元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › 身体の話題 › どうして筋肉痛って年をとると2~3日経ってから痛くなるの?

2010年05月05日

どうして筋肉痛って年をとると2~3日経ってから痛くなるの?

ゴールデンウィークも残りわずか!

お父さんお母さんの疲れもピークなのではないでしょうか?


今回は筋肉痛についての豆知識です。

久しぶりに身体を動かしたり運動などをすると、

若いうちは翌日に筋肉痛になったものですが

年をとると翌日はそんなでも無くて

2~3日経ってから筋肉痛になることってありますよね。

翌日筋肉痛になって「まだまだ若いface02と喜んでみたり

何日か経って筋肉痛になって「年をとったなぁface07

と自信をなくしたり...

でもこれって不思議ですよね。


筋肉痛のメカニズムにも諸説ありますが

運動によって発生した筋肉の微細な損傷が

一晩で回復できないから翌日も筋肉痛となって残る、

云々と説明されています。



日頃から身体を動かしている人は

筋肉の回復力も高いから筋肉痛になりにくいのは良いとして

お年寄り(一般的に筋代謝が低いという意味で)の方が

筋肉が損傷しやすく疲労物質も残りやすいハズです。

それであればお年寄りこそ

翌日から筋肉痛になってそれが数日続くハズではないでしょか?

少なくとも筋肉痛の始まるスタートラインは

若い人と同じ翌日でなくては説明になりません。



僕の学んだ伝統的な整体法で筋肉痛を捉えると

次のように考えられます。

良い身体・健康な身体とは感受性の高い(敏感な)身体です。

感受性が高い身体とは

内外の環境の変化に(無意識に)

即座に対応できる(錐体外路系運動)身体です。

例えば

疲れが溜まれば発熱によって身体をリフレッシュできる、

傷んだものを食べればおう吐して毒素を排泄できる、

体内にたまった毒素は下痢で排泄する、

等の反応が素早くなされる身体です。

これらの反応は一般的に不快な反応なので

あまり喜ぶ人はいませんが

なければ身体の恒常性が維持できません。

そして筋肉痛もこれらと同様

損傷または披露した筋肉の修復反応です。



若い人の身体は筋肉が損傷したり疲労すれば

それを即座に修復しなければいけないと反応しますが(出来ますが)

鈍くなった身体(この場合年をとった身体)は

実際に筋肉が損傷しているのに

または筋肉が疲労しているのに

身体がスムーズに修復反応できていない状態です。


2~3日経ってようやく身体が損傷・疲労していることに

気が付いて修復を始めた状態が

年をとると2~3日経って筋肉痛が起こるメカニズムだと考えています。



そして筋肉痛は不快な症状ですが必要不可欠な反応なので

消炎鎮痛剤(湿布)等で無理やり止めるよりも

軽く身体を動かしたり(有酸素系運動によるアクティブレスト)

入浴などで血行を良くして

早く修復が完了するよう手助けしてあげると良いでしょう。


湿布などの消炎鎮痛剤は血行を妨げる効果があるので

長引かせてしまう可能性があると云われています。


群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら

ご相談ご予約は 027-326-3323 までどうぞ。





ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(身体の話題)の記事画像
3月になりました。
元気が一番の整体法からみた春の身体
最近紹介で来られるひざ痛の方が増えています。
痛みは身体の発するSOSで、とてもありがたいものです。
消化器(胃腸)系の疲れから腰痛になる人が増えてきています。
整体から見た冬の身体
同じカテゴリー(身体の話題)の記事
 3月になりました。 (2015-03-01 09:20)
 元気が一番の整体法からみた春の身体 (2015-02-15 09:02)
 最近紹介で来られるひざ痛の方が増えています。 (2015-01-28 18:31)
 痛みは身体の発するSOSで、とてもありがたいものです。 (2015-01-17 18:56)
 消化器(胃腸)系の疲れから腰痛になる人が増えてきています。 (2014-12-14 19:13)
 整体から見た冬の身体 (2014-11-29 12:54)

Posted by 元氣が一番! at 16:58│Comments(0)身体の話題
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どうして筋肉痛って年をとると2~3日経ってから痛くなるの?
    コメント(0)