2011年11月14日

シンスプリントの痛みで走れない高校生ランナー

土日はスポーツ障害の人が続きました。


Eくんは陸上部で長距離を専門とする高校生ランナー。


一ヵ月半前から走っていて右足の着地時に

すね内側が痛むようになってしまったそうです。


最近では歩いている時も痛みが出て

右すね内側を触っても痛みがあります。

整形外科では「シンスプリント」と言われ

一か月ほど治療を受けていたが

痛みが取れないためHPを見て当整体院へ。


初診

陸上部の練習は別メニューを指示され

ストレッチ程度でほとんど走っていないそうです。


まずは症状・痛みの場所から診断通りシンスプリントと思われます。

シンスプリントの場合、両足が同時に痛むことはほとんどないようです。

それは身体の歪みや下半身への負担が

左右どちらかに偏る原因がある身体と考えています。


E君の身体は骨盤の歪み・股関節の歪みが顕著で

下肢の筋肉の緊張もかなり強い状態です。

先ずは骨盤の歪みを整え

大腿部・下腿部の筋緊張を緩め

股関節の可動域を調整していきます。

関節動作法で足首の関節包内調整を行い、荷重痛を確認します。


『来た時と比べると軽くなりました』

歩いての痛みは軽減したそうです。


今度は脛骨ひ骨間を締めて確認してもらう。

『大分良いです。』

これで歩行時の痛みがほぼなくなりました。



圧痛は組織復元法でほとんど気にならない位になりました。


この状態であれば軽めの(縄跳び位の)

両足ジャンプでは痛みは出ませんでしたが

片足ジャンプは少し痛みが出るようです。


改善が確認できたところで自己療法を指導して次回としました。





あとはこの状態を維持・改善して

練習を再開していくわけですが

今はまだ痛みを取ることが優先です。


中途半端に改善途中で無理をすると

かえって痛みが取れ難くなることもあります。



痛みが取れることが確認出来ているわけですから

焦らずじっくりと改善に取り組んでほしいものです。





オスグット・シンスプリント・有痛性外けい骨などのスポーツ障害も

改善のための理論手法が確立し

改善の実績も数多くあります。

諦めずに1度ご相談ください。


ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら





骨盤の歪み



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シンスプリントの痛みで走れない高校生ランナー
    コメント(0)