元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › 「楽しいことが人生だ!!」のくみちょうさんが来た。

2011年09月16日

「楽しいことが人生だ!!」のくみちょうさんが来た。

グンブロでも活躍中のくみちょうさんが元気が一番へ整体を受けに来られました。


くみちょうさんの良くまとまった記事はこちら



ここからは施術者側から診た当時の模様

相談内容は

〇ランニング中、両足裏(人差し指中指の付け根付近)が痛い、

〇足裏の痛みを庇う所為か、右股関節付近も痛い、
 
〇右手を床につくと手首が痛い、(半年位前から)

〇寝起きの際腰が痛い、後頭部が重苦しい。


手首以外はここ2週間位の症状だそうです。


最初に座位で骨盤の歪みを調整してみました。

これでは足裏や股関節の症状はあまり変化しませんでした。

次にバランスをチェックしてみますが

バランスも大きく崩れていない状態でした。


骨盤の歪みや重心が大きく崩れていなかったので

次に考えられるのが『弛み』です。

相談内容にもあった『寝起きの腰の痛み』『頭重感』などは

身体の弛みからくることが多い症状です。


ちなみに『緩み』と表記する時は弾力のある良い状態、

『弛み』と表記する時は力が抜けて引き締まれない状態、

の意味で使っています。



先ずは土台の足裏から。

人差し指中指の付け根付近に圧痛があり

筋肉がダメージを受けています。

この圧痛は足の甲を締めている時は

痛みが軽減するので

くみちょうさんの足裏痛は開帳足による

足裏の筋肉のダメージによる痛みと考えられます。



毎朝続けているランニングのフォームに問題がありそうです。

この足裏の横アーチが失われたことで

脛骨腓骨間の弛み・骨盤の弛みへと繋がっているようです。



二度寝も関係ありそうですが。


案の定、骨盤と膝下を締めると動きが軽くなり

右股関節の痛みも軽減したようです。


右手首の背屈痛はこちらでもよく相談を受ける痛みで

多くの場合腱鞘炎と診断され、

湿布をしたりしますがなかなか良くなりません。

これも前椀の筋肉疲労ととう骨尺骨の弛みが主な原因です。


くみちょうさんの場合も、とう骨尺骨を締めたり

前椀の疲労を取ってから関節動作法をしていくと

痛みが軽減して行きます。


一通りの症状の検査と確認が済んだあと

これからが本式の施術の始まりです。


施術台の上で骨盤の弛みを実感してもらいます。

立位できつめに締めたベルトが

仰向けでは少し緩んでいます。

そしてお尻を持ち上げた姿勢になるともっとユルユルに。

骨盤は本来ここまで締まっていてほしいんです。

ここから施術で骨盤の可動や

股関節の可動を整えていきます。


元気が一番の施術の特徴の一つは

『痛いことをしない!』こと。

楽なことをしていくと、痛みは軽減するものなので

動作確認をしながら楽な方楽な方に動いてもらいます。



うつ伏せでは残る骨盤の歪みを調整してから

股関節の可動域を再調整して再びあお向けへ。

この時点で骨盤はかなり締まっています。


そうなんです、特別骨盤を締めることをしなくても

歪みを取って可動域を整えていけば

本来のあるべき骨盤の状態に戻って行くのです。

膝下もここまでの体操で引き締まってきています。


手首痛は前椀の筋肉を緩め

手くびよりまたは肘寄りを締めて

関節動作法を行って行きます。

前椀の緊張・手首の弛みにより動作時に

関節が不正な動きをしてしまっています。


足裏痛は足の甲をテーピング締めて

足が拡がる(横アーチが崩れる)のを防ぎながら

拇指の機能強化のためタオルギャザーをやってもらいしょう。







最後に寝起きの腰痛は来院時(午後)には確認できなかったので

寝腰の体操のプリント渡して起床時に試してもらいます。

私信 

くみちょうさん、寝起きの腰痛如何ですか?

私信終わる。



今まで忙しくて睡眠時間が短めだったのが

最近少し落ち着いて睡眠がとれるようになって(良いことです)

二度寝までしてしまう(これが身体を弛ませます)のも

今回の症状の背景にあるかもしれません。


身体は休養十分・準備OKとなると

朝自然に目が覚めます。

この状態から二度寝をすると

身体は弛み過ぎの状態になってしまいます。

二度寝をすると身体が重いのは弛み過ぎのためです。



くみちょうさんの場合、(手首を除いて)

ここ二週間位の症状で、比較的早く見せて頂けたので

初回でも効果を実感してもらえたようです。

そして効果を長持ちさせるためにも

体操などは継続して続けて頂きたいですね。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。








ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 13:00│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「楽しいことが人生だ!!」のくみちょうさんが来た。
    コメント(0)