2012年10月09日

歩いたり押したりすると痛いふくらはぎ痛の野球少年

以前元気が一番で猿手と云われた野球肘が改善したS君(小6)が

半年ぶりの来室です。



前回記事はこちら



今回は野球の練習や運動会の練習をしていて

左ふくらはぎ痛になってしまったそうです。

来室時の症状は

歩行時に左足をつくとふくらはぎが痛い、

軽く圧迫しても圧痛がある、

状態でした。



先ず圧痛から。

組織復元法を行っていると圧痛は軽減するが

少し時間が経つと再び痛みが再発します。


これはふくらはぎ以外の問題から

ふくらはぎに痛みが発生しているようです。


以前の記録を見ると前回(半年前)に

左足首を弛めてしまって足首の可動痛がありました。


今回も左足首の可動をチェックすると

外反時に可動痛が確認されました。


この外反時の可動痛を関節動作法でとってから

足首・ひざ下を締めておいて

再びふくらはぎへ組織復元法を行うと


「大丈夫です。痛くありません。」


ひざの屈伸運動やジャンプを繰り返しても痛みは再発しませんでした。


その後は骨盤・股関節を調整しておきます。

特に左股関節は可動域が狭くなっていましたので

この影響でひざ下に負担が掛り

結果的にふくらはぎの痛みになっていたようです。



「しっかり親趾で踏ん張るように意識しながら

トレーニングをしようね。」


タオルギャザーなどを指導して次回としました。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




ラジオ高崎前で見つけました。



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
歩いたり押したりすると痛いふくらはぎ痛の野球少年
    コメント(0)