元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生5

2012年12月29日

膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生5

3週間くらい前から左足の膝から脛の内側に痛みが出るようになり

病院のスポーツ外来で鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生のK君。


彼もやはり部活のバスケと陸上大会が重なり発症したようです。

数か月前には右足首の捻挫もあって

来室時も伸展時に痛みが残っていました。

鵞足炎に関しては

病院で湿布をもらいましたが痛みが軽減しませんでした。


前回記事はこちら


5回目(10日後)

前回はまだ残っていた、練習後の疲労性の膝痛も取れていました。

現在は練習時・練習後ともひざ痛は再発していません。

見事な回復力です。


施術前の確認でも屈伸・ジャンプ・圧痛とも痛みは有りませんでした。


身体の歪みは右の股関節に若干の制限がありました。


左膝の痛みを我慢していて練習していたので

左足をかばう癖が残って右に負担が掛っているかもしれません。


今回はこの股関節の重点的に左右差を取っていきます。


股関節の伸展や外転はスムーズですが、

屈曲しての内転や内旋が引っ掛ります。


臀部・大腿部を緩めて少し可動が拡がり、

AKAの離開のテクニックでまた拡がりますが左と比べると

まだ可動が制限されます。


最後はこれまた左肘の調整で

ようやく可動の左右差が整いました。



バスケのパスやドリブルで前椀が緩んでいたのでしょうか?


最後に痛みが無くなっても日々のエクササイズは続けるように

おさらいをして卒業としました。


「K君、良かったですね!

毎日のエクササイズ忘れないでね。」


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
膝の内側が痛くなり鵞足炎(がそくえん)と云われた中学生5
    コメント(0)