2012年07月22日

夏合宿目前 メンテナンスに来た陸上短距離の高校生

高校生で陸上女子短距離選手のMさんが

1ヵ月ぶりに来室されました。

Mさんの前回記事はこちら。


前回診せて貰った

左大腿部痛は大分治まって

通常の練習では殆ど痛みはなくなったそうです。


夏休みに入るとすぐに合同合宿などが続くので

念の為調整に来られました。


来室時の状態は

大腿四頭筋のストレッチで膝上にツッパリ感。

片足でスクワットをすると痛くなるかもしれない感じ、

が残っています。



動作分析から膝に起因するものと判断して

膝痛のセルフストレッチをしてみます。


大腿部の横引き、膝の関節動作法...

先程の大腿四頭筋のストレッチでの違和感はこれで取れました。

残る片足ストレッチの痛みは

大腿四頭筋の組織復元法を行ってから

膝の関節動作法で改善していきました。


伸張性収縮によって筋繊維のダメージが残っていたようです。


セルフエクササイズで応急的な痛みの取り方をマスターした後は

本格的に身体を調整していきます。



右股関節の開排、左股関節の屈曲、反り腰を調整していきます。


右の外踝が下がっていたのを挙上し

腹部操法の後、首を緩めて終了です。

『ちょ~ 軽くなってる。』

『首を緩められている時、ちょ~気持ち良かった。』



左足に寄る片足スクワットも

『全然大丈夫』なので終了としました。


夏休みは何度かの合宿の後

関東大会が待っているそうなので

最高のパフォーマンスを発揮できるように

コンディションを調整し準備しましょう。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!











ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夏合宿目前 メンテナンスに来た陸上短距離の高校生
    コメント(0)