧痛の解除から始めます。


組織復元法で周りから調整しますが

「ちょっとマシになったかなぁ?」
位の変化でした。

問題はここら辺にはなさそうですので

早速 循環を高める操法を行います。

  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 18:56Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年11月08日

遠方からの不調者さん 奥様の両ひざ痛

遠方(茨城)からの不調者さんHさん、今ではすっかり改善し

忙しい仕事の合間に月に数回のゴルフを頼んでおられます。

Hさんの記事はこちら


今回は奥様の両ひざ痛です。



少し前に自転車に乗っていて

無理な態勢で足を付いてからの痛み?

位しか覚えがないそうです。



来室時は

歩くと痛い

階段の昇り降りが辛い

正坐は出来るが痛い

ひざ下に圧痛がある

状態でした。

  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:02Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年09月17日

首・肩・腰・膝痛の60代主婦

数年前まで定期的に身体の調整に来られていたMさん(60代主婦)


ご主人の転勤で県外へ引っ越されていましたが

先日帰省された時、久しぶりに来室されました。


以前の記録を見ると首こり・肩こり・腰の疲労などを訴えていました。


今回は

・上を向いた時の首痛

・左肩の挙上痛  90度位で痛み

・腰の伸展痛(反らすと痛い)

・膝の屈曲痛などがありました。




以前来られたころとは多少やり方は変わっていますが

「押したり・揉んだり・ボキボキしない」基本は変わりません

と説明して施術に入ります。




  続きを読む

Posted by 元氣が一番! at 19:31Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年08月13日

両ひざ痛で鵞足(がそく)炎と云われている会社員さん 5

4~5年前からの両ひざ痛で来室の会社員のCさん(50代男性)

両膝とも内側下方の「がそく」と云われる部分に圧痛・可動痛があり

病院では「鵞足炎(がそく炎)」と云われています。



最もひどい時には浮腫んだり膝に水が溜まったり

夜も眠れない様な炎症の痛みがあったそうです。



初回来室時の症状は

しゃがんだ姿勢から膝を伸ばすと痛い、(曲げるのはそれ程でもない)

階段の昇り降りで痛い、

小走りで痛い、

膝の内側下方に圧痛がありました。

この他に首や右肩のコリ・痛みがありました。



ちょっと投稿が遅れましたが

5回目(1週間後)

「足の親趾を意識するようにしていたら

小走りでも横断歩道くらいなら痛くなくなりました。」


タオルギャザーも気がつけばやってくれているそうです。


右肩の違和感も今では

「そう云えばそんなこともありましたねぇ」

くらい改善しています。


今回も身体の循環力を高め

疲労をとって行く施術から始めます。


最初に各関節の可動域を確認しておいてから

骨盤と首を調整していきます。


調整具合を確認するために時折

関節の動きをチェックしていきますが

毎回Cさんは「変わるもんなんですねぇ」

と、とても喜んでくれます。


今回のひざ痛もCさんの「身体が変わるのが嬉しい」気持ちが

より身体を改善してくれているような気がします。



やっぱり自分の身体の悪い所ばかりを気にするよりも

自分の身体が良くなっていくのを喜べる人の方が

改善もスムーズな気がします。




体幹の調整が終わった後は前回同様に

脛骨内側の硬結をチェックしていきます。


前回ほどではありませんが

少し硬結が出ていました。


これはちょっと痛いですがしっかりと処理していきます。




ここで一度確認のために膝の屈伸とジャンプをしてもらいます。


先ずは膝の屈伸

「深く曲げてから立ち上がる時も痛みはありません。」

次はジャンプ

「ジャンプも大丈夫です!」


症状的にはほとんど取れ

ご自身でもしっかりセルフエクササイズを行い戻りもそれほど無いので

今回で卒業として定期メンテナンスの話をして終了としました。



先入観なく身体をチェックし適切な施術を行い

クライアントさんもしっかりセルフエクササイズを行えば

数年来の鵞足(がそく)炎と云われた両ひざ痛も

キチンと改善することが出来ます。



慢性症状でなかなか改善せずに諦めている人も

回復の可能性があります。


改善状況には個人差がありますが

諦めずにご相談ください。





  

Posted by 元氣が一番! at 19:01Comments(0)膝(ひざ)の症状

2014年07月26日

両ひざ痛で鵞足(がそく)炎と云われている会社員さん 4

4~5年前からの両ひざ痛で来室の会社員のCさん(50代男性)

両膝とも内側下方の「がそく」と云われる部分に圧痛・可動痛があり

病院では「鵞足炎(がそく炎)」と云われています。



最もひどい時には浮腫んだり膝に水が溜まったり

夜も眠れない様な炎症の痛みがあったそうです。



初回来室時の症状は

しゃがんだ姿勢から膝を伸ばすと痛い、(曲げるのはそれ程でもない)

階段の昇り降りで痛い、

小走りで痛い、

膝の内側下方に圧痛がありました。

この他に首や右肩のコリ・痛みがありました。




4回目(1週間後)

「もう階段も大丈夫です。

今は小走りの時にちょっと痛い位です」


順調に痛みが取れています。

膝の屈伸も深く曲げた後に立ちあがる痛みも取れていました。


小走りの痛みを確認するために

何度か連続してジャンプをしてもらいます。


最初はそうでもないようですが、続けてジャンプしていると

違和感・痛みが出てきます。



今回はこの痛みをターゲットにして施術をしていきます。


先ずは身体の状態の検査から。

以前引っかかりがあった右肩の外転(横から挙げる)や

体幹の右捻りもスムーズに動いています。


少し臀部には張りがあるようですので

身体の循環を調整して疲労をとって行きます。



次に股関節と膝関節の可動域をチェックし

少し残っていた右股関節の可動を改善していきます。


今回も左肩の調整で改善できました。


一時的な負担と云うよりも

長年の癖的なもので起きているのかもしれません。



寝ている姿勢では動かしても膝関節には

何ら問題ないので立った姿勢で再度確認していきます。


深く膝を曲げてからの伸展も違和感はありません。


軽めのジャンプを継続していると

「さっきよりも良いんですが

ちょっと違和感が出始めました。」



ジャンプを始めた頃と違和感が出始めた頃を比べると

徐々につま先が内旋してくるように見受けられます。



試しに「気をつけ」位につま先を開いてジャンプを続けてもらうと

「これならそんな気にならないですね!」



ひざ下の脛の部分が内旋して

結果として膝が捻じれていくのかもしれません。



脛骨内側の硬結をとって(これはかなり痛いです)

足関節の調整をして再確認です。

「これだと楽です。しばらく続けていても膝に来ません。」


今までのセルフエクササイズに

タオルギャザーを追加して次回としました。



ギュウギュウ揉まない・ボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






  

Posted by 元氣が一番! at 18:46Comments(0)膝(ひざ)の症状