2013年04月19日

座る・走る・仰向けで痛い腰痛の女子バスケ部 3

座る・走る・仰向けで足を伸ばすと痛みのでる腰痛の

女子バスケ部のKさん(新中2)。



去年の秋口から痛み始め、整形や接骨院へ通院していましたが

なかなか良くならないために鵞足(がそく)炎だったK君のご父兄からの口コミで来室です。


初回来室時の痛みは

座ると痛い(特に体育座り)立っていた方が楽、

走ると痛い、仰向けで足を伸ばすと痛い状態でした。


動作検査で前屈・後屈も痛みがありました。

筋肉の圧痛は特に見受けられませんでした。

O脚なこともKさんの特徴です。



3回目(3日後)

更に改善が進んでいました。

仰向けでの痛みはほとんど感じなくなりました。

授業中に座っていての痛みはまだ残るものの弱まっています。


本人評価で10⇒3まで改善しています。



今回腹部腰部の深層筋である

大腰筋・腰方形筋を丹念にチェックしていきます。


左の大腰筋・腰方形筋に違和感がありましたので

カウンターストレインの要領で緩めていきます。


立ったりお辞儀をしたりする時の痛みは

これで大分変化しました。


次に座位での痛みがまだ残るので

坐骨の関節動作法を行ってみます。

mark04

振り返ってお母さんの顔を見つめています。

これも変化を実感できたようです。

動作法を行っている時は

立ち上る時の動作スピートが早くなります。

これはセルフとお母さんに要領を覚えて貰います。


長く体育座りをしていたことも原因のひとつかもしれません。

尾骨の調整のセルフエクササイズをおさらいして次回としました。




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
座る・走る・仰向けで痛い腰痛の女子バスケ部 3
    コメント(0)