2012年11月24日

オスグットで膝痛にならないために正坐の習慣を。

オスグット(成長痛)は主に大腿部の筋肉の疲労や硬直による

膝関節の不正な動作が痛みの原因と考えられます。


特にランニング・ジャンプ・中腰の構えなど多用する競技では

大腿部は負担を受けやすいので

適切なエクササイズを入念に行う必要があります。



一番手軽なものとしては「正坐」があります。

家に帰ってからは1日10分~1時間は

正坐をしましょう。(断続的で構いません)


正座は大腿部のストレッチや腰部の緊張を取るのに

とても良い姿勢です。


良く云われることですが

柔道や剣道など練習中に正坐をする競技の子は

オスグットになりにくい傾向があります。


正しい姿勢は身体のバランスも良いので

筋肉も休まりやすいのです。



また入浴もシャワーだけで済ませないで

しっかり湯船に浸かって入浴をします。

入浴により血行を促進し筋肉の疲労を取ります。

一部分だけを温めるより全身を温めたほうが効果的です。


このような練習後のケア・生活習慣を身につけるだけで

オスグット(成長痛)の発生・再発のリスクは大幅に軽減します。


ぜひお試しを!


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




今朝の浅間 



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットで膝痛にならないために正坐の習慣を。
    コメント(0)