元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 2

2013年03月25日

右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 2

Mさんはバレエを踊るのが趣味のOLさん。

2年くらい前に左足首やひざの痛みで

診せて頂いてからのクライアントさんです。


半年に1度くらい自分で対処できない痛みが残ると

来室されます。

前回記事はこちら


今回は右股関節~大腿部の外側に

体重をかけると痛みがあり圧痛もあります。

2週間くらい前から痛み始めたそうです。

来室時は歩くのも痛い状態でした。


2回目(1週間後)


前回のように足を引きずるような痛みは取れていましたが

右足に体重を掛け踏ん張ったり

前屈みになると痛みが残っています。

足を挙げる(バレエのポーズ)のは痛くて出来ません。


圧痛も痛みは軽減していますが

大転子周辺や腸けい靭帯・ハムストリングスに残ります。



今回も外踝を挙げるところから初めてみます。


そして外踝が下がる原因を探していきます。


脛骨腓骨の開きは少しあります。

腓骨小頭が後方へ歪んでいるようです。

これらの捻じれ・歪みを調整してきます。



次に足甲・足裏に問題はないかチェックしていくと

立方骨付近に圧痛があります。

立方骨も落ち込んでいるようです。


足裏側から立方骨を調整すると

「いいかもしれません。」


立ったり座ったり体重を掛けたりするのは楽になりました。


しゃがんだり右足を挙げたりはまだ痛みが残ります。


今度はカウンタストレインで腸けい靭帯・大転子周辺

ハムストリングの圧痛を取っていきます。


これで他動運動での痛みは大幅に軽減しました。


自動運動ではハムストリングの痛みが残るようなので

ひざと坐骨結節の関節動作法を行います。

「これなら開脚も足を挙げてもいいみたいです。」

骨盤を締めつつ坐骨結節を固定すると

大半の可動痛も取れてくれました。


しかし固定を緩めると安定しないようなので

痛みが強くなる前に尻餅なり転倒なりがあったか確認すると

「久しぶりにスノボーに行ってから痛みが強くなったかも...」

ヒアリング不足でした。

骨盤周辺を締めるセルフエクササイズと

注意事項(痛くてもバレエをやりたいタイプなので)を説明して次回としました。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 2
    コメント(0)