元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › 足は親趾『手は小指』 ストレッチ教室での手首の相談例

2011年06月03日

足は親趾『手は小指』 ストレッチ教室での手首の相談例

先日のストレッチ教室で四つん這いの姿勢で行う

体操の時、手首痛を訴える方がいらっしゃいました。

手を床に突いたり、手首を曲げると痛みでました。

ジョッキなどを持ったり運んだりしていそうで

腕に負担を掛けているようです。


手首の弛みを想定して、木綿の布で手首を固定すると

痛みは軽減しますが、今一つスッキリと痛みが取れません。

手首の関節動作法を施しますが、あまり変化がありません。


手首で無いとすると肘かなぁ?

検査として肘を回内させて(ハの字にして)手を突くと痛みが消失します。

試しに逆ハの字にすると痛みが増してしまいます。

この方の手首の痛みは肘の関節に問題が見つかりました。

肘関節の回内の操体法をアレンジして行ってもらうと

掌を平行についても痛みは軽減しています。

安定するまで肘を固定すると良いでしょう。

原因としては手を使う時に

小指を効かせられていなかったのかもしれません。


脚は親趾(若しくは拇趾丘)に重心があるとスムーズに働き

手は小指を効かせられると脇が締まって

身体に負担が少なくて済みます。

特に握る動作は(バットやゴルフクラブ、竹刀等)

小指を中心に握り拇指や人差し指は

添える程度とされているのは、この為です。

最近のマウス症候群なども

同様の方法で痛みが解消することが多いようです。


痛い処が悪い処(原因)とは限らない一例でした。




群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。



今日は暑かったですね。久しぶりのアイス




ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 18:35│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
足は親趾『手は小指』 ストレッチ教室での手首の相談例
    コメント(0)