元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 走る曲げるで両膝が痛い、押すと足裏が痛い男子バスケ部3

2013年02月16日

走る曲げるで両膝が痛い、押すと足裏が痛い男子バスケ部3

鶩足炎だったK君のチームメイトのY君。(中1バスケ部)

走ったり屈伸をすると両膝が痛い、

左膝下は押すと圧痛がある、

足裏が偏平足で押すと圧痛がある、

足が疲れやすい、捻挫しやすい...

下半身に諸々の症状を抱えていました。


3回目(2週間後)

腰に力を集める「ひざの体操」が功を奏したのか

前回以降 更に痛み・疲労が取れてきて

現在は練習も通常通りで練習中・練習後も

特に痛みも戻らなくなりました。


Y君の様な若い人の場合、ほんのひとつ歯車がかみ合うと

ドンドン身体が変化して改善してしまうことがあります。




彼の場合、腰(腸骨)に力を集めることで

ひざや下半身の負担が軽減され

更に足趾のトレーニング効果も相まって

スムーズな改善につながったと思われます。


今回は身体の歪みを取った後に

細かいところですが、足の疲労が溜まりやすい

脛骨内側をチェックしてみました。



右側の、弁慶の泣き所と云われる膝下の骨の内側に

べっとりと硬結がついていました。

軽く触るだけで身をよじる程痛がります。


左側の同じ所は少し強めに触っても痛みは出ません。


この硬結を丹念に取っていきます。


痛い処なのでやさしく足趾の動作法を使いながら...

全てを取りきれませんが

「さっきよりも大分楽です」となったところで終了。


これで更に足が軽くなったそうです。

最後に頚の調整をして終了としました。


ひざはひざ・足裏は足裏に直接の原因があることもありますが

そもそもの原因を紐解いていくと

腰であったり股関節であったりすることが多いように感じます。



当方では直接の原因を取って症状の改善を図りながら

同時に大元の原因を探し解決するように心がけています。


お子さんがスポーツ障害などでお困りの方は

是非一度ご相談ください。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!








ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
走る曲げるで両膝が痛い、押すと足裏が痛い男子バスケ部3
    コメント(0)