元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 身体の話題 › 正しいフォームで歩かなければウォーキングも逆効果!

2010年03月15日

正しいフォームで歩かなければウォーキングも逆効果!

骨盤調整の自己療法の一つとして、足踏みをしてもらうことがよくあります。

そのとき「足の親指に重心が載るように」

とアドバイスをしないと骨盤調整になりません。

正しい歩き方のフォームを忘れてしまっているのです。

悪い歩き方の一つに

「つっかけ歩き」があります。

サンダルやスリッパ・つっかけなどを履いて歩くと

親指を上へ反りかえらせて履物が脱げないようにして歩きますよね。

(ゆるい靴、長靴、安全靴等も)

そして足首はL字型のまま固定しクッションの役目をしないので

ドシンドシンと昔のロボットのような足音の

衝撃が上体まで及んでしまう足踏みになってしまいます。

その歩き方が身体を壊すもとなのです。

親指を反り返らせて(親指で地面を蹴れずに)歩くと

外反母趾となり重心は小指側に移動してしまいます。

よく靴の減りが外側が良く減る、という人はこのように歩いています。

そうなると脛骨ひ骨間は拡がり

膝付近はO脚気味となってしまい

膝の軟骨がすり減ったなんて言われてしまいます。

骨盤は後傾し腰の反りが失われます。


このような状態では歩けば歩くほど関節に負担をかけ、

痛みが増す結果となり痛みのスパイラルに陥っていくのです。


健康のためにはウォーキングだ!一日〇〇分歩きましょう!と言われ

頑張って歩いているのに(いるから?)腰が痛い・膝が痛い...

痛いからもっと頑張って歩かなくちゃ、と痛みのスパイラルにはまっていきます。

そうならないために正しい歩き方をマスターしなければなりません。

その第1歩が「足の親指に重心を乗せて歩く」です。

正しい歩き方を身につけるには

鼻緒のある履物を履いたり、タオルギャザーなどで

足の親指を鍛えることが効果的です。



身体を壊さないために、
まず正しい歩き方を身につけてからウォーキングしましょう。



押さない・揉まない・ボキボキしない整体

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談は 027-326-3323 までどうぞ!






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(身体の話題)の記事画像
3月になりました。
元気が一番の整体法からみた春の身体
最近紹介で来られるひざ痛の方が増えています。
痛みは身体の発するSOSで、とてもありがたいものです。
消化器(胃腸)系の疲れから腰痛になる人が増えてきています。
整体から見た冬の身体
同じカテゴリー(身体の話題)の記事
 3月になりました。 (2015-03-01 09:20)
 元気が一番の整体法からみた春の身体 (2015-02-15 09:02)
 最近紹介で来られるひざ痛の方が増えています。 (2015-01-28 18:31)
 痛みは身体の発するSOSで、とてもありがたいものです。 (2015-01-17 18:56)
 消化器(胃腸)系の疲れから腰痛になる人が増えてきています。 (2014-12-14 19:13)
 整体から見た冬の身体 (2014-11-29 12:54)

Posted by 元氣が一番! at 17:38│Comments(0)身体の話題
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
正しいフォームで歩かなければウォーキングも逆効果!
    コメント(0)