元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 腰の症状 › 『切るほどではないヘルニア』と言われた坐骨神経痛 3

2011年04月23日

『切るほどではないヘルニア』と言われた坐骨神経痛 3

2年ほど前から左ふくらはぎから

大腿部・でん部・腰部まで痛いKさん(40代女性、パート勤務)。


病院では『切るほどではないヘルニア』と診断された。

その後にペインクリニックでブロック注射を受けたが

あまり改善しなかった。

3回目 

下肢の圧痛点をとったのが功を奏したのか

2回目以降は左足の痛みは治まってきた。

Kさんの感覚では『10→3』

痛みはなくなりツッパリ感が残るまでになりました。

もう少しですね。icon22

その代わりといっては何ですが

両足足底に痛みを感じるようになったそうです。

より深い原因が出てきたようです。



Kさんは開帳足なのですが(足指の付け根が広がって
外反母趾内反小趾気味です)

開帳足は重心が外に流れてしまい

腰の反りを失わせて、腰痛の原因になってしまいます。

足裏のアーチを形成するようにテーピングし

組織復元法を行うと痛みが軽減しました。

次のポイントは身体を支える土台の改善ですね。



今回も骨盤・股関節の歪みを取りながら

下肢の圧痛点を処理していきました。


身体に痛みがある状態は、

静止状態にしろ動作時にしろ、

何らかの『歪み』が身体に身についてしまっていると考えています。


回復途中には形状記憶製品のように

油断をすると歪みを戻してしまう事があります。

回復のためには身体に痛みの無い・歪みの無い

バランスの取れた状態を再学習させていきます。

通院して整体を受けること必要ですし

その人の歪みを解消するための

オーダーメードの整体体操も必要になります。


施術後は

『左足(当初の腰痛)はほとんど気にならない。

両足の足底はまだちょっと気になる』


状態まで改善、次回としました。


整体法では

身体を建物に見立てて、力学的に原因を説明することがあります。

腰は身体の要(カナメ)で重要なことは云うまでもありませんが

力学的には下肢や足首・足底の影響を強く受けます。

建物の土台が不安定になれば、

その家の柱や梁も不安定になってしまいます。

その人の身体を診るときは

土台からしっかりと調整する必要があります。




群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027-326-3323
(又は090-4832-2004)までどうぞ。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 13:00│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『切るほどではないヘルニア』と言われた坐骨神経痛 3
    コメント(0)