元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › 力が入って抜けない身体は、脳が緊張している。

2011年04月13日

力が入って抜けない身体は、脳が緊張している。

身体の凝りや痛みを訴えている人に多いのが

「力が抜けない、力の抜き方がわからない」方たちです。


そして大抵の人は、ここで言われるまで気が付いていません。

当整体院の見方では力が抜けない人は

脳が緊張しているために

脳からの命令で筋肉に力が入って

自分の意識ではいくらリラックスしようと思っても

脳からの命令を解除できない状態です。


こんな時どうすればよいか?

軽く揺らしたり、撫でたり、軽く手を触れていてください。

『え~ こんなで効くの?』と思う位の、

本当に軽い刺激でやってみましょう。

すると脳が気持ち良さを感じて

緊張(防御反応)を解いてくれます。


例えば

マウンド上のピッチャーがピンチを迎えて

肩に力が入って自分の意識でうまく抜けない場合

こうしていますね

「手首・指先の力を抜いてブラブラ」

「首の力を抜いてクルクル」

決して叩いたり揉みほぐしたりしていないでしょう。


これが本能的に行っている、力を抜く動作なんです、それもプロが。



その逆に格闘家やお相撲さんは

バンバン身体を叩いていますね。

これは気合を入れる意味もあるのでしょうが

筋肉に緊張が入るんだと思いますね。

ああやると身体に力が入った感じがするんでしょう。

(良いかどうかはわかりませんが)


夜はリラックスのためにヌル目のお風呂が良く

朝はシャキッとするために熱めのシャワーを浴びるのと

似ていますね。





押したり揉んだりボキボキしない
群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027-326-3323
(又は090-4832-2004)までどうぞ。





ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 18:12│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
力が入って抜けない身体は、脳が緊張している。
    コメント(0)