元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 股関節の症状 › お尻・スネの横が張って、坐骨神経痛と云われた会社員

2012年08月20日

お尻・スネの横が張って、坐骨神経痛と云われた会社員

数週間前から左のお尻やスネの横が張るMさん(40代男性)。


接骨院では『坐骨神経痛』といわれ

電気治療やマッサージを受けていたが

症状に変化がないので当室へ相談となった。


来室時は

左のお尻の張り・コリ感が強い、

左のスネの横・ふくらはぎの外側が張っている、

が主な症状でした。


お尻やスネの外側の筋肉を圧診してみると

痛みまではないようです。




お仕事はスーパーにお勤めで

忙しい時は商品の運搬や陳列などで

かなり肉体労働になるそうです。

この夏も忙しく商品の陳列などを手伝ってからの

症状のようです。

(ケースや段ボール箱を持って身体を捻る動作が多いそうです)


先ずは身体の歪みのチェックから始めます。

股関節の可動域の左右差が目立ち

下腿部も右足首よりも左足首が太く感じます。


股関節の調整をし恥骨の調整をすると

股関節の可動域も改善し

お尻のコリも消失してくれました。

『あれだけ揉んでも取れなかった凝りが

体操のようなもので取れるんですね~』

『Mさんの場合、コリは股関節の歪みの結果なので

いくら筋肉を揉んでも股関節の歪みが

取れないと筋肉は弛んでくれなかったのでしょう。』


股関節は良く使われる関節だけに偏り疲労等から

バランスを崩しやすいので注意が必要です。


次に左すねの外側のハリです。

左足首が太いので

左の脛骨腓骨間は弛んでいると考えられます。

この二骨間を締め、外踝を挙げておきます。

外踝を挙げている時にハリを確認すると

『そうしていると(外踝を挙げていると)気持ちイイです。』


少し固定のためにサラシ固定をしておきます。


うつ伏せで再度骨盤・股関節調整をして

起き上がって確認してみます。

『今はお尻もスネの横も大丈夫みたいです。』


このところの忙しさで商品整理や陳列を手伝って

継続的に左足を軸に捻る動作を続け

休息を取っても追い付かずに

股関節を捻って臀部に負担を掛けたり

脛骨腓骨間を弛めてコリになってしまっていたようです。


股関節と外踝を挙げるエクササイズを指導して次回としました。


これらの症状は坐骨神経痛と云われ

ヘルニア等の問題と云われますが

股関節や脛骨腓骨間の弛みの改善で

回復していく例が多いように思います。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!








短期集中施術で早期改善を目指しましょう。



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(股関節の症状)の記事画像
10年来の右半身の痛み・違和感の改善 2
10年来の右半身の痛み・違和感の改善 1
股関節痛・ひざ痛のパート勤務の50代女性 1
右腰・右股関節・右膝が痛い40代のパート女性 1
大腿部の前側が痛くなり休まないと歩けない80代女性
人工関節の股関節の可動調整と疲労時の間欠性跛行 3
同じカテゴリー(股関節の症状)の記事
 10年来の右半身の痛み・違和感の改善 2 (2014-11-28 19:06)
 10年来の右半身の痛み・違和感の改善 1 (2014-11-17 19:03)
 股関節痛・ひざ痛のパート勤務の50代女性 1 (2014-03-05 18:17)
 右腰・右股関節・右膝が痛い40代のパート女性 1 (2013-03-13 18:22)
 大腿部の前側が痛くなり休まないと歩けない80代女性 (2013-02-25 18:52)
 人工関節の股関節の可動調整と疲労時の間欠性跛行 3 (2012-12-28 17:00)

Posted by 元氣が一番! at 18:30│Comments(0)股関節の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
お尻・スネの横が張って、坐骨神経痛と云われた会社員
    コメント(0)