元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › シンスプリントで両スネ痛の中1の女子バレー部員 その4

2010年11月28日

シンスプリントで両スネ痛の中1の女子バレー部員 その4

埼玉県深谷市から来院の中1女子のNさん。

1カ月ほど前から両スネの内側の痛みがあり

病院での診断は『シンスプリント』(脛骨過労性骨膜炎)

その他にオスグット・ジャンパーズニーを経験している。



地区の選抜チームのメンバーにも選ばれ

部活&選抜で練習をしていて

練習中は大丈夫ですが練習後に

シンスプリントの圧痛が出ることがあるそうです。

組織復元法で圧痛は取れますが、念のため再診。


再診時は右膝の屈曲痛と膝下の圧痛

外反母趾も少し痛みがありました。


まず最初に気になったのは足首のテーピング。

以前習ったテーピングをしているそうです。

資料写真 足首を内に捻っている状態で固定していました。
(捻挫はこの状態で起こる内反捻挫が多いようです)



足首を内反させて内くるぶしから脛骨内側へと

固定させるテーピングで土踏まずを形成させ

脛骨内側への引っ張りを緩めているのだそうです。


教えた人のシンスプリントの原因の捉え方が現れています。


一部テーピングをはがして施術して行きますが

案の定 痛みの取れ方が捗々しくありません。


当整体院で考える外反母趾やシンスプリント

一部のヒザ痛の発生機序を再度説明しながら

テーピングをし直し、組織復元法を行います。


内反足を修正させ、中足骨を締めるように横アーチを作り

母趾を少し開かせ、伸縮テープで固定します。

こうすると痛みの取れ方がスムーズです。

残る痛みも足半(あしなか)をはいて

動作をしていると痛みが取れてしまいました。

足指の機能回復を促し、足裏のバランスを整えます。


当整体院で考える

外反母趾やシンスプリントなどの原因の一つは

足裏のバランス(重心)の崩れやアーチの消失です。

今回は予防のためにテーピングをしていましたが

足首を内反させ小指側重心にしてしまっていました。


足指の機能回復のためにはタオルギャザーや

蹲踞の姿勢を取ると良いでしょう。







群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室のHPはこちら
ご相談ご予約は 027-326-3323までどうぞ。






『押したり・揉んだり・ボキボキしない』整体院の様子を
パリッシュ読者モデルさんが体験リポートしてくださいました。
興味のある方は是非ご一読ください!

クリックでマイステージの体験リポートへ移動します。










ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シンスプリントで両スネ痛の中1の女子バレー部員 その4
    コメント(0)