元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › その他の症状 › 原因不明の下半身の痛みで登校できなかった女子生徒①

2010年04月27日

原因不明の下半身の痛みで登校できなかった女子生徒①

県内の中学に通うMさんは

元来明るくスポーツが好きな女の子だったそうです。

当整体院にはじめて来られたのは

昨年の11月下旬、お母さんとそのご友人に付き添われてでした。

その時点では

一昨年の秋に部活で練習中に膝を打撲した。

その後も膝の調子は良くなかったが

靭帯や半月板に異常はなくリハビリに通っていた。

来院の2~3か月前より痛みが強くなり

現在(昨年の11月)は

下半身がジッとしていても痛い、動かすと痛みが強くなる。

朝起きるときが一番痛い、日中少し楽になるが

夜はまた痛くなる。

朝起きた時は自分一人では動けないくらい痛い。

その日によって一番痛い処が変わる、

肩や腕が痛くなることもある。


と云う状態で椎間板症と診断され、

学校への登校は出来なくなっていた。

まずは動作確認・筋肉検査で

痛みの動作・緊張の強い処を確認した後

極々軽く捻転を掛けながら手を当てていく。

特に臀部から大腿部は膨張感が強く

軽い捻転でも違和感があるため触圧(軽く皮膚に触れる程度)で


痛みの受容器の緊張を解いていった。

少しずつ痛みが軽減し、動作痛が少なくなった状態で

初回は終了。

朝起きた時の痛みが一番強いということなので

『寝腰の体操』を指導するが、我慢してやらないようにした。

いろいろな処でいろいろなことを云われて

でも段々痛みが強くなっていることにかなり参っているようなので

『貴方が主役で、貴方の痛みが減る・楽になることだけが正解だから、身体の感覚に反して決して痛いこと・辛いことはしないし、我慢しなくてもいいからね。自分でも「こうすると楽とか、これが気持ちいい」を探して行こうね!』

と云って帰しました。

つづく

群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323 までどうぞ。





ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(その他の症状)の記事画像
病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2
首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1
足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1
歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1
肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1
同じカテゴリー(その他の症状)の記事
 病院では「尾骨の成長痛」と云われている小6女児 1 (2015-09-26 14:04)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 2 (2015-09-19 18:03)
 首コリ・肩コリ・呼吸がしづらい・肋骨の歪みが気になる 1 (2015-09-13 18:18)
 足底筋膜炎と云われた歩行時のカカト痛・臀部痛 1 (2015-07-04 12:24)
 歩くとカカトが痛くカカトの成長痛と云われた高校生 1 (2015-05-11 14:03)
 肘の曲げ伸ばしや力を入れると肘が痛い会社員さん 1 (2015-04-13 18:35)

Posted by 元氣が一番! at 13:45│Comments(0)その他の症状
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
原因不明の下半身の痛みで登校できなかった女子生徒①
    コメント(0)