元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › パソコン・携帯ユーザーに増えている手首痛・マウス症候群

2010年05月19日

パソコン・携帯ユーザーに増えている手首痛・マウス症候群

長時間のマウスやキーボード操作や

携帯メールの打ちこみ等で

手首や肘・肩等に不調を感じている人が増えています。

Gさんは長年コンピュータ関連の仕事をされ

忙しい時で10何時間もマウス・キーボード操作をしています。

数年前より手首や肘の痛みを感じるようになり

現在では物を持ち上げると痛みを感じ

悪い時は茶碗を持つのも痛いそうです。


マウスなどは本来はそれほど力を入れないでも

操作が出来るものですが

ついつい力が入ってしまう人がいます。

ちょうど鉛筆などを持つ時

親指の関節を曲げて強めに持つ人は

マウスの時も力が入りやすいようで

手首・肘・肩等に不調をもたらします。

Gさんの場合も

前腕部の緊張が強く

トウ骨尺骨間の筋肉が張って感じます。

体幹の歪みを修正してから

肩甲骨周辺・胸筋・力こぶ近辺と

段々と末端部を緩めていき

親指人差し指間の合谷(ごうこく)と

呼ばれる部分まで緩めて確認します。

『お~かなり楽ですねぇ。でもまだ重いもの(カバン)を持つと痛みが出ますね。』

これは肘を回外(前にならえから掌を上に向けた姿勢)で

持ち上げるからまだ痛みが出ます。

手のひらを下に向けて持ち上げると痛みは軽減します。

最後に残る違和感は手首を手甲で締めると

どんな動きをしても痛み・違和感は出ません。

これは長年の手首(靭帯)の負担で関節の緩みがあると思われます。

勿論お仕事はしなければなりませんが

こまめに休息をとることと

しばらくは手首保護のため手甲のように

トウ骨尺骨を締めていると良いでしょう。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご予約・ご相談は 027-326-3323 までどうぞ。





ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 15:59│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パソコン・携帯ユーザーに増えている手首痛・マウス症候群
    コメント(0)