元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › オスグットで膝が痛い、我慢していたら腰も痛くなった。 2

2010年12月06日

オスグットで膝が痛い、我慢していたら腰も痛くなった。 2

Dさんは体操が好きな小6女児。

しばらく前から右膝が痛くなり

それでも我慢して続けていたら左膝も痛くなった。

最近では学校の持久走の練習

(授業以外に自主錬もやっている)で

腰まで痛くなってしまった。

初回の施術で比較的スムーズに痛みが軽減したが

数日練習をして痛みが戻ったようです。

2回目の施術に来院した時は

また痛くなってガッカリしたのか

少しテンションが低めでした。


しかし痛みの検査をすると

来院時は膝の屈伸の痛みも強くはないようですし

腰を反らしての痛みは再現されません。

ジャンプをした時の痛みは有るようです。

膝の痛みは持久走では痛くなく

体操の時痛みが出る。

体操の時は腰の痛みは出なかったそうです。


こういった変化をしっかり確認して

説明してあげるとDさん・お母さんも納得のようです。

前回と同様、歪みをチェックして

筋緊張を解除して

股関節の可動域を調整して行きます。

施術後はやはりその場で確認できる痛み

(膝の屈伸やジャンプ・腰を反らせての痛み)

は解消できています。

むしろ前回よりも短時間で痛みが取れて行きますので

決して元に戻ったのではなく

今の練習量が少し回復力を上回っている状態だと思います。


痛みの出方としては

腰はランニング中に

膝のクッションが効かなくなって

腰が疲労しやすい、

膝は着地のショックで脛骨腓骨が開くことで

関節軸が歪み痛みになりやすい、

事が考えられます。

試しに膝下の固定と足首を固定してみるよう指導し次回としました。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。





痛みが戻ったようでも、
施術を受けたり自己療法をすれば
症状が改善するならば心配ありません。
確実に回復に向かっています。




ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットで膝が痛い、我慢していたら腰も痛くなった。 2
    コメント(0)