元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 腰の症状 › 筋肉に刺激を与えると、ロックしてしまうことがあります。

2011年02月08日

筋肉に刺激を与えると、ロックしてしまうことがあります。

Tさんは50歳代のプロスポーツ選手、

日頃からトレーニングを欠かさず

いまも第一線で活躍されています。

日頃から評判の治療院は試してみるなど

身体の手入れも怠りません。


先日もいつものように試合前の身体の手入れに

マッサージを受けたところ

右臀部から股関節にかけて痛みが出て

特に右股関節は歩行時も痛く

足が上がらないそうです。



来室時の痛みは

歩行時に右臀部痛

前屈でも同じく右臀部に痛みが走ります。

マッサージ前には痛みはなかったそうで

施術もそれほど強くはなかったそうです。

筋肉を触診すると触れられる筋肉(アウター)は弾力があり

さすがプロ選手と思わせるカラダです。

そうするとインナーマッスル(深層筋)の問題や

筋肉(主働筋と拮抗筋)のバランスの狂いの可能性が考えられます。


静止状態での骨格の歪みはほとんど見受けられませんが

動作検査をしていくと何箇所もの関節の可動域に

左右・前後差が見られます。

これらの運動系を調整して、痛みの軽減を図っていきます。

まずは仰向けから腰椎の捻りの運動・股関節の開閉・屈曲進展

うつ伏せで膝の屈曲進展・カエル足と動作を調べながら

痛くない動き・楽な動きをサポートしつつ

可動制限を解除していきました。(操体法の手法)


下半身に対する一通りの調整の後

動作確認をして残る痛み・可動制限を調べてもらいます。

歩行時の痛み・股関節屈曲時の痛みは解消していましたが

前傾(前屈)姿勢で臀部に痛みが残りました。

これは股関節屈曲とは関連しない痛みのようなので

骨盤の関節動作法を行ってみたところ

数回の操法で痛みが取れました。

筋肉の緊張をとったりバランスを調整したあとも残る痛みは

痛い動作をしながら関節動作法を行うと痛みが取れることがあります。

これなどは筋肉が痛い動作を学習してしまったせいと考えています。



プロスポーツ選手の身体は(もちろん一般の方もそうですが)

精巧で微妙なバランスをもって動作しています。

ちょっとした筋肉への刺激でロックが掛かってしまったり

主働筋と拮抗筋のバランスの狂いで

痛みや可動制限が起こってしまったのだと考えられます。




群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 13:45│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
筋肉に刺激を与えると、ロックしてしまうことがあります。
    コメント(0)