2010年09月01日

有痛性外脛骨の痛みと臀部痛のサッカー少年

T君は中学生のサッカー部員。

2年ほど前に当整体院でオスグットが改善され

中学に入ってもサッカーを続けている。

今回の主訴は『臀部(坐骨付近)の痛み』

6月頃に練習中にグラウンドの段差で

足を踏み外したような格好で転倒して痛めてしまった。

その後は痛みが軽減し安定していたが

最近になって痛みが強くなった。

症状は

座っていて座面に当たっても痛い。

立って荷重がかかっても痛い。(歩いても走っても)

病院や接骨院の診断では『肉離れ』ではないかと云われている。

その他に両脚に有痛性外脛骨がある。(内くるぶし下の痛み)

外脛骨の痛みは足首を伸ばした時(底屈)と圧痛がある。


先ずは土台の足首の調整から

足首の各骨間の遊びを取ってから

関節包内運動を調整し、圧痛は組織復元法を施して確認をする。

足首の底屈での痛みは解消するが、圧痛は少し残る。

『外脛骨は何時頃から痛いの?』

『外脛骨と云われたのが3月頃です。』

良く我慢していたものです。


足首の痛みを我慢して

身体のバランスを崩してしまい(バランスの悪い感じはT君も感じていたそうです)

それでも練習をしていたので

何処か弱い処に負担がしわ寄せ(代償)されて

臀部の痛みとなった、若しくは治りかけていた

肉離れの回復を遅らせている可能性があります。



つぎに臀部の痛いも組織復元法をしていくと圧痛が弱まるので

ひろい範囲に組織復元法を掛け、さらに可動痛が出ない範囲で

股関節を動かしながら組織復元法を掛けていきます。

数回立って痛みの変化を確認しながら

股関節の可動の広がる範囲で組織復元法を掛けていくと

座っての痛みは解消し、院内での軽いジャンプなどでの

荷重痛はかなり軽減していた。

外脛骨の痛みは左足の底屈痛が少し戻るようでしたが

右は可動痛はなくなり、左右の圧痛は少し残りました。



これまでの電気や湿布などの処置ではほとんど軽減しなかった痛みが

1回の施術でここまで改善されたことでT君もお母さんも一安心の様子でした。

が、これからの改善手順が大切です。

先ずは1度しっかり練習を休んで痛みの改善が必要です。

日常生活・学校生活で痛みが無くなるまでは

練習は見学し痛み改善に専念し

日常生活で痛みが無くなってから

別メニューで軽めのジョグやキックから始める必要があります。


お子さんは勿論サッカーを遣りたがりますが

痛みを我慢しながら、もっと症状が悪化するリスクを冒してまで

練習することは避けるべきですし、親や指導者は避けさせるべきです。




早く痛み無く全力プレーが出来るよう、

自己療法もしっかり行って、早期回復を目指しましょう!



『押したり・揉んだり・ボキボキしない』ウルトラソフトな元気が一番整体室の整体を
パリッシュ読者モデルさんが体験リポート!

クリックでマイステージの体験リポートへ移動します。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323 までどうぞ。




ホッとひと息



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
有痛性外脛骨の痛みと臀部痛のサッカー少年
    コメント(0)