元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 3

2013年04月02日

右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 3

Mさんはバレエを踊るのが趣味のOLさん。

2年くらい前に左足首やひざの痛みで

診せて頂いてからのクライアントさんです。


半年に1度くらい自分で対処できない痛みが残ると

来室されます。

前回記事はこちら


今回は右股関節~大腿部の外側に

体重をかけると痛みがあり圧痛もあります。

2週間くらい前から痛み始めたそうです。

来室時は歩くのも痛い状態でした。


3回目(1週間後)

日常生活での痛みは解消されていました。

初回来室時はどうなるかことかと不安そうなMさんでしたが

回を追うごとに改善し表情も大分明るくなりました。


歩いたりしゃがんだり、右足に体重をかけても痛みは出なくなりましたが

ストレッチで開脚をしたりY字バランスをすると

ハムストリングや腓骨に沿って痛みが出るそうです。



動作確認をしてみると

正面から足を挙げる(股関節を屈曲する)時は痛みがなく

斜め前方から側方に角度を変えると痛みが出ます。


この事を踏まえて股関節・大腿部・下腿部を緩めていきます。


ハムストリングと股関節の外旋筋に圧痛が残っていますが

前回あった腸けい靭帯や外側広筋などは治まっています。


ここで一度確認です。

「ここまで来ると痛いです。」

斜め側方へ90度位上げるとハムストリングに痛みがあります。

試しに膝を曲げたまま同様の動作をすると痛みが大幅に減ります。


やはりひざや足首などの問題が背景にあるようです。


前回と同じように外踝を挙げたり・立方骨を挙げて

開脚したり外転すると痛みは激減します。

外果を挙げてテーピングで固定し

立方骨は横アーチのテーピングをしておきます。


後に残るハムストリングの突っ張り感は

坐骨の関節動作法で取れますが

尻餅によるショックが残っているのか

固定を外すと痛みが戻りやすいようです。


ここはサラシやテープなどの固定がしづらい処なので

ご自身で関節動作法を行って安定させていきます。


前回から今回で日常生活には支障が無くなりましたが

バレエのレッスンはもう少し改善してからの方が良いでしょう。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
右股関節周辺が歩くのも痛いバレエが趣味のOLさん 3
    コメント(0)