元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 1年以上前からの、オスグットによる両膝痛の中学生 2

2012年02月21日

1年以上前からの、オスグットによる両膝痛の中学生 2

県北からオスグットによる両膝痛で来室のT君(中2)。

部活でソフトテニスをしている。

1年以上前から膝痛の症状を訴え

病院ではオスグットと診断されている。



1週間後の2回目

『練習は軽めに...』とアドバイスていたが

普通に練習してしまった(出来てしまった)そうです。

それでもオスグットの痛みは

両膝下の圧痛は再発せず

左膝は屈曲痛はなくなっていました。

少し右膝は痛みが出るようですが、

以前の痛みよりも軽くて済んでいるようです。

中学生の回復力は凄いですね。


残る右膝の痛みをチェックしていきます。


前回も気になった仰向けでの左に弓なりになる姿勢を

改善していきます。


骨盤・股関節の歪み・可動域を調整し

大腿部の筋肉を緩めておきます。

ここで一度確認です。

『少し右膝に痛みが残ります』

まだ何か別の原因がありそうです。

うつ伏せで右の臀部の緊張をとって

更にあお向けで右の腹部の緊張を緩めていきます。

カウンターストレインのように筋肉が緩む姿勢で

しばらくリラックスしてから、

少し大腰筋を動かして活性化させて再度確認です。

『これなら痛くないです。』

大腰筋の緊張が残っていたようです。

肩周辺から首にかけてを緩めておきます。


腹部を緩めるエクササイズをアドバイスして次回としました。



もう少し軽めの練習からスタートしてほしいところですが

初回の施術とT君が行うエクササイズで

先ずは順調に改善していると思われます。

この調子でしっかりと痛みをとり

再発しない身体づくりをしましょう。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までどうぞ!








ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
1年以上前からの、オスグットによる両膝痛の中学生 2
    コメント(0)