元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › 部活や駅伝大会のハードトレで筋肉疲労が強い中学生 1

2014年11月07日

部活や駅伝大会のハードトレで筋肉疲労が強い中学生 1

県北から来室の中1のU君。


野球に打ち込んでいた去年も春先に

全身の疲労、両ひざの痛み、腰痛などで

何度か施術していました。


親御さんにもセルフエクササイズを覚えてもらい

しっかり取り組まれたようで痛みも取れ

地区の選抜チームでも活躍できたそうです。



中学生になって野球部がなかったため

軟式テニスを始めハードな練習をこなしているそうです。


また駅伝大会や陸上大会なども

助っ人で出場しているため

疲労が溜まってしまったようです。



来室時の症状は

肉体疲労とそれにともなう各関節の可動制限、

下肢の筋肉の硬直、

疲労感が抜けない、でした。


遠方からの来室のため

今回もセルフエクササイズを多目に施術します。


最初に各関節の可動域の検査から。

前屈→+25センチ、後屈→腹部が伸びず背部に痛み

肩外転→サウスポーですが右が動かない

ひざ倒し→左が特に倒れにくい 

足挙上→特に右が挙げにくい etc



これらの各関節を一つづつ調整していては時間がかかるので

まず最初に身体の循環を整え疲労をとって行きます。




初めにセルフバージョンを数分、

先程までと比べて可動域が広がることを確認してもらいます。


次は施術バージョンでもう少し循環を高めます。

肋骨の緊張が強かったので

肋骨挙上をやってみます。


10分位で体幹の緊張が取れたようです。


次に四肢の問題を

大腿前面・大腿外側・ハムストは

お母さんにも少し手伝ってもらってカウンターストレインで。


ビフォーアフターを確認してもらいます。


腕は見た目はほぼ左右同じくらいに上がるようになりましたが

U君の感覚では左が重く感じているようなので

肩甲骨周りの筋ゆるから前据筋のカウンターストレインを行いました。


最後に腹部を調整して終了としました。


施術後の確認では

「かなり身体が軽いです」


各関節の可動域も広がり後屈での背部痛も取れていました。



しっかりケアをして疲労を翌日に残さないようにね!

そして部活頑張ってね!!




お母さんも所々メモをとりながら

一所懸命覚えておられました。

親御さんの熱い気持ちに頭が下がりました。





お風呂に入って身体を緩めるのも有効です。


ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
部活や駅伝大会のハードトレで筋肉疲労が強い中学生 1
    コメント(0)