元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 押すと痛い、しゃがむと痛いオスグットの中学生 その2

2012年03月27日

押すと痛い、しゃがむと痛いオスグットの中学生 その2

1年ほど前から左膝が痛くなってしまったY君(中1バスケ部)

整形ではオスグットと診断されていた。



来室時の症状は

左膝下を押すと痛い、

しゃがむと左膝が痛い、

等々でした。



一年前からの症状と聞き

長い間我慢しているので心配でした。



2回目(3日後)

少し痛みが戻っているとの事。

詳しく話を伺うと

『昨日一昨日と部活でバスケをしても痛くなかった。

今日は少し痛みが出た』
そうです。

『セルフエクササイズで痛みは取れませんでしたか?』

『やっていないんです。』

昨日一昨日も痛くなかったから

エクササイズをやっていないそうです。


アチャ~ 少しY君にはお小言です。


そして目の前でエクササイズを復習がてらやってもらいます。

数分後

『じゃあ もう一度痛みを確認してみて!』

『大丈夫、痛くないです。』

膝下の圧痛もひざを曲げた時の痛みも解消です。

たったこれだけ続けるだけでも

痛みの解消・再発防止に効果抜群なんです。

エクササイズやらないなんて勿体ないです。



改めて骨格の歪みを調整していきますが

右肩(鎖骨骨折歴あり)の可動域も左と遜色なく動くようになっていました。

正坐も膝は痛くありませんでしたが

足首が硬く伸びにくいので

腸骨に力を集めて、正坐から四つん這いになる

『ひざの体操』を指導してみます。

かなりキツイ体操ですが

腰が決まると膝がスムーズに動くようになり

結果足首も可動域が拡がります。(首首の関係)


これらの体操・エクササイズを自宅でもご家族監視の元

継続して行ってもらいます。



より早くオスグットの痛みから解放されるためには

本人の『早く良くなりたい』と云う気持ちと

ほんの少しの行動(エクササイズ)が大切です。


オスグット・シンスプリント・野球肩等でお困りの皆さん。

春休みに集中して改善し

早期回復を目指しませんか?

元気が一番整体室ではオスグット・シンスプリント・野球肩等の

改善手法が確立しています。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!



小田原屋さんのハクモクレンも遅れています。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
押すと痛い、しゃがむと痛いオスグットの中学生 その2
    コメント(0)