元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › オスグットは疲労や誤った動作による生活習慣痛です。 1

2013年01月05日

オスグットは疲労や誤った動作による生活習慣痛です。 1

去年の秋ごろから膝に痛みを感じ

病院でオスグットと云われた野球少年のR君(小6)。

最初は左膝だけでしたが

今では両ひざに痛みがあります。


症状は

膝の屈曲・中腰(守備の構える姿勢)で両ひざに痛みが出る。

膝下に圧痛がある、状態です。


両大腿部の筋肉を確認すると

特に大腿直筋が硬直しています。


膝下(脛骨粗面)の変形は大きくはありませんが

押すと圧痛があります。


最初に膝下の圧痛をとる組織復元法をやってみます。

R君にも教えながら数分行うと、

ほぼ痛みが無くなるところまで改善しました。


次に膝を曲げずに行う

大腿部の筋肉をストレッチして

硬直している大腿直筋を緩めます。

両足の大腿部が緩んだところで

膝関節の関節動作法を試してみます。

最初は座位で、次に立位で数回繰り返して確認です。

「ほとんど痛くありません。」

まだちょっと違和感があるそうですが

ここまでのセルフエクササイズで

膝を曲げての痛みはほぼ取れてくれました。

ここまで10分ほど、付き添いのお父さんも

「本当に痛くないのか?」と不思議そうです。





これから骨盤・股関節の歪みを調整し

大腿部や膝周辺に負担を掛けていた原因を解除して行きます。


彼の場合、左の股関節の可動が制限されているのが

気になります。

野球と云う競技柄、左足を軸足に動作することが多いので

どうしても骨盤・股関節等も

左側に可動制限が起きやすいのかもしれません。


身体の歪みを調整する操体法を行い

身体の歪み(静止時の歪み・動作時の歪み)を解除して行きました。


その後改めて動作確認して見ると

「今は大丈夫」との返事でしたので、次回としました。


オスグットも不正な姿勢や誤った動作の反復などによる

生活(野球動作)習慣痛です。


オスグットの痛み原因となる不正な姿勢や誤った動作の改善を

自宅でも出来るようにしたエクササイズを繰り返すことで解除し

確実・迅速にオスグット痛をり再発防止へ繋げることが出来ます。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!





やっぱり大友柳太朗のチャンバラはイイですね。



江戸時代にはオスグット(成長痛)はなかったんでしょうね。


ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットは疲労や誤った動作による生活習慣痛です。 1
    コメント(0)