2013年03月18日

オスグットは成長痛と云う常識を疑ってみると 2

去年の7月から右膝が痛くなり

病院では「オスグット病」と診断されたT君。(中1サッカー部)


電気治療やストレッチ、サポーターでの保護をしていましたが

初回相談時には両膝とも痛くなってしまいました。




最初にオスグットの痛みの確認をします。


両膝ともひざ下の脛骨粗面の圧痛と

ひざの屈曲・伸展時の痛みがあります。

右膝の方が古くて痛みも強いそうです。



2回目(1週間後)

予約日の前日にT君のお母さんから

「今日は帰ってきて『左膝が痛くなった』と言っているんですが

どうしたらよいでしょう?」
とお電話を頂きました。


その時は

「痛くなく出来るエクササイズだけ行って見てください。」

ひざ下への組織復元法、

大腿部のストレッチ(痛くないストレッチです)、関節動作法を

軽めに行うようお話ししました。


翌日の2回目の施術に来られた時には

「今日は練習をしても全然痛くなかったんです。」

とT君、当方も一安心です。

聞けば、

初回施術の翌日から通常の練習を行い

5日間は練習中・練習後も痛くなかったそうです。

ちょっとスピートい反気味ですが

素晴らしい回復力です。





ただ今まで痛みを抱えながらやっていた練習と比べると

運動量が増えたので疲労が蓄積していたか

痛みの出た日はターンをするような動作が多かったそうなので

軸足の左足にはいつも以上の負荷が掛ったのかもしれません。



回復期にはついつい動き過ぎてしまいますが

無理のない範囲で練習を始め

徐々にペースアップする必要があります。


今回来室時は左膝下にごく軽い圧痛があり

正坐をすると両膝に違和感がありました。


今回は歪みのチェックから始めました。


仰向けの姿勢検査で前回あった

体幹を「くの字」に曲げる歪みも取れていました。


両膝倒しは左がやりづらい

ひざ抱えは右、かかと伸ばしは左と

可動域の左右差は有りましたが

それほど時間もかからず改善していきます。



うつ伏せで骨盤調整をした後は

今回も気になった大腿部前後面の筋肉の緊張を取っていきます。


大腿部に揺らしを掛けながら筋肉を緩め

角度を変えたりしながら細かくチェックしながら緩めます。


最後にもう1度セルフエクササイズのおさらいをして次回としました。



Tくんは両膝のオスグット痛を

半年余りも我慢しながら練習していたので

痛みをかばうことによる身体の歪みの戻りが心配でしたが

これまでのところ順調に改善しています。

やはりこの年代の子は回復力がすごいですね。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットは成長痛と云う常識を疑ってみると 2
    コメント(0)