元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 股関節の症状 › 股関節周辺の筋肉のスパズムによる坐骨神経痛

2012年02月12日

股関節周辺の筋肉のスパズムによる坐骨神経痛

デスクワークが中心の会社員のIさん。

病院では腰椎2番3番の椎間板が狭く

トゲ(骨蕀)があるが『切るほどではない』と云われました。

しかし薬物療法で症状に変化がなく当整体室へ。


痛みの出方としては

朝起床してすぐに左のお尻が痛む。

日中の痛みは比較的軽い。

左の大腿部裏からふくらはぎ・足首まで重いようなしびれ。



症状的には椎間板由来の痛みの出方とはちょっと違うようです。

椎間板の圧迫が原因であれば

朝より夕方のほうが症状が強くなるケースが多いようです。

(寝ていれば椎間板の圧迫は軽減し、起きて体重で段々圧迫が強くなるから)



Iさんの場合、股関節周辺の筋肉に問題がありました。

股関節の歪みを取り、臀部のトリガーポイントを処理していくと

痛みは大幅に軽減します。

筋肉のスパズム(痙攣)による筋筋膜性の痛みと考えられます。

臀部の筋肉を損傷を与えないように緩める

エクササイズを指導して次回としました。





背骨・骨盤の歪みや椎間板が狭い等と言われたが

その後の経過が思わしくない方、

元気が一番整体室に相談されては如何ですか?

当整体室でお役にたてる可能性があります。



群馬県高崎市の整体院 
元気が一番整体室のHPはこちら


ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(股関節の症状)の記事画像
10年来の右半身の痛み・違和感の改善 2
10年来の右半身の痛み・違和感の改善 1
股関節痛・ひざ痛のパート勤務の50代女性 1
右腰・右股関節・右膝が痛い40代のパート女性 1
大腿部の前側が痛くなり休まないと歩けない80代女性
人工関節の股関節の可動調整と疲労時の間欠性跛行 3
同じカテゴリー(股関節の症状)の記事
 10年来の右半身の痛み・違和感の改善 2 (2014-11-28 19:06)
 10年来の右半身の痛み・違和感の改善 1 (2014-11-17 19:03)
 股関節痛・ひざ痛のパート勤務の50代女性 1 (2014-03-05 18:17)
 右腰・右股関節・右膝が痛い40代のパート女性 1 (2013-03-13 18:22)
 大腿部の前側が痛くなり休まないと歩けない80代女性 (2013-02-25 18:52)
 人工関節の股関節の可動調整と疲労時の間欠性跛行 3 (2012-12-28 17:00)

Posted by 元氣が一番! at 11:00│Comments(0)股関節の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
股関節周辺の筋肉のスパズムによる坐骨神経痛
    コメント(0)