2009年06月05日

身体の歪みは生活の歪み

先日お見えの30歳代男性。

左腰からふくらはぎにかけての痛みで来院。

ここ1ヶ月ほどハリを感じていたが

1週間くらい前から痛みが強くなった。

今現在はかなり強い痛みで、顔をしかめて動作している。

俗に『坐骨神経痛』と呼ばれる症状です。



まず身体の歪みの検査、かなり捻っている状態。

動作検査をするとその歪みがかなり強調される。

20分ほどの施術で静止状態での歪みは解消され

立った状態での痛みは10→2

しかし前屈・立ったり座ったりの痛みは10→5。

もう1度動作時の動きを観察すると

痛いほうを庇って右足に体重を乗せて動作している。

「これだ!」

本人に指示して左足に重心を乗せて動作をすると

痛みは10→2~1程度に軽減、「やった~!」

本人は不思議そうな顔をしてる。


疲労などから腰のハリを感じていながら、

疲労・ハリを取りきれずに

そこを庇って動作をしていたので重心バランスを崩し、

身体の歪みから痛みを作ってしまい、それを庇うために

どんどん大きくバランスを崩し痛みを強くしてしまう、

の悪循環で痛みを作っていたのでしょう。



本人も痛みがとれたことで一安心。

原因が判れば後は自己療法と、数回の施術で痛みも

再発しないことでしょう。



身体の歪みは生活の歪みです、

身体は痛みでもって「SOS」を発信しています。

腰や肩・首などのはり・コリなども

自分の身体・生活を省みるチャンスです。



お困りのときはご相談下さい。

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室です。

ご予約ご相談はお電話で  027-326-3323 までどうぞ!


小さなピーマンが実っていました。



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(腰の症状)の記事画像
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2
産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1
ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2
腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1
同じカテゴリー(腰の症状)の記事
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん 2 (2015-09-09 17:15)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 2 (2015-09-01 18:19)
 産後の腰痛・恥骨痛で骨盤調整に来られたママさん 1 (2015-08-18 18:31)
 ぎっくり腰の予後が思わしくない会社員さん  (2015-08-10 18:08)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 2 (2015-05-02 13:33)
 腰椎すぺり症と云われたけど手術はしたくない! 1 (2015-04-22 15:14)

Posted by 元氣が一番! at 10:33│Comments(0)腰の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
身体の歪みは生活の歪み
    コメント(0)