元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生3

2012年12月18日

膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生3

3週間くらい前から左足の膝から脛の内側に痛みが出るようになり

病院のスポーツ外来で鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生のK君。


彼もやはり部活のバスケと陸上大会が重なり発症したようです。

数か月前には右足首の捻挫もあって

来室時も伸展時に痛みが残っていました。

鵞足炎に関しては

病院で湿布をもらいましたが痛みが軽減しませんでした。


3回目(2日後)

前回思ったより戻っていたので

(体育の授業で動いたらしいですが)

早めに来てもらいました。


今回も屈伸やジャンプ時の痛みは

大腿部を緩めていくと軽減していきますが

脛骨内側の圧痛が残ります。


内踝外踝を締めて挙上したり

足裏のアーチを補強すると

圧痛は軽減しますが安定しずらい様です。


これは鵞足(がそく)と云われる部分よりも少し下で

大腿部の筋肉とは別のメカニズムで痛みが出ているかもしれません。


ここで修業時代のノートを読み返して

おさらいしておいた対角の操法を試してみます。


左下腿部の対角である右前腕部を調整して

脛骨内側の圧痛を確認してみます。



前腕を緩めてから手首を締めたり

肘を締めてみます。

「そうすると痛くないです」

肘関節の操法をしていると脛骨内側の圧痛が無くなりました。

続けて屈伸やジャンプをすると

「さっきよりも楽です。」

痛みが取れていきます。

もう少し肘から前腕にかけて調整して次回としました。


理由は判りませんが、対角って何かあるんですね。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!



Coming Soon.



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生3
    コメント(0)