元気が一番整体室の『生きてるだけでまるもうけ!』  › オスグット・シンスプリント等スポーツ障害 › ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2

2015年06月09日

ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2

「ひざ痛で7割くらいの練習しか出来ないようなんです。」

とご父兄に付き添われて来室のK君は高2のバスケ部。


小学生の頃から有痛性外脛骨の痛みがあり

練習出来ないほどではないが

いつも痛い状態で練習していたそうです。


中3の頃から膝に痛みを感るようになって

大学病院や整体へも行きましたが

改善しなかったそうです。





初回来室時の痛みは

両ひざの屈伸痛(90度位)

両ひざ膝蓋骨下の圧痛

左足首の内反時に外脛骨付近に痛み

平常時も外脛骨付近に圧痛





2回目(1週間後)

両ひざの屈伸は少し戻っていましたが

(初回施術前より全然いいが、施術後から見ると少し戻る)

膝蓋骨下の圧痛・左足首の外脛骨付近の痛みは

安定しているようでした。



お父さん・お母さんも時折手伝って

セルフエクササイズをしっかりやっていたそうです。


これが続くと回復も早いそうです。



少し戻っていた膝の屈伸に

井本整体で習った「ひざの体操」をやってみます。


名前はひざの体操ですが

実際は腰の反りを作る体操です。



最初手本を見せ、次にK君を誘導してやってみます。


これは結構きつい体操ですが

終わった後は前回施術後くらいの

ひざの屈伸が出来るようになっていました。


改めて体幹の循環を上げる施術から。

基本の施術が終わった後は

うつ伏せで下肢の筋肉を緩めていきます。


うつ伏せで筋肉を緩めた後、

確認のため膝を曲げていくと

左膝は曲がりにくかったので

原因個所を探していきます。


仙腸関節・股関節・臀部...ハムストリングで反応がありました。


ハムストリングを緩めると膝も曲げやすくなりました。


この緩め方もセルフで出来そうなのでレクチャーしておきます。


ここで正坐・膝の屈伸を確かめてみます。

正坐は踵にお尻を載せて体重をかけると

痛みが出ましたが、

屈伸はしっかりとお尻を下ろすことが出来ました。




セルフエクササイズのおさらいをして次回としました。



自宅でもしっかりセルフエクササイズをしていたので

順調な回復を見せているK君、

もう少しで痛み無くバスケが出来るからね。






ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
外脛骨の痛み・オスグットの痛みの女子中学生 2
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)
 外脛骨の痛み・オスグットの痛みの女子中学生 2 (2015-06-03 18:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
    コメント(0)