2011年01月16日

オスグットによる両ひざ痛の野球少年 初回で10⇒1

去年の秋ごろから膝に痛みを感じ

オスグットと云われた小6の野球少年。

最初は左膝だけでしたが

今では両ひざに痛みがあります。

症状は

膝の屈曲(中腰付近(守備の構える姿勢))で

両ひざに痛みが出る。

膝下に圧痛がある、状態です。


両モモの筋肉を確認すると

特に大腿直筋が硬直しています。

膝下(脛骨粗面)の変形はまだ大きくはありませんが

触れると圧痛があります。

スポーツ選手の場合、日頃のコンディショニングが

症状の改善・再発防止に大きく影響しますから

念の為、病院などで指導されたストレッチを確認します。

『う~む』膝の屈曲痛がある為かも知れませんが

腸腰筋を狙ったストレッチを指導していただいたようです。

最初に膝下の圧痛をとる組織復元法をやってみます。

Y君にも教えながら数分行うと、痛みがだいぶ取れました。

次に当整体院流の膝の屈曲等の関節動作なしで

筋肉をストレッチする方法を指導し

膝関節の関節動作法を試してみます。

この自己療法だけでも

痛みは少し残りますが、しゃがめるようになりました。

これで家庭や練習の前後など自己療法を行うことで

オスグットの痛み(膝下の圧痛とひざ屈曲痛)が取れることが

確認できたことになります。


これから実際に骨盤・股関節の歪みを調整し

大腿部や膝周辺に負担を掛けていた原因を解除して行きます。

彼の場合、左の股関節の可動が制限されているのが

気になります。

野球と云う競技柄、左足を軸足に動作することが多いので

どうしても骨盤・股関節等も

左側に可動制限が起きやすいのかもしれません。

身体の歪みを調整する、三種類ほどの操体法を行い

身体の歪み(静止時の歪み・動作時の歪み)を解除して行きました。

その後改めて動作確認して見ると

最初10の痛みが1まで軽減していたので、次回としました。

オスグットの改善には大腿部のストレッチは必須ですが

大腿部の筋緊張が弛んだだけでは痛みは取れません。

ストレッチと合わせて膝関節の関節包内運動の修正と

膝下の圧痛の改善も行う必要があります。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットによる両ひざ痛の野球少年 初回で10⇒1
    コメント(0)