元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 走ったり蹴ったりすると痛いオスグットのサッカー少年 1

2012年04月15日

走ったり蹴ったりすると痛いオスグットのサッカー少年 1

走ったり蹴ったりすると右膝が痛むサッカー少年のJ君(中1)

1月頃より痛み始め、接骨院でオスグットと云われ

電気治療などをしているが変化がない。


オスグットの原因は電気を当てても無くならないのです。



来室時のJ君の症状は

走ったり蹴ったりすると膝が痛む他

膝の屈伸で痛い、

ジャンプで痛い、

膝下を押すと痛みがあります。



まず最初に膝下の圧痛の解除から...

J君にも教えながら周辺に組織復元法を行って行きます。

1分ほど行って確認です。

『さっきより痛くない』

もう少し行います。

『殆ど痛くない』まで痛みが取れます。

付き添いの親御さんも

『こんなんで?』
と不思議そうです。


次に膝の屈伸を伴わないで大腿部を緩めるエクササイズを行います。

左足は私が行いやり方を示しながら

右足はJ君が緩めていきます。

ここで一度屈伸を確かめてみます。

『さっきより楽だけど、まだ痛い』

今度は右膝の関節動作法

『屈伸は大丈夫、ジャンプはまだ痛い』

ジャンプでの痛みはまだ残りますが

自分で膝下の圧痛と屈伸痛をとってしまいました。

これを覚えてもらえばオスグット解消も時間の問題です。


ここから施術台に載って本格的な整体の開始です。

両膝倒し、膝抱え、うつ伏せになってカエル足と行い

骨盤・股関節の歪みを整えていきます。

左のハムストリングスと

左肩甲骨周辺も緊張がありましたので

緩めておいて確認です。

膝の屈伸は大丈夫、ジャンプは?

『大丈夫、痛くありません』

正坐も痛み無く出来ました。

もう少し大腿部を緩めてから

関節動作法を再度行って終了です。


身体の歪みをとる為に家でもエクササイズをしっかり行い

練習は痛みがない範囲で

少しずつ身体を動かすよう指導して次回としました。



身体が歪んでいる状態は

歪んだ状態を形状記憶合しているので

身体は歪んだ状態へ戻ろうとしていきます。

それをエクササイズなどで

歪みのない状態へ形状記憶し直して行くことで

身体の歪みを解消していくこと大切です。


当室では一回身体をバキバキしたからと云って

歪みが取れるとは考えていません。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
走ったり蹴ったりすると痛いオスグットのサッカー少年 1
    コメント(0)