2015年04月25日

今回は早めに来ました。野球肩の会社員さん 1

一昨年、野球肩の改善で数回来られたMさん(30代になったそうです、男性)

前回記事はこちら


その後は肩の調子も良かったそうですが

今シーズンが始まってから少し肩が引っかかる感じだそうです。


今回はあまり痛くならないうちに早めに来て

早めに改善したいそうです。


期待に応えたいですね。



症状はコッキング期から加速期に移る辺りで

痛みまでは有りませんが

引っかかる感じがあるそうです。

上腕二頭筋も凝ったような硬いような気がしているそうです。



初回

検査をしていくと骨盤と肩甲骨は動きが悪くなっています。

上腕二頭筋は筋張ったようで軽い圧痛がありました。



まず最初に組織復元法で筋張った筋肉を緩めていきます。

筋繊維に沿って軽く〇〇していくと

「さっきより押した感じが軽くなった。」

Mさんにも覚えてもらいながらやってもらいます。


押してもほとんど気にならない位まで緩めたら

再度肩甲骨の動きをチェックしてみます。



「お~ さっきより動いていますねぇ。」

試しにシャドーピッチングをしてもらうと

「軽いです、かなりイイ感じです!」



直接的な原因は上腕の緊張のようでした。


ここから全身の循環を高める操法をして

戻りにくい身体を目指していきます。


基本の操法だけでは左の仙腸関節の硬さが残りましてので

個別に緩めていきます。


左の仙腸関節も動きがスムーズになった所で

再度確認していきます。


骨盤の動き ⇒ OK

肩甲骨の動き ⇒ OK

シャドーピッチング ⇒ OK



Mさんから質問がありました。

「最近は仕事も忙しく

残業も多かったのでその所為ですかね?」



確かMさんは立ち仕事なので

その影響もあるかもしれません。


残業はある程度やむを得ないそうなので

「一晩寝ればしっかり疲れが取れるように

もう1度セルフエクササイズをおさらいしてみましょう。」


セルフエクササイズをおさらいして次回としました。









ホームページのリニューアルしました!こちらもご覧ください!
群馬県高崎市の整体院 元気が一番整体室
 
ご相談は 027-326-3323 までお電話でどうぞ!

同じカテゴリー(オスグット・シンスプリント等スポーツ障害)の記事画像
有痛性外脛骨のサッカー少年 2
有痛性外脛骨のサッカー少年 1
原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2
ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1
 有痛性外脛骨のサッカー少年 2 (2015-09-06 19:02)
 有痛性外脛骨のサッカー少年 1 (2015-09-02 19:17)
 原因にアプローチすればオスグットも早期改善する 1 (2015-08-11 19:04)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 3 (2015-06-13 18:25)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 2 (2015-06-09 18:52)
 ジャンパーズニー・有痛性外脛骨のパスケ部の高校生 1 (2015-06-07 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今回は早めに来ました。野球肩の会社員さん 1
    コメント(0)