2009年06月10日

オスグット(成長痛) 予防・再発防止法

オスグット(成長痛)にならないために

まず必要なことは当たり前のことですが

オーバーワークにならないようにすることです。

オスグット(成長痛)は筋肉の疲労や筋肉の硬直により

膝関節の不正な動きが痛みの原因と考えられますので

練習後のクールダウンはしっかりしてほしいです。

当整体院に来る少年たちの話を聞いていると

かなりハードな練習をしていても練習後のクールダウンは

あまり指導されていないように感じます。

家に帰ってからは1日30分~1時間は星座の習慣を作ってみましょう。

正座により大腿四頭筋のストレッチになりますし、

腰の疲労を取る効果もあります。
(腰なども疲れている時はダラ~とした姿勢より正座をしていたほうが
早く疲れが取れます)

また入浴もシャワーだけで済ませないでしっかり湯船につかって入浴をします。

入浴により血行を促進し筋肉の疲労を取ります。

一部分だけを温めるより全身を温めたほうが効果的です。

このような練習後のケア・生活習慣を身につけるだけで

オスグット(成長痛)の発生・再発のリスクは大幅に軽減します。

ぜひお試しを!


予防・再発防止のための整体体操に力を入れる整体院です。

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら⇒

ご予約・ご相談は 027-326-3323 までお気軽にどうぞ!


胡瓜の花です。



ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オスグット(成長痛) 予防・再発防止法
    コメント(0)