元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 見た目は優雅なバレエも、想像以上にハードのようです。

2012年06月24日

見た目は優雅なバレエも、想像以上にハードのようです。

Mさんはバレエを踊るのが趣味のOLさん。

一昨年に足首やひざの痛みで

診せて頂いてからのクライアントさんです。


『もうすぐ発表会なんですが

疲労のためか、膝と足首の痛みが取りきれないんです。』


セルフエクササイズでも膝と足首の痛みが残るようです。


前回の記事はこちら


Mさんの古傷は

左の股関節・膝・足首、左側に集中しています。


今回股関節は違和感程度でしたが

左膝・足首に主に伸展時の可動痛がありました。



骨盤・股関節の歪みを調整しいきます。

左股関節を開く動作での可動制限・違和感は

思ったよりも取れ難く、恥骨の操法で改善できました。

大腿部・下腿部の緊張を緩めます。

特に大腿四頭筋・前脛骨筋は強い緊張がありました。

バレエを踊る際にきれいに踊る為に

反張膝気味に演技する事も

疲労しやすくしているかもしれません。

緊張を取った後は可動痛の直接の原因となる

関節包内運動の不正を調整していきます。

先ず膝から、特に伸展時の膝痛を取っていきます。

膝は順調に反応してくれました。



次に足首の伸展痛ですが

関節動作法を行っている時は痛みが消えますが

操法が終わって何度か確認していると痛みが戻ってしまいます。

以前のように足首を締めてみますが

今一つ違和感が取りきれません。

足首ではなく足趾?  違いました。

アキレス腱の緊張?  これでもありません。

外踝の下方変位?   これでした。

内踝外踝が開いて外踝が落ちていたようです。

外踝を挙げてからを内踝外踝を締めると

伸展時の可動痛も取れてくれました。


正体術の脛骨腓骨を締めるエクササイズを指導して

終了としました。


見た目は優雅なバレエも、肉体的には想像以上にハードなようです。


特に下腿部・足首はジャンプや着地、

体重を片足で支えながらの演技と

想像以上の負担が掛るようです。


楽しく踊る為にも日頃のコンディショニングが欠かせません。


発表会頑張ってね!

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!









ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
見た目は優雅なバレエも、想像以上にハードのようです。
    コメント(0)