元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 腰の症状 › 座っていても歩いても痛い、手術を勧められている臀部痛 1

2012年07月03日

座っていても歩いても痛い、手術を勧められている臀部痛 1

座っていても歩いてもお尻が痛いIさん(50代女性)

2月頃より痛くなり

病院では『腰椎分離すべり症』
と の診断を受けています。



それまでは中腰になる事が多い仕事をしていましたが

今は痛みのため止めています。

以前は投薬や硬膜外ブロックで症状は寛解していましたが

調子が良いので1日立ち仕事をしたら痛みが強くなってしまい

それ以来痛みが軽減しないため手術も検討しているそうです。


来室時の状態は

座っていると尾骨から坐骨にかけての臀部が痛い、

歩いて左足に荷重を掛けると同所がピリッと痛い、

寝返りで同所が痛い、と云うものでした。

臀部周辺に圧痛はありませんでした。


歩いている姿勢は痛みの為か元々の癖なのか

左右に重心がぶれます。


痛みの出方からすると

骨盤を中心とした身体の歪みが影響していそうです。



先ずは座位で骨盤調整をしてみますと

「ちょっと楽みたい」


少し変化があるようです。


続けて四つん這いの姿勢で

背骨の生理彎曲を作る操法をして骨盤をサラシで締めてみます。

「これだと怖さがなくなるみたいです。」

これでかなり痛みが軽減しますた。

骨盤の歪みによるぎっくり腰に似た状態のよ うです。


まだ左足に体重を掛けると少し臀部が痛むと云うので

左ひざ下の2骨間を締めてから

足首・膝の関節動作法を行います。

骨盤と下腿部を締めた状態で

臀部・腰部・腹部と緊張を緩めていきます。


途中Iさんは頻繁に『気持ちいい~』を連発します。

身体中が緊張していたようです。


施術後は骨盤と左脛骨ひ骨を締めていれば

痛み殆ど気にならなくなりました。

Iさんも足踏みや室内を歩いて確認しながら

『こんなに痛みが取れるなんて!

こんなに歩いたのは久しぶり!』


と喜んでおられました。


まだまだ症状の安定には継続施術が必要ですが

先ずは「手術をしなくても痛みが軽減する」ことで

ご本人も改善の希望を持って貰えたのがうれしいです。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!



高崎駅にも巨大だるまが



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 18:00│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
座っていても歩いても痛い、手術を勧められている臀部痛 1
    コメント(0)