元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3

2015年06月13日

ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3

「ひざ痛で7割くらいの練習しか出来ないようなんです。」

とご父兄に付き添われて来室のK君は高2のバスケ部。


小学生の頃から有痛性外脛骨の痛みがあり

練習出来ないほどではないが

いつも痛い状態で練習していたそうです。


中3の頃から膝に痛みを感るようになって

大学病院や整体へも行きましたが

改善しなかったそうです。





初回来室時の痛みは

両ひざの屈伸痛(90度位)

両ひざ膝蓋骨下の圧痛

左足首の内反時に外脛骨付近に痛み

平常時も外脛骨付近に圧痛





3回目 (2週間後)

1週間の試験期間中、身体を休ませ

その後1週間部活をやっての施術となりました。


「練習してみてどうでしたか?」

「何年かぶりに痛み無くバスケが出来ました!」


外脛骨の痛みも両ひざの痛みも無くバスケが出来たのは

数年ぶりだそうです。




試験期間中は練習も休みで身体を休められたこと、

その間も息抜きも兼ねてセルフエクササイズを続けていたこと、

などが功を奏して痛みが取れたと考えられます。


それにしても見事な回復力です。


現在の状況を検査していきます。

今回も屈伸は問題なく出来ましたが

正坐は最後きつくなりました。


体幹の循環を高める操法をした後

下半身の関節の可動域を検査しながら

周辺の筋肉を緩めていきます。


練習後なので大腿部の緊張があり

股関節やひざ関節の動きを制限しているようでした。


左足首の有痛性外脛骨は初回以来

痛みも再発していません。


今回は腹部を重点的にチェックし緩めて行きました。


元々腹部を重視する施術をしていましたが

このところ腹部の重要性を再認識しています。


今回も施術後は(長時間はきつそうですが)

正座が出来る所まで調整できました。


セルフエクササイズをおさらいして次回としました。



これからもしっかりとコンディションを整えて

精一杯バスケを楽しんでほしいです。


お父さんからメッセージを頂きました。







ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
外脛骨の痛み・オスグットの痛みの女子中学生 2
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)
 外脛骨の痛み・オスグットの痛みの女子中学生 2 (2015-06-03 18:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
    コメント(0)