2012年03月19日

膝は悪くないと云われたひざ痛の野球少年

3か月ほど前から膝付近が痛くなる野球少年のK君。

2か所の病院で検査をしても

「膝は悪くない」

とシップを処方され(何処に貼るんでしょうか?)

様子を見るよう云われたそうです。


当整体室へはブログを見てお電話を頂きました。


年齢などからオスグット(成長痛)と云われそうなものですが

膝の屈伸や正座での痛みはなく

ひざ下の膨隆・圧痛も殆どありません。


来院した時点で再現された痛みは

パッティングでの捻る動作と

片足でケンケンした時の痛みが確認できました



骨盤の歪みを取り筋肉の緊張を取っていきますが

あまり変化がない!?



次にひざ下の脛骨ひ骨間の歪み・緩みを調整し

ひざ小僧の動きをよくしてみる。

バッティング時の捻っての膝の痛みがほぼなくなりました。

ケンケンでの痛みも半減です。



次に検査をすると、静止状態での歪みは解消されているが

動作時に骨盤に不正な動きが出てしまっているようです。

骨盤も少し緩んでいるのかもしれません。

サラシ固定をして股関節の関節動作法を施してみます。



まだ少し違和感は残るようですが

今回の施術では主にこの2つの原因を解消すると

その場で痛みは大幅に軽減してくれました。


ひざに原因はありませんでしたので

ひざの検査をしても悪いところは出ないわけです。



脛骨腓骨の歪みと骨盤の動作時の歪みは

病院の検査では判らないと思います。


もちろん炎症が起きているわけではありませんので

湿布で痛みはとれません。


自宅で骨盤調整と脛骨腓骨を締めるエクササイズを指導して次回としました。

次回まで練習は控えてもらいます。


『大丈夫!すぐ良くなるからね!!」

お母さんも一安心の表情でした。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
膝は悪くないと云われたひざ痛の野球少年
    コメント(0)