2010年11月05日

シンスプリントで両スネ痛の中1の女子バレー部員

埼玉県深谷市から来院の中1女子のNさん。

1カ月ほど前から両スネの内側の痛みがあり

病院での診断は『シンスプリント』(脛骨過労性骨膜炎)

バレー部の練習も別メニューにしている。

それ以前には左右の膝に痛みもあって

オスグットとジャンパーズニー(ジャンパー膝)と診断された。
(現在は殆ど練習をしていないので今は痛みは無い)


先ずはシンスプリントによる

脛内側の圧痛を取って行きます。

先ず左足から組織復元法を数分施し

痛みを確認すると先程より軽減しています。

同じように右足も組織復元法を行い

右足はピンポイントで痛みの強い処(打ち身のような)

があったため、時間をおいて2~3回施し痛みを取りました。


次に膝の屈伸を確認し(痛みはありませんでしたが)

膝の関節動作法で屈曲・伸展時の関節包内運動を調整し

再確認すると、先程よりもスムーズに膝が動くようになりました。

Nさんは普通に動いていると感じている膝関節も

実際はスムーズさに欠けていたのです。

このような状態での練習が膝の故障や

その他への負担を増しシンスプリントと云われるような

疲労性の症状につながった可能性があります。


身体の歪みをチェックし調整しながら

足首・膝・股関節等の下半身の可動性を高め

筋緊張(特にふくらはぎと臀部の硬直は強かったです)を緩めます。

何時も気になる足指ですが

彼女も外反母趾気味になっていて

上手に足指を使えていない事が伺えます。


肩の可動性をチェックする(バンザイ検査)と

下半身の調整をしただけで肩の可動性の左右差が解消しています。

全身はつながっていること1例でしょう。

肩・肩甲骨周辺を緩め再度両スネ・両ひざをチェックします。

脛の圧痛の解消しており屈伸や

整体室内でのジャンプでも

痛みや違和感は再現されなかったため終了としました。


足指を鍛える整体体操とシンスプリントの圧痛を取る自己療法

その他下半身の動作の歪みを取る操体法を指導して

次回としました。


彼女のように故障が続いている場合

単にハードワークで疲労が蓄積しただけで無い

原因があるように思えます。

当整体室では足指の使い方や足裏のバランスが

大きく影響しているとみています。

そして土台から改善しなければ

根本的な解決にはならないと考えています。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら
ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。






『押したり・揉んだり・ボキボキしない』整体院の様子を
パリッシュ読者モデルさんが体験リポートしてくださいました。
興味のある方は是非ご一読ください!

クリックでマイステージの体験リポートへ移動します。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シンスプリントで両スネ痛の中1の女子バレー部員
    コメント(0)