2010年05月17日

オスグットだからって諦めなくて良いからね! ①

オスグッド病
膝蓋骨の1~2cm下の場所が腫れ、痛みを起こす病気です。
成長期の男子に多く発生し、足を頻繁に使うスポーツなどで症状が誘発される事もあるため、スポーツ障害の一つとしても考えられています。
症状は2~3年で自然に消失して行きます。


このように説明されることが多いオスグットですが

経験的に捕捉すると

武道系の競技をしている子は少ない。
(正坐の習慣があるからだと考えています。)

確かに女子は少ない。

(男性より筋肉の柔軟性があるからだと考えています。)

症状ですが、問題は

症状は2~3年で自然に消失して行きます。

と云う常識(通説)です。

2~3年で自然に消失する、と考えていれば

その段階で思考停止して

痛みの解消努力がストップしてしまいます。

経験では適切な処置をとれば2~3週間で解消することも可能です。

まずは成長痛とか成長期の骨端症とかの

先入観を外してみる必要があると思っています。



先週来院の中1のY君も3月頃に

オスグットと診断された一人です。

最初の動作検査では

ほんの僅かしゃがもうとしただけで

(お尻が10センチも下がったでしょうか?)

両ひざに痛みが走ります。

両ひざの脛骨粗面も軽く触れただけで痛みます。

下半身は緊張でガチガチです。

まずは骨盤・股関節の歪みを解除し

大腿部下腿部の緊張を緩めます。

股関節の可動域を拡げ

組織復元法で脛骨粗面の痛みを取って行きます。

Y君の痛みの場合

脛骨粗面の痛みは比較的取れやすいようで

付き添いのお父さんお母さんも

『指先が白くなるほど押しても痛くないのか?』

と驚かれていました。

そして座位・仰臥位等

下半身に荷重がかかっていない時の

膝の屈曲痛もほぼ取れました。

正坐は少し時間が経つと痛みが出ますが

正坐の姿勢をとるところまでは改善しました。

しかし立位での屈曲痛が残ります。

(伸張性短縮での痛み)

身体の負担を考え初回はこれで終了し

オスグットの自己療法を指導しました。


Y君は3日後の2回目の施術で

まだ少し痛みは残りますが立位での膝の屈曲も

蹲踞(キャッチャーの構える姿勢)が出来るまでになりました。

初回に指導した腰の生理湾曲を造る体操も頑張ってやっていたそうです。

『相談者の症状により個人差はありますが

当整体院のオスグット相談者は

数回~10回位の施術で

通常の練習をしても再発しなくなるケースが

殆どです。

スポーツを止めたり

2~3年後に自然に消失するのを

待つしかない症状ではない』と云う事を

知っていただきたいと思います。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご予約・ご相談は 027-326-3323 までどうぞ。



駅前通りのポットのお花がペチュニアに替わりました。




ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットだからって諦めなくて良いからね! ①
    コメント(0)