元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › 骨盤が弛んで腰の疲労感が取れない会社員さん

2012年04月25日

骨盤が弛んで腰の疲労感が取れない会社員さん

Uさんは40代の会社員さん。

こちらで坐骨神経痛が改善した後も

定期的に身体の手入れをされています。


先日はいつもよりも強い腰のハリと疲労感を訴え来室されました。


春先には仕事が忙しくなる時期でもあり

重量物の運搬やデスクワーク等から

疲労が溜まっているのかと思いましたが

触れてみてもあまり筋肉のハリは感じません。


『疲労のため骨盤が弛んでいるかもしれませんね。』

立位で骨盤を締めると

『締めるだけでも軽くなります。』

骨盤高位になって見ると

更に数センチ程骨盤が締まります。

『こんなに弛んでいたんですか?』

『かなり骨盤に負担を掛けていましたよ。

仕事の合間に前屈後屈体操とか

四股踏みで骨盤を締めてみると良いですよ。』


骨盤をチェックしていくと右の腸骨が詰まっているようなので

腸骨の縁に溝を開けておきます。


最後にサラシ固定を外して確認です。

『あ~ 楽ですね。

これからは仕事中も締めてみます。』

座位で腸骨の溝の開け方をおさらいして次回としました。


骨格は疲労が溜まると弛んでしまいます。

良く記事にする膝下の2本の骨の弛みや

肘から先の2本の骨も疲労によって弛みます。

中腰での作業や坐業の人は

特に骨盤(仙腸関節)が弛みやすい傾向があります。

弛みの大きい人や仕事のきつい人は

サラシ固定などで骨盤を締める必要があります。



弛みの程度が軽ければ、男性なら四股踏みなどで

女性なら腰を反らすなどして

骨盤を引き締めておくと持ちが良いでしょう。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




福禄寿



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 17:00│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
骨盤が弛んで腰の疲労感が取れない会社員さん
    コメント(0)