2013年11月20日

野球肘の中学生 1

野球少年のS君(中1)野球肘で来室しました。


小学生のころから数回診せてもらっています。


夏頃から投球練習をするようになって痛み始め

病院では野球肘まではなっていないが

少し投球練習を休むように云われています。


3週間ほど経過して痛みが取れないので来室されました。 


来室時の症状は右肘の内踝周辺の痛み。

押すと圧痛があり

肘の曲げ伸ばしで違和感があります。

シャドー程度では痛みは出ませんが

投球練習で肘に痛みが出ます。

またバッティングの時もインパクトの時痛みが出ます。



スポーツ障害の施術では自分で症状を軽減できるように

最初にセルフエクササイズから始めます。


肘の内踝周辺の圧痛は組織復元法で取っていきます。

最初にやり方を見せながら途中から自分でもとってもらいます。


2~3分で大方の圧痛は軽減しました。


次に膝の曲げ伸ばし時の痛みを改善していきます。

彼は元々肘が柔らかいタイプのようですが

曲げ切った時伸ばし切った時に痛みがあります。


上腕二頭筋・三頭筋を調整して肘の痛みをとっていきます。


単純な曲げ伸ばしの痛みはすぐに軽減しました。



次はバッティングの時に肘を内旋する時の痛みは

少し原因を探すのに手こずりましたが

前腕の尺骨側の緊張をとっていくと痛みが軽減していきました。


大方の痛みが取れたところで

改めて身体の手入れの方法をレクチャー&おさらいしていきます。



野球は体幹をいつも同じ方向へ捻る動作が多いので

身体の捻じれをとる操体や

股関節・ひざ関節の調整をする方法を行っていきます。


身体は上半身・下半身それぞれ別物ではありません。

むしろ身体の土台と言う意味で

下半身の歪みや上手く使えないなどの理由で

上半身に症状を及ぼすことは珍しくありません。


下半身の調整で肩の可動域が拡がる実験なども取り入れながら

練習の合間に出来そうなこと

家で仰向けうつ伏せで行う方法など

数種のセルフエクササイズを行い

再度肘の動作確認をします。

「大丈夫です、痛くありません。」


ベースとなる身体が歪みなくしっかりと動けば

肘・肩など局所の負担も軽減され

故障のリスクも軽減されます。



群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室

ご予約ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
野球肘の中学生 1
    コメント(0)