2013年09月17日

オスグットによるひざ痛も早期に手当てをすれば

それだけ回復も短期間にスムーズです。


A君は地元のクラブチームでプレーするサッカー少年(中学生)。


10日位前から練習中に右膝が痛くなってしまいました。

「痛いのを我慢してやらせるのもかわいそうだから」と

親御さんが当整体室をネットで見つけて来室されました。


来室時の症状は

膝を曲げると痛い(90度曲がらない位)

ひざ下に圧痛がある、でした。


A君はレフティーだそうで、右足が軸足になります。



通常は体幹の歪みを取ってから

膝の操法を行いますが

オスグットの子達には最初に

「オスグットも痛みが取れる」事を判ってもらうために

膝下の圧痛の取り方のセルフエクササイズから始めています。


最初に自分でひざ下を押してみて

圧痛を確認してから

組織復元法を一緒に行います。

要領を覚えてきたら自分一人でやってみます。


2~3分行って確認します。


「ひざ下の痛みどうですか?」

A君、自分でひざ下を押してみてニコニコと。

「痛くないです!」

次に膝を曲げての痛みです。

大腿部の筋肉の緊張とひざ関節の不正な動きが

膝の屈伸痛の主な原因ですので

手始めに大腿部の筋肉を緩めていきます。

膝を曲げると痛いので、ひざを曲げずに大腿部を緩めます。


大腿部の緊張が取れてきたところで

一度確認です。

「さっきより曲げられるけど、まだ痛い。」


次に関節動作法で正しいひざ関節の動きを

トレースします。

念のために、曲げるバージョンと伸ばすバージョンの両方を行います。


ここでもう1度確認です。


「曲げ切った時にまだちょっと痛みがあります」

最後の最後での痛みは〇〇に△△をして

「これなら痛くないです。」


ここまで15分位でした。


でもこの状態では体幹の歪みが残っているので

「持ち」は良くないはずです。


オスグットも本当に改善しなければいけないのは

骨盤や股関節の歪みであって

ひざに痛みが出るのは結果でしかありません。


施術台に乗って骨盤と股関節の歪みを取っていきます。

ここでは操体の手法を使って歪みを取っていきます。


骨盤股関節の歪みが取れたところで

再度大腿部を緩めておきます。

そして仕上げのひざの関節動作法を行ってから

もう1度確認してみます。


膝の屈伸

右を軸足で蹴るように身体を捻る

軽くジャンプをする、で痛みが無くなりました。



「練習は急にペースを上げないように。

軽めのメニューから徐々にペースを上げてみてください。」




群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!




赤い実、何の実でしょう?台風にも負けずに頑張っています。




ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグットによるひざ痛も早期に手当てをすれば
    コメント(0)