元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 腰の症状 › 分離すべり症と云われ足先から脛の外側がシビレる 1

2012年11月07日

分離すべり症と云われ足先から脛の外側がシビレる 1

数年前に腰痛で分離すべり症と云われたCさん(40代女性)

その時は激痛もルートブロックで痛みが軽減していました。


今年になって腰の痛み・足の痺れが再発し

同様のブロック注射をしましたが

特に足のシビレの症状が取れないようです。



来室時の主訴は

左足スネの外側から足甲・母趾示趾間のシビレ、

腰の鈍痛、仰向けで足を伸ばせない、でした。


病院では痛み止めの投薬を受けています。

その他に膠原病で投薬を受けているそうです。


1回目

取りあえず症状が軽減できればと云うことで

先ずは身体の緊張を取ることとしました。


シビレの部分に軽擦を掛けたり組織復元法を掛けると

少しですがシビレや違和感が軽減するようです。

足先から足首、下腿部と徐々に緩め

大腿部・腰部は揺らしを掛けながら緩めていきます。

操体の膝倒しで腰背部を緩め

膝抱えで腰椎の過前湾を調整していきます。


腰椎の前湾を調整すると

少しずつですが足を伸ばせるようになります。


リンパケアで肩から首を緩めて起き上がってもらいます。



まだ足先のシビレが残っているので

もう少し足をチェックしていくと

この方も足裏のアーチが少なくなっています。

特に横アーチを作る様に足甲を締めると

『シビレが取れていきます』

と変化がありました。

開帳足気味のようなので中足骨を締め

横アーチを作る様にテーピングで補強してみると

『すごく楽です。かなりシビレが軽くなります。』

これが一番シビレを軽減させてくれるようです。

テーピングの仕方を説明して次回としました。



東洋医学では「急なれば即ちその標を治し、緩なれば即ちその本を治す」などと云って

症状が強く辛い時は、まずその症状を取ることを優先し

症状が治まってきたら本治(根本原因を取り除く治療)しなさい、としています。


Cさんの場合も

足裏のアーチの改善でどれだけ症状が治まるか

経過を見ながら対処していきます。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!








ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 18:16│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
分離すべり症と云われ足先から脛の外側がシビレる 1
    コメント(0)