元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 腰の症状 › 筋肉が弛みすぎるために起こる腰痛

2011年12月21日

筋肉が弛みすぎるために起こる腰痛

当ブログでも時折紹介している、

所謂『寝腰(ねごし)』

筋肉が弛みすぎるために腰痛となっていると考えられます。

これはインナーマッスルと言われるような深層筋、

腰部でいえば大腰筋・腸骨筋・腰方形筋などが

朝起きたとき等にしっかりと機能していないと

腰痛・腰の張りなどの症状をもたらします。


このような腰痛は筋肉が緊張してくると痛みが軽減し、

日中はあまり痛くない人も多い為、

キチンと処置していない人も多いようです。



先日来院のDさん(40代男性・会社員)。

朝起きた直後は腰が痛いが日中は治まってくる、

休日等に長く寝ていると腰の痛みが強くなる腰痛です。


今まで何ヵ所かの治療院では

『朝起きた直後に筋肉が強張っているから痛い』と説明され

揉み解しや電気治療を受けてきたが改善しなかった。


表面の筋肉を触れてみると、かなり硬直しています。

他所ではこの筋肉の硬直を原因と診て治療したようです。


ヒアリングをしながら観察していても、

Dさんの背骨はS字カーブが失われ、腰が丸まった姿勢です。

体幹の姿勢をキープするための筋肉(インナーマッスル)が

弱い・上手く働いていないように見受けられます。



最初に四つん這いの姿勢で

生理湾曲を作る操法をしていきましたが、

それだけでも腰の重だるさが軽減しました。

次に硬直したアウターマッスルを緩め、

インナーマッスルには緊張を入れていきます。



数種類の活性化法を行って確認すると

『ずいぶん軽く動かせるようになりました。』

ジッとしていての重だるさも取れていました。


最後に首を動かす時に、

首から肩にかけての張りが残りましたが

関節動作法を指導すると、ご自身で取ってしまわれました。



次回は仕事の関係で1週間間隔が開いてしまいますが、

寝腰の体操と、インナーマッスル活性化法を指導して

自宅でも実践してもらうことにしました。




腰痛も症状の出方で原因も様々です。

ある人の腰痛に効果があっても

別の原因の腰痛の場合、

前よりも痛みを増すことがあります。

全ての腰痛に効果的な改善法はないのかもしれません。

キチンと検査して事前事後の症状の変化をしっかり確認しながら

きめ細かい施術や生活指導することが改善への近道です。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までどうぞ!




生理彎曲を作り、体幹のインナーマッスルを鍛えるのに
這い這いをお勧めしています。




ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 17:00│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
筋肉が弛みすぎるために起こる腰痛
    コメント(0)